死命 (文春文庫)

  • 316人登録
  • 3.47評価
    • (12)
    • (41)
    • (59)
    • (5)
    • (2)
  • 35レビュー
著者 : 薬丸岳
  • 文藝春秋 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167902186

死命 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • さすがの薬丸作品。

    末期ガンが判明し、これまで抑えていた人を殺したい欲望を開放した榊。
    末期ガンが判明し、それでも亡き妻のため刑事として、犯人を追う蒼井。

    相変わらず、多々考えさせてくれる作品でした。
    もっと評価高くてもいいけど、榊の過去が思った以下であったこと、榊の恋人の亡くなり方があっさりしすぎたこと、伏線の回収が弱かったところが残念でした。

  • 映像化したら面白そう。犯人が本当の意味で罪悪感を感じていないような気がする。犯人も犯人の母親は最低だと思う。刑事の勘に頼りすぎてる気もする。が、ぐいぐい読めちゃうくらいには面白かった。

  • 面白くて一気に読んだ。最初は犯人も刑事も同じ胃癌ってどうなってんだよ詰め込み過ぎだよと思ってたけどそうでもなくてうまく収まってくれた。しかしヒロインあっさり殺すのは感心できない。あと、鼓膜破れた原因も明かされなかったよね?殺人の衝動って、なかなか想像し辛くて難しい題材だと思うけど、それを結局少年時代の虐待に持ってくのは少し拍子抜けしたかな。

  • ガンの病に侵された犯罪者と刑事とのそれぞれの人生を対比させながら読み手を引き込む情感溢れる筆致で一気に読み進められた。著者の筆力に参りました。

  • 死と向かい合うこと。
    自分の人生を振り返ること。

    自分の欲の為に罪を重ねる榊と、それを追う蒼井。
    死を目の前にした2人の結末は異なるものの、最期に自分の人生と向き合ったという観点では、重なるところがある気がした。

  • 面白かったです。
    なんとなくの予想をしながら読んだけど、やはり…という犯人の生い立ちにせつなくなった。
    色々考えさせられる本でした。

  • 【図書館本】久しぶりの薬丸作品。余命幾ばくかの2人の男の話。1人は殺人衝動に悩む男。もう一人は犯人逮捕に執念を燃やす刑事。この2人がどう絡んでくるのかが見ものだった。犯人には同情することはないが、心情はわからないでもない。刑事蒼井のスタンスに故川島なお美さんの「最後まで女優としての人生」というのが重なります(ノ_・。) 自分が余命幾ばくもないとなった時に、自分が何をするのか、何をしたいのかなぁと考えさせられる作品だった。2015年の最後に締めくくるにはいい本だっと思う。

  • またも夜更かしをして、残り3分の1を一気に読了。
    薬丸岳『死命』(文春文庫)
    一言でいってヤバイ。ヤバイという言葉がピッタリでこれ以外の表現が見付からない。
    以前、島本理生『あなたの呼吸が止まるまで』(新潮社、2007年)を読んだときに読みながら嫌なにおいを感じたが、においの元は違っても、『死命』でもいつも不快なにおいを感じてしまった。
    どろどろした人間模様、歪んだ性、生と死、職業意識、家族…。
    もうこれ以上のシチュエーションはないと思われる設定。よくも思いつくもんだなあ。
    これを読んだら、そんじょそこらのミステリーは読めない。少なくてもトリックものより面白い。やっぱりミステリーではなく社会派推理小説という表現が似合う。
    この手の小説を読んでばかりいると性格が歪んでしまいそうなので、次は軽いのを読もう…と思ったら、もう一冊あった、薬丸岳『逃走』。

  • 面白い。ただ薬丸さんだから、読者に問いを残すような何かを期待してしまった。
    あらすじ(背表紙より)
    若くしてデイトレードで成功しながら、自身に秘められた女性への殺人衝動に悩む榊信一。ある日、余命僅かと宣告され、欲望に忠実に生きることを決意する。それは連続殺人の始まりだった。元恋人の澄乃との皮肉な再会。犯人逮捕に執念を燃やす刑事・蒼井にも同じ病が襲いかかり、事件の展開は衝撃の結末を―。

  •  
    ── 薬丸 岳《死命 201204‥-20141107 文春文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4167902184
     
     薬丸 岳 作家 19690826 明石 /籍=(たけし)1988 駒澤大学高校卒
    ── 《天使のナイフ 2005》第51回江戸川乱歩賞
     
    ……「死命」という言葉には二つの意味があります。一つは「死ぬべき
    いのち」、もう一つは「生きるか死ぬかの急所」です。「死命を制する」
    という慣用句は後者の例で、他人の生死の急所をおさえ、その運命を自
    由にあやつるという意味です。本書はその二つの「死命」を重ね合わせ
    に描くことによって、いのちとは何か、生きるとはどういうことかを読
    者に問いかける、ある意味ではとても厳粛で哲学的なミステリーです。
    http://hon.bunshun.jp/articles/-/2928?page=2(郷原 宏・解説)
     
    (20160118)
     

  • さすがの薬丸さん。
    救われない終わり方。
    末期癌の殺人者と末期癌の刑事。

  • あっという間に読了。読みやすい。しかし
    薬丸氏の作品としてはつまらないかな。
    親の虐待。連続殺人犯。末期ガン。
    重い題材をチャラっと雑に描かれた印象

  • 刑事と犯罪者双方の心の動きを表現するのがうまいなぁ。
    どちらの心理状況もよくわかる。それほど細やかに書かれているということか。
    自分の命を投げ出してでも犯人を逮捕したい刑事と自分の欲求を抑えられない犯人。
    残りの人生が僅かだとわかっているなら、じっと寝ているよりも自分のやりたいことをしたいという点では蒼井刑事に共感する。

  • 薬丸岳の作品を読むのは、この「死命」が2つ目か。
    読みやすいのが気に入っている。

    「天使のナイフ」も読んでみたいと思う。

  • 薬丸岳さんの本は【刑事の約束】に次いで2冊目。
    長編の【死命】ですが、気が付けば一気読み!
    胸の中にずっし~んと重い物を投げ入れられたかのような、しんどさを感じつつもグイグイと物語に引き込まれていきました。

    榊新一は末期癌の余命宣告を受け、殺人を犯す。
    連続殺人犯を追う警視庁捜査一課刑事の蒼井。
    彼もまた余命宣告を受けた身。
    犯人と刑事。
    二人はそれぞれ命をかけた使命のため、残りの時間を費やす。
    榊の使命、蒼井の使命。
    どちらも辛い…

  • 一気読み。面白かった。末期癌の刑事と殺人鬼。
    自分の最期が近いことを知ったら、自分は残りの人生をどう生きるだろうか。

  • 2015.08.08

    末期ガンの刑事と猟奇殺人者

  • さすがの薬丸作品。

  • 一気に読み終えました。終盤はスピード感もあり、ページをめくる手を止めることができませんでした。

  • 末期ガンの犯人と刑事

  • 末期がんで快楽殺人に目覚めた男と,同じく末期がんで,事件を追う刑事の話。
    刑事側の話は良いのだが,犯人側がOECK的なサイコさんで,同作者の他の作品と比べると軽め。

  • 奇しくも共に末期ガンで、余命いくばくもないという状態の連続殺人鬼と、それを追う刑事の話。
    ドラマチックな設定がてんこ盛りだけれど、出来過ぎ&ありえなさ過ぎな展開に却って白けてしまった。薬丸岳の本はテーマが重くても真実味があり、考えさせられるものであるのが魅力だと思っていたので、ここ最近は肩透かしをくらうことが多いように感じる。

  • 面白かったっすわー!重いテーマが重なってるにもかかわらずなぜか爽快に進んでく、って感じで。著者も埼玉のウチの近くの地名も出てくるのがさらにいい!タイトルや始めのうちのヘヴィな感じに逆らうことなく読めれば!

全35件中 1 - 25件を表示

死命 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

死命 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死命 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死命 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死命 (文春文庫)のKindle版

ツイートする