64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

  • 3651人登録
  • 3.76評価
    • (250)
    • (526)
    • (385)
    • (66)
    • (12)
  • 288レビュー
著者 : 横山秀夫
  • 文藝春秋 (2015年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167902926

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わずか7日間の昭和64年に起きた誘拐事件、通称「ロクヨン」。

    未解決のまま時効が目前に迫った時、警務部と刑事部それぞれに不穏な動きが…。体は警務部、心は刑事部の三上はふたつの間で激しく揺れ、もがきながら必死に真相へ近づこうとする。

    事件後、所在不明になった刑事、引きこもりになった科捜研の青年、一度も異動のない刑事、署長になった自宅班の班長、そして警察を拒む被害者家族。14年間彼らは何を思い生きていたのか。幸田と柿沼の関係を思うと切なくなる。彼らが隠してきたものとは。それがわかった時三上はどう動く…。

    最初の150ページは全然進まなかった。娘さんの家出、不本意な人事異動で辛いのはわかるが、あのイライラにはうんざりした。娘さんの家出の原因は三上にもあると思う。平手打ちはまぁいいとして、女の子にグーパンチありえないでしょう。「補欠野郎が」などと、人を見下す三上がどうしても好きになれない。

    でも、ロクヨン事件が動き出してからはどんどん面白くなってきて、人と人の気持ち、繋がり、やはり私は人間ドラマが好きなんだと改めて思った。

    警務部対刑事部、広報室対記者もかなり熱く、警察小説・男社会が好きな人には読み応えたっぷりの作品だと思う。

  • 緊張感で息が詰まる。
    下巻でどのような終幕を迎えるのか。

  • 登場人物が多く、誰だっけこの人?となるがまあなんとかなるのでそのまま読み続けることをオススメします。
    後半の誘拐犯人には想像が及びましたが、まさかそういうことで。。。という驚きがありました。
    横山作品では半落ちをドラマで観て、なにこれ?全然ツマラナイ!と思っていたのでなかなか手に出来なかったのですが、ロクヨンは確かに価値のある作品だと思います。
    ただ、広報官としての主人公の仕事ぶりや娘さんの家出の話がこねくり回されておりましたが、最終的には必要だった?と思ってしまいました。
    総じては、面白い作品★4.2

  • すごく有名だしドラマ化もしてるしついに映画化もしてキャスティングもかなり豪華だし!!って勝手に期待しすぎてハードル上げすぎた。実際読み始めたら、最初はお?と思ったけど警察の内部事情の話ばっかりで登場人物も多いし、、、正直飽きてしまってなかなか進まなかった。
    そもそも主人公の三上はすごく醜い顔だろうけど、映画だとを佐藤浩市さんだし普通にかっこいい。ちょっとイメージ湧きずらかったかなぁ?
    64事件の真相は確かにすごい気になるから、下巻に期待する。

  • 映画、ドラマを観た後に読み始めた。映像では伝わりきらない複雑な警務部と刑事部の対立がしっかり描かれていて、さすが記者出身者!
    読んでいる途中で、作者が健康を害しながらもこだわって大幅に加筆訂正して世にだした本だと知り、襟を正して読まねばと思った。

  • 栞を挟むタイミングがわからないくらいのめり込んでしまった。警察組織と記者クラブそれぞれの組織の関係や所属する人間がリアルに書かれていた。今の警察にもこれだけ骨のある人たちがいたらな…

  • 少女誘拐殺人事件、通称64における幸田メモを解読するまでの上巻。誘拐殺人事件の解明が本筋かと思えば広報室の在り方、刑事部と警務部の確執を描きながらも物語の奥に潜む大スキャンダルの暴露に内心怯えながら読み進める。
    前後編のボリュームながら濃密な設定や警察組織を理解しての深い問題提起。
    物語は主人公に対しこれでもかと言うほど息もつかせぬトラブルを被せつつ、暗躍する上官達の影をちらつかせる。
    本当の関心は主人公、三上の娘の帰還と64の解決だが、上官達への主人公の反撃を強く望みながら読んだ。
    三上のハードボイルドと更なる冴えを期待して引き続き下巻を読みます。

  • 組織論としての読み物に近い。板挟まれる主人公に共感。内省的で裏の裏まで読む洞察力に感嘆。世の中には裏の裏は表じゃないこともあり得るのね。

  • 家出した娘。実名報道を巡るトラブル。希望しない広報部。昭和64年に発生した未解決誘拐殺人事件。隠蔽問題。被害者宅への警察庁長官訪問。暗躍する同級生。記者との駆け引き。娘からの電話を待ち続ける妻。警察署内の覇権争い。出世欲。そして、新たに発生する誘拐事件。

    複数の事件やトラブルが同時並行的に進み、そこに絶妙な利害関係が張り巡らされた本書は、横山秀夫の話題作。警察官である三上義信は刑事畑でキャリアを築いてきましたが、ある日、突然、広報官に任命されます。希望しない広報官としての仕事を進める三上ですが、様々なトラブルに遭遇し、いくつもの壁が立ち塞がります。そこに実娘の失踪や時効寸前の未解決誘拐殺人事件、相容れない同級生の存在、自身の出世欲(というより、刑事部への出戻り欲)といったものが重なり、序盤~中盤までの空気はとても重たいものがあります。とりわけ、サラリーマンだからこそわかるような微妙な利害関係の描写には、思わず唸ってしまうような場面も。最終的に三上が到達する姿は自身の利害を排除し、いま踏みしめる足場を第一に考えるというもの。いわゆる王道の展開なのかもしれませんが、そこまでの過程が長く重苦しいものであるため、三上がようやく到達した答えに対して、達成感やら満足感といった感情が溢れました。上下の2巻構成ですが、没頭して読み進められる作品です。

  • 2016.9.7-53
    64年の誘拐事件を担当した広報官三上が巻き込まれる新たな誘拐事件。
    ロクヨンの隠蔽と遺族、広報対マスコミ、警務部対刑事部、本庁対署の対立、娘の失踪など多数の要素が絡み奥深い。

全288件中 1 - 10件を表示

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)に関連する談話室の質問

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)に関連するまとめ

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)の作品紹介

二〇一二年のミステリー二冠! 究極の警察小説登場!昭和64年に起きたD県警史上最悪の事件を巡り警務部と刑事部が全面戦争に突入。その狭間に落ちた広報官・三上は己の真を問われる。

ツイートする