さよならの手口 (文春文庫)

  • 660人登録
  • 3.87評価
    • (52)
    • (115)
    • (71)
    • (7)
    • (0)
  • 91レビュー
著者 : 若竹七海
  • 文藝春秋 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167902209

さよならの手口 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズものの第一作でもなければ最新作でもなかった。
    でも面白かったわ~。

    四十代の元探偵事務所の調査員で、今は古本屋のバイト店員・葉村晶。
    彼女がめっぽうハードボイルド。

    全身打撲、肋骨二本にひび、おでこに大きなこぶ、そして肺がカビの胞子まみれ。
    これが、導入部の、本筋ではない事件での負傷。
    その後も、たった数日の間に何度病院に担ぎ込まれることか。

    しかし彼女はめげない。
    やらなきゃならないことは、身体を張ってでもやる。
    頭の回転は速い。
    そしてなんだかんだ言ってお人よし。
    ああ、好きだわ、こんな生きるのが不器用な人。

    二十年前に行方不明になった娘の生死は?
    彼女の父親は?
    失踪した探偵は?
    最後までゆるむことなく張りめぐらされた謎と罠。

    ミステリ専門の古本屋さんでバイトもしているものだから、懐かしい書名がたくさん出て来て嬉しい。
    そして店長のキャラクター!
    あくまでマイペースに自己主張を押しとおす。
    そばにいれば迷惑な人だが、傍で見ている分には実に愉快。
    ストーリーの後味の悪さを、彼のキャラクターが随分中和してくれる。

    これも、シリーズを追いかけることになりそう。

  • 若竹七海さんのミステリー小説 初めて読みました。
    これは 女探偵 葉村晶シリーズだったんですね〜
    この本で初めて葉村晶を知る事になるんですけど タイトルからして訳ありな要素を含みつつ、内容も かなり面白かった ついつい読み入ってしまった ラストが呆気なく終わってしまった感じがした…女性探偵ならではの サバサバした性格でありながら 人を気遣うところなど とても 主人公に好感を持てるし、細かく調査してゆく道順が面白かったし、結構痛い目に遭いながら臨んでゆく姿に
    ミステリーではないドラマ性を感じられ 前作の葉村晶シリーズを読みたくなった。葉村晶シリーズに期待大!

  • 女性の探偵ものは、何故だかほろ苦い。
    女性が探偵『役』で、美人だったりして、荒事をこなしてくれる相棒がいたり、疲れ切った時に労ってくれるいい男がいたりすると、そうはならないんだけれど。

    葉村晶は、その点ちっとも甘くなく、リアルに食べていくための仕事として『探偵』で、女性として得してるところはほとんど全然なく、その上運が悪く、ケガはするし危ない目には合うし、いまや若くもなく美人でもない。
    けれど真摯に仕事をし、精一杯フェアであろうとする、人としてスジの通ったところが沁みる、男前?な女探偵ぶりが、独特な面白さになっていると思う。

    若竹七海さんの作品は、ドタバタミステリもいいけど、こういう曇り空みたいなミステリも好き。
    青空が、ちらっと見えるところがあって救われるのもいい。

  • 面白かった。
    ミステリのネタが散りばめられて最後まで飽きずに読みきれる。
    主人公に振りかかる災難も愉快(失礼!)。
    主人公 葉村晶が人間臭く抱えながら負けずに探偵業に勤しんでいく。

    物語はドロドロして重いミステリ・テーマなのだが、気分が重くならない。

    他の葉村晶シリーズも読んでみたくなりました。

  • 20年前に失踪した娘は、調査していくうちに多数の謎が浮上してきますし、本筋とはまた別に様々なトラブルや謎も発生します。複数の中編や短編を絡ませたような感じで贅沢な内容です。足で情報を稼いで少しずつ事件の真相に向かっていく過程は端正ですし、状況が二転三転していく構図もお見事で、質、量ともに満足出来る探偵小説だと思います。
    また、作中に沢山登場したミステリーが巻末に紹介されており、ちょっとしたガイドブックとして活用出来るのも良いです。

  • 20141110
    ひゃー
    面白かった。
    どんどん踏んだり蹴ったりで、全然報われなくて、間違えたりしてかっこ悪くて、でもカッコイイなぁとしみじみ。
    謎そのものが二転三転するのもあるけど、別の小さな事件が繋がっていき、そこかー!みたいな引っかかりを逃さない感じが好き。
    もっとたくさん出て欲しいなー涙

  • 探偵葉村晶シリーズ3弾。長編。

    あらすじ
    40過ぎになった葉村は、仕事を請け負っていた探偵社が閉鎖されたのを機に、古書店店員になって10ヶ月。本を引き取りに行った先で事件に遭い、入院するが解決する。それがきっかけで往年の大女優から、死んだはずの娘を探してほしいと依頼される。同じ頃、住んでいるシェアハウスには、本屋の店員でうさんくさい女性が住み始める…。

    13年ぶりの葉村シリーズらしい。しっかり年を重ねているし、世間は探偵に厳しく、スマホもある。でもハードボイルドぶりは相変わらず。短編は短編で一ミリも隙がないところが好きだが、長編もまたいい。ほんとだったら、本三冊ぐらい書けるんじゃない?っていう内容が詰め込まれていて、しかも面白い。相変わらず傷だらけ・ごたまぜになりながら葉村は事件を解決していく。このださかっこいいところって、なんか北欧ミステリ-に通じるところがあると思う。

  • シリーズですが、間違いなく面白いです。

  • 2017.8.17読了。

    途中なんども頭の中がとっ散らかった...
    「ん?どういうこと?」
    思いながらも、戻らずそのまま読み進めていったら、終盤一気に沢山のことが解決していった。

    ゆっくり、じっくり、時間をかけて、いつか再読したい作品。

  • 名探偵羽村晶シリーズ第四作。
    前作の登場人物が基本的に出てこないのがちょっと残念。。

    20年も前の疾走事件を追ううちに、犯人に狙われたり事件に巻き込まれたりして、満身創痍になっていくのが、痛々しくも、プロ根性なように思った。

    書評では、羽村晶は不運な探偵という紹介があったが、今作で初めて、その不運だと感じた。
    捜査が進むに連れて怪我が増えていく様は、痛々しくもあった。ここまで来たら、調査を続けたのはもはや意地だったんじゃないかとすら思えてくる。
    友人思いだけどドライで皮肉っぽい人情家という変な性格が、とても好きになった。
    ホントにいたらいいのに。

    読んだあと、ふと、この羽村晶シリーズは、新井素子さんの作風に少し似ているような気がしてきた。
    強いて挙げてみると、読後感もジャンルも全く違うが、主人公の内省の方向性や、皮肉が皮肉にならないで事実になってしまう立ち回り。
    真面目なのは解るのに真面目になりきれないところは、読んでいてついつい力が入ってしまうところでふっと力が抜けるのが、いいアクセントになっていて、作品が一層面白くなっていると思う。
    そして、こういう真面目な中のユーモアみたいな、あるいは言葉遊びみたいな息抜きは、集めていくと面白いと思う。

    しかし・・・、店長さん!
    もっと早く免許のこと言っておいてくれたら良かったのに。。
    ワンマンすぎる店長さんのおかげで話はタイトルからオチまで全部が面白かったです。

全91件中 1 - 10件を表示

さよならの手口 (文春文庫)のその他の作品

若竹七海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

さよならの手口 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

さよならの手口 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよならの手口 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよならの手口 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さよならの手口 (文春文庫)の作品紹介

仕事はできるが運の悪い女探偵・葉村晶が帰ってきた!

ミステリ専門店でバイト中の女探偵葉村晶は、元女優に二十年前に家出した娘探しを依頼される。当時娘を調査した探偵は失踪していた。

ツイートする