選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

  • 391人登録
  • 3.91評価
    • (17)
    • (33)
    • (15)
    • (1)
    • (2)
  • 20レビュー
制作 : 櫻井 祐子 
  • 文藝春秋 (2014年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901554

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
クリストファー ...
有効な右矢印 無効な右矢印

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • いや、面白い。社会心理学の観点から、選択とは何かを取り扱う。
    「選択肢がある方が幸福感は高まるが、ある程度以上増えると逆に下がる」ということは前に読んで知っていたけど、このシーナ・アイエンガー氏の功績だった。
    本書からわかるのは、例えばこんなこと。
    例え同じ結果になったとしても、自分で選択したのか、特定の誰か(専門家や母親など)が代わりに選択したのか、ランダムまたは機械的強制的に決まっていて選べなかったのか、という過程によって幸福感は全然違うこと。同時に、文化や社会によっても違いがあること。アジア系の子供たちは母が選んだ時がベストになるとか、旧共産国ではバリエーションが増えても選択肢が増えたとは感じられず、それにはfree from Xとfree to Xの違いが関連しており、機会の平等と結果の平等とシンクロしていること。結婚相手を本人以外が決めてしまっても、それが不幸とはかぎらない理由。学生の日米比較では、そもそも何を選択とみなすかの時点で大きな差があること。
    本書では直接触れられてはいないけれど、小坂井敏晶『社会心理学講義』で取り上げられていたように、選択(=判断〜決定)はそのまま自由と責任に結びついている。自己決定、自己責任、という観念。
    本書は、すぐに日常生活に役立つおもしろ知識から、すぐには役に立たない「人間にとって自由意思とは何か」まで、広く深く高く扱い見渡している。私の興味関心のど真ん中でした。

  • 示唆に富む一冊である。

    本書のキーワードはズバリ「選択」である。
    日常生活でもビジネスシーンでも何かを選択する機会はいくらでもある。
    さてさて、その選択について我々はどの程度知っているだろうか。
    たとえば、選択肢は多いほうが良いのだろうか、そもそも選択とは自由であることと同義であろうか、選択をするのは自由意志なのか、何か特別なパラメータに強く依存するのだろうか。
    これらを知っているのと知らないのでは、結果は大きく違うことになるだろう。

    結論としては、
    ・専門的な判断が必要となる場合には重要な選択でも専門家の判断を仰いだ方がいい
    ・選択肢は多すぎないほうが良い。最大でも30!
    ・アジア人は選択について、全体最適化する傾向があり、アメリカ人は個人最適化をする傾向がある
    ・選択結果の精度を上げたい場合は、その選択を選んだ際に、それをなぜ選択したかを自問自答すると良い

    ということであろう。
    当たり前だと言われるかもしれないが、上記の主張に対して科学的な実験の結果を交えて紹介されているので説得力がある。
    個人的には、選択結果に人種に依って変わりうるという事が興味深い。

  • 長ったらしい文章だったが、面白い。心理学系ははじめて読んだ。選択する、という行為が深く、面白く感じられるようになる。

    本には様々な心理実験が例としてあげられており、人間の一般的な選択に対する反応が書かれてるが、自分が行ってきた選択のベースとなったロジックはまさに示されているような経路を辿ったとおもう。

    学びが多く、手元に置いておきたくなった。

  • 筆者の有名な研究で、ジャムの選択に関する実験がある。選択肢は多ければ多いほど良いと言う訳ではない。人は選択肢が多いと、自分の決断に自信が持てなくなり、満足度は逆に下がってしまうのである。

  • なかなか面白かったです。

    選択肢が多すぎると選べない症候群、よくわかる。

    自分で選択しないと嫌な気持ち、よくわかる。

    普段から、直感とは少し異なるけど自分が感じていることが、よく言い表されていて良かったです。

  • 日常にあって選択を迫られる場面に、われわれは毎日のように遭遇している。この本が自分にとってベストな選択肢を選べるような力を与えてくれるわけではないが、取った選択を考察する機会を与えてくれると思う。
    日々多すぎる選択肢に対処するには、専門知識を培う必要がある。と選択に対する一つの対処方法を示している。
    日本でも確定拠出年金の運用が始まりつつあるので、記憶に残っているのだが、本書ではアメリカ版の確定拠出年金401kを例に挙げている。これに加入したほうが間違いなく資産形成に有利になるのに、加入しない人がいるのはなぜかということについて考察している。プランの多さ、つまり選択肢の多さが加入を留まらせた原因となったとのこと。
    これは知識を身につけることでより良い選択肢を選べそうだが、本文で紹介されるその他の様々な選択は、人種であったりイデオロギーであったり選択に影響を与える要因の多さによって様相を変える。
    自分の意思で、正しいと確信した選択でも、そうでない場合の選択より苦痛を伴うこともある。あまりに自由ということは必ずしも人を幸せにしないということを事例を用いて説明している。

  • 興味が持続せず読み終わるで4か月かかってしまった。個々の研究の話は面白い。合間の情緒的な文章は僕には必要なかった。たあ、著者は生い立ちが研究に密接にかかわっているし、初めての著書だということで書く必要があったのだろうと思う。

  • いくつか自分のために抜粋。

    選択するためには、まず「自分の力で変えられる」という認識を持たなくてはならない。

    自分がなぜ特定の選択に到達したかを自問自答すること。鮮明なイメージ、人からの話に影響されてないか?損失として提示されたから、切り捨てていないか?実在しない傾向、パターンの思い込みが無いか?自分が魅力を感じている選択肢を選択すべきでない理由を考えてみる。自分の見解への反証を集めてみる。

    選択肢の最も少ないオプションから始めて、最も多いもので終わらせる。

    選択って難しいテーマです。奥が深い。そもそも、選択することについて、向き合って真剣に考えた事がなかった。
    選択の奥深さ、力を知れる良本です。
    メモしたところを日々の生活、仕事に活かしたい。

  • 前から気になっていた本、いつの間にか文庫化されていたので速攻購入。日常の選択の場におけるあるあるが数々の研究によって論証されていて面白く、まとまりがあって読みやすかった。これだけの研究をしてきた筆者が全盲というのも驚かされる。
    ちょうど先日読んだ「学力の経済学」でも言及のあった、ダン・アリエリーの本も読んでみたくなった。

  • 普段、選択する自由を意識することはない。これほど貴重なもので、これほど悩ましいものだとは考えたことがなかった。
    多すぎる選択肢、たしかに考えものだ。

  • 選択が与える影響。
    アジアの文化とアメリカの文化。
    人は7±2の選択までが容量。
    白熱教室のビデオを見て、本を手にして良かったと感じる。

  • 選ぶことができるということが、どれだけ幸せであってどれだけ苦しいことか。でも、選べるということ自体は非常に大きい。

  • 著者の分析力が半端ない。人間自分で選択しているようで、情報操作されているのが良くわかる。

  • 20150120読了。
    人はどんな些細なことでも『選択』をしている。スーパーで何を買うか、どの学校に入学するか、結婚相手は誰にするか、様々な面において選択をしている。
    多くの人が自由に選択できる立場にいる一方で、そうでない人も多いということは知っておかねばならない。
    自分で『選択』したことで、結果の良し悪しに関わらず、満足度が全く違う。
    ただし、選択肢は多ければ多いほどいいというものではない。また、最初から最後まですべてを自分で選択して決めるのではなく、最終的な重要な決断は他人の力を借りたいと思っている面もある。
    無意識に行っていることを言葉にして意識化してもらえ、ストンと腑に落ちる部分が多い本だった。

  • 「選択」という行為を科学的に分析した本。
    人間(に限らず動物も)は、選択をしたがるいきものである。
    がしかし、選択肢が多すぎると不利益になる場合がある。
    学習や実践を通じて対処能力を高めるか、専門家に任せることが、よりよい選択の手助けや近道になることがある。
    育った環境によって、選択に対する考え方が違ったり、ファッション業界などにおいてはそもそも選択自体が創造されたものであったりと、選択に関する様々な興味深い話があった。
    選択と言っても、様々あり、時には命に係わるものもある。家族の延命措置をすべきか否かの判断を迫られた話を考えたとき、その判断は専門家である医師に任せることが最良のように思える。
    とても読みやすく興味深い話がたくさんあり、面白かった。
    ただ、実験結果などの記述は、もう少しコンパクトになったのではないかと思う。

  • 【NHK白熱教室でも話題になった盲目の女性教授の研究を書籍化】社長が平社員よりもなぜ長生きなのか。その秘密は自己裁量権にあった。選択は生物の本能。が、必ずしも賢明な選択をしないのはなぜ?

  • 年齢問わずおすすめだけど、特に高校・大学生に読んで欲しい。
    身近な内容だしへぇって思うことが多いからおもしろい!そして、この本を読んでこれからの人生が変わりそうだと思った!!

    読んで損なしの1冊!

  • 201407/事例交えてわかりやすく書かれていて面白かった。講義受けてみたいなあ。選択と人種というのも面白い。

  • NHK白熱教室で話題となり、著者もコロンビア大学の人気講師であるので大学生なら読むべきと感じたから。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50102747&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全20件中 1 - 20件を表示

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)の作品紹介

NHK白熱教室でも話題になった盲目の女性教授の研究を書籍化社長が平社員よりもなぜ長生きなのか。その秘密は自己裁量権にあった。選択は生物の本能。が、必ずしも賢明な選択をしないのはなぜ?

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする