64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

  • 3662人登録
  • 3.76評価
    • (250)
    • (527)
    • (385)
    • (66)
    • (12)
  • 290レビュー
著者 : 横山秀夫
  • 文藝春秋 (2015年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167902926

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わずか7日間の昭和64年に起きた誘拐事件、通称「ロクヨン」。

    未解決のまま時効が目前に迫った時、警務部と刑事部それぞれに不穏な動きが…。体は警務部、心は刑事部の三上はふたつの間で激しく揺れ、もがきながら必死に真相へ近づこうとする。

    事件後、所在不明になった刑事、引きこもりになった科捜研の青年、一度も異動のない刑事、署長になった自宅班の班長、そして警察を拒む被害者家族。14年間彼らは何を思い生きていたのか。幸田と柿沼の関係を思うと切なくなる。彼らが隠してきたものとは。それがわかった時三上はどう動く…。

    最初の150ページは全然進まなかった。娘さんの家出、不本意な人事異動で辛いのはわかるが、あのイライラにはうんざりした。娘さんの家出の原因は三上にもあると思う。平手打ちはまぁいいとして、女の子にグーパンチありえないでしょう。「補欠野郎が」などと、人を見下す三上がどうしても好きになれない。

    でも、ロクヨン事件が動き出してからはどんどん面白くなってきて、人と人の気持ち、繋がり、やはり私は人間ドラマが好きなんだと改めて思った。

    警務部対刑事部、広報室対記者もかなり熱く、警察小説・男社会が好きな人には読み応えたっぷりの作品だと思う。

  • 緊張感で息が詰まる。
    下巻でどのような終幕を迎えるのか。

  • 登場人物が多く、誰だっけこの人?となるがまあなんとかなるのでそのまま読み続けることをオススメします。
    後半の誘拐犯人には想像が及びましたが、まさかそういうことで。。。という驚きがありました。
    横山作品では半落ちをドラマで観て、なにこれ?全然ツマラナイ!と思っていたのでなかなか手に出来なかったのですが、ロクヨンは確かに価値のある作品だと思います。
    ただ、広報官としての主人公の仕事ぶりや娘さんの家出の話がこねくり回されておりましたが、最終的には必要だった?と思ってしまいました。
    総じては、面白い作品★4.2

  • すごく有名だしドラマ化もしてるしついに映画化もしてキャスティングもかなり豪華だし!!って勝手に期待しすぎてハードル上げすぎた。実際読み始めたら、最初はお?と思ったけど警察の内部事情の話ばっかりで登場人物も多いし、、、正直飽きてしまってなかなか進まなかった。
    そもそも主人公の三上はすごく醜い顔だろうけど、映画だとを佐藤浩市さんだし普通にかっこいい。ちょっとイメージ湧きずらかったかなぁ?
    64事件の真相は確かにすごい気になるから、下巻に期待する。

  • 刑事課から広報室へ移った強面主人公。
    娘が家出をしていて探してもらう為に上の意向に逆らえない。
    長官の視察の為に、未解決の翔子ちゃん誘拐殺人事件の父親に会いに行くことになる。
    頑なな彼との原因を調べ始めるとそこで"幸田メモ"に出会う。
    幸田とは誘拐事件の捜査に関わった人物ですでに警察を退職していた。
    当時の面々を調べると皆あからさまに何かを示している。
    あの時、あの現場で何があったのか。

    上巻は内部抗争と人物の説明ばっかりで大分遠い。

  • 新聞社勤務の経験ある作家さんだけあって、文体が堅い!そして人名が多い(笑
    )慣れるまでなかなかスピードに乗れずもどかしかったけれど、だんだん面白くなってきたら自然とスピードアップしてた。こりゃ、面白い!この感覚のまま下巻にいきます!

  • 映画、ドラマを観た後に読み始めた。映像では伝わりきらない複雑な警務部と刑事部の対立がしっかり描かれていて、さすが記者出身者!
    読んでいる途中で、作者が健康を害しながらもこだわって大幅に加筆訂正して世にだした本だと知り、襟を正して読まねばと思った。

  • 栞を挟むタイミングがわからないくらいのめり込んでしまった。警察組織と記者クラブそれぞれの組織の関係や所属する人間がリアルに書かれていた。今の警察にもこれだけ骨のある人たちがいたらな…

  • 上下巻あわせてのレビューです。

    わずか7日間だった昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件、通称“ロクヨン”。1月5日に誘拐された7歳の少女。父親が犯人に身代金を届けるも、昭和天皇が崩御した1月7日、少女は遺体となって発見されたのだ。犯人は見つからないまま、あと1年で時効を迎えようとしている平成14年。事件発生当時、刑事部に所属していた三上は、今は警務部の広報室広報官。警察庁長官が現場の鼓舞とPRを兼ねて視察に来ることになり、被害者の父親・雨宮宅を慰問したいと言い、その段取りを三上がつけるようにと命じられるのだが……。

    上巻が約350頁、下巻が約430頁。かなりのボリュームですが、一気に読ませます。時効間近の事件解決に突き進む話かと思いきや、頁が割かれるのは警察内での刑事部と警務部との対立、そしてそれゆえに矢面に立たされる三上ら広報室と新聞各社の記者クラブとの迫真のやりとり。

    匿名報道のあり方について考えさせられます。取り繕うことしか考えない人同士では決して物事はいい方向へは進まない。電車の中で読んでいたら、「戦略なき戦略」の段では涙が出て困りました。ハッピーエンドなどという言葉では括れない、深い余韻を残す作品でした。

    映画は公開直後に観ました。三上に佐藤浩市、雨宮に永瀬正敏。原作にほぼ忠実で上手く端折っている印象。異なるのは、原作では三上がかなりの醜男で、その妻が絶世の美人という設定。観賞後、中年夫婦が「私ら警察組織のこと知らんから、ちょっとややこしかったな」と話しているのが聞こえてきました。原作を読んでからならすっと話が入ってきます。読んでから映画を観ることをお勧めします。

    映画の感想はこちら→〈前編〉http://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/fbe66f669172c14ee14c08b608065b8b
    〈後編〉http://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/d19e5b83166bf28c6fe72edf19899192

  • 少女誘拐殺人事件、通称64における幸田メモを解読するまでの上巻。誘拐殺人事件の解明が本筋かと思えば広報室の在り方、刑事部と警務部の確執を描きながらも物語の奥に潜む大スキャンダルの暴露に内心怯えながら読み進める。
    前後編のボリュームながら濃密な設定や警察組織を理解しての深い問題提起。
    物語は主人公に対しこれでもかと言うほど息もつかせぬトラブルを被せつつ、暗躍する上官達の影をちらつかせる。
    本当の関心は主人公、三上の娘の帰還と64の解決だが、上官達への主人公の反撃を強く望みながら読んだ。
    三上のハードボイルドと更なる冴えを期待して引き続き下巻を読みます。

全290件中 1 - 10件を表示

横山秀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)に関連する談話室の質問

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)に関連するまとめ

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)の作品紹介

二〇一二年のミステリー二冠! 究極の警察小説登場!昭和64年に起きたD県警史上最悪の事件を巡り警務部と刑事部が全面戦争に突入。その狭間に落ちた広報官・三上は己の真を問われる。

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)のKindle版

ツイートする