「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)

  • 37人登録
  • 3.36評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 柳田邦男
  • 文藝春秋 (2014年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167900618

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまで何度も日本を襲ってきた自然災害。
    その中で、日本人がどれだけ学び対策を考えてきたのか。

    自然災害で大きな被害が出るたびに、これまでの経験になにも学んできていないのではないのかと思わされる。
    安全対策と経済性の間で、経済性が優先され、そのことによって大きな被害が生まれていくのだとしたら、そして、その責任逃れのために、「想定外」という言葉が使われるとしたのだったら、すごく悔しい。

    日本は、多くの自然災害にあい、少しずつは進歩している。そのことはこの本を読んでいても感じる。
    でも、まだ不十分。
    今回の災害でより大きな進歩があることを望む

  • 世の中の全ての品々に「絶対に安全」というものは存在せず、必ず何らかの「危険性」を孕んでいると私は考えている。例えば、こんにゃく菓子をのどに詰まらせたり、小麦製品でアレルギーを発症したりと、意外なもので重大な事故を起こすこともある。原子力もその例に違わず、「絶対的な安全性」はあり得ない。
    私は電力会社や政府の言う「安全神話」という言葉は、関係者の不断の努力が有り、僅かなリスクの芽も摘みとって達成されていると考えていた。しかし、東日本大震災で、原子力発電で言われていた「安全神話」と原子力関係者、電力会社、(原子力安全・保安院などを含めた)政府への「信頼」は脆くも崩れ去った。
    東日本大震災で発生した津波は、電力会社および政府の想定をいとも簡単に上回り、福島第一原発の辺縁の弱点を襲った。本書では、電力会社および政府の歴史的事実と事故が起きたときの影響の大きさを勘案せず経営的・政治的都合によりリスクを値踏みした「想定」と、震災後に免罪符として使われている「想定外」という言葉を強く批判している。本書に綴られている様々な事象を読むに、この批判に納得しないわけにはいかない。
    本書の後半では、阪神淡路大震災や中越地震、十勝沖地震等での取材経験を生かして、地方自治体や個人が災害を侮ることなく防災意識を改革することが、災害時に被害を最小うえで必要だと説いている。これも我々が災害被害を過小に「想定」することなく、常に備えよと示唆しているのだろう。
    とにかく、原発の事故から身近な避難術やボランティアへ活動まで、本書では多くのことを学んだ。

  • 【事故分析のバイブルというべき一冊です】3・11の「想定外」がなぜ嘘か、事故・災害取材歴40年の著者が突く。スリーマイル島はじめ現地を歩いてルポし続けた警鐘の数々。

  • 3.11東日本大震災を受けて、これまで日本を襲ってきた災害を見つめ直した作品。それぞれの災害から間もない頃に書いた文章の再構成となっている。

    3.11が歴史になるまでには、まだまだ長い時間が必要だと思いますが、既に歴史となった(阪神淡路大震災を歴史と言うのは、まだ早すぎますが)災害を振り返ると、3.11の時に教訓とできていたはずの出来事が多い。それを想定外と言う言葉で免罪してしまうのは、やはり間違いだと思う。『起きる可能性があるものは、必ず起こる』そう言う考えが重要であることを、改めて感じさせられた。

  • 140502

  • 「想像以上」「予想以上」という言葉と共に疑問に思っていた「想定外」という言葉から、各種災害(東日本大震災・チェルノブイリ・スリーマイル島・東海村臨界事故・原爆・阪神淡路大震災など)の原因や元凶、今後の対策に至るまで厳しい追求と的確な提言の書かれた本。著者の柳田邦男の性格がよく現れているとともに、最近の表面だけ取り上げての論評とは一線を画す重みのある内容に感服。特に、タイトルにもなっている「想定外」という言葉の定義を3つにまとめ、それをそれぞれ追求している所が本書の核心かもしれない。
    それともう一つ。柳田にインパクトを与えたビートたけしの発言、「マスコミは5000人死んだ災害が起きたといって騒いでいるが、そうじゃない。一人死んだ災害が5000件同時に起きたんだ」には、ビートたけしが物事に対する鋭い視点を持っていることを改めて認識させられた。彼が映画監督として大成する素地なんだろう。

  • 私が柳田邦夫氏の著作を初めて読んだのは「日本の逆転した日」という文庫本でした。中学生のときだったと思います。自動車のロータリーエンジンや、製鉄での転炉など1980年代に日本の工業時術力が世界に追いつき、そして世界一になるドラマを様々な業界の実話をもとに丁寧な取材で詳しく述べられていました。工業技術や巨大システムを論じさせれば随一の視点をお持ちの柳田氏が福島原発事故やJCO東海事業所での臨界事故などにどのような視点をお持ちであるか、興味深く読みました。「複雑で高度な技術してステムではシステム中枢部は安全確保に万全の配慮をした設計になっているが、システムの縁に当たる部分でまさかと思われるミスなどが起きやすく、それが引き金となってシステム全体の破壊を招く」という柳田氏の「辺縁事故」という概念は、非常用発電機の不備によって重大な事故に至った福島原発事故の本質を的確に押さえていると思いました。

  • 東日本大震災に端を発した福島第一原発事故は『想定外』という免罪符により、人的ミスを隠蔽するかのような展開を見せた。過去、50年間に渡り、被災地の現場を歩き、取材を続けた柳田邦男が『想定外』の背景に鋭く斬り込み、日本の本質をも浮き彫りにする。

    第一章の『想定外』の本質を暴いてみせた柳田邦男の考察は見事と言うしかない。

全9件中 1 - 9件を表示

柳田邦男の作品

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)はこんな本です

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)の作品紹介

事故分析のバイブルというべき一冊です3・11の「想定外」がなぜ嘘か、事故・災害取材歴40年の著者が突く。スリーマイル島はじめ現地を歩いてルポし続けた警鐘の数々。

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)のKindle版

「想定外」の罠 大震災と原発 (文春文庫)の単行本

ツイートする