願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)

  • 153人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (14)
    • (28)
    • (6)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 文藝春秋 (2015年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167902940

願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 剣の達人で研ぎ師の酔いどれ小藤次が、突然、願いごとを叶えてくれる大明神になり、参拝され、賽銭を投げられる。困った小藤次は、研ぎの仕事の場所を変えるが状況は変わらず、賽銭を投げるものは続出し、賽銭額は大金になり、困り果てる。小藤次をとりまく人々が彼を助けながら、この状況がなぜ生じたかを解く時代劇の推理もので、最後は定番の丁々発止があって円満解決。文章が少しくどく、盛り上がりに欠けた。

  • <新・酔いどれ小籐次>シリーズ第2弾。

    酔いどれ大明神などと勝手に祭られてお賽銭を投げられる。
    どんどん増えていくが、そこまで?というような金額に膨れ上がる。
    大体がお金の悩みだと思うんだけど、お金に悩んでる人がお金そんなに出すかね…。と思ってしまう。

    駿太郎、ついに父親の秘密を他人より聞かされてしまう。
    動揺しまくる駿太郎に、お夕ちゃんが「そんな駿太郎はキライ」の一言。びっくりした。
    こんなに駿太郎が動揺している姿なんて、初めて見るんだろうに、キライとは…。
    もうちょっと時間かけて聞いてやってもいいだろうに、と思ってしまった。

  • この手のシリーズは一度読んだら、最後まで止められない。

  • 新シリーズも2作目で、また読むのも慣れてきた。相変わらず陰謀に巻き込まれるが、引っ張って、引っ張って、解決! しかし、とうとう駿太郎、聞いてしまったねえ・・・ やっぱ、隠すのはよくない。あと、結婚してるのに隠すのも罪だわさ、おりょうさん。

  • 美女と野獣ではないが、酔いどれ小籐次シリーズ大好きである。
    「御槍拝借」から、読んでいる。
    いつもサクサクと、読めてしまう。
    駿太郎も10歳。
    おりょうをも守る位成長している。
    話は、酔いどれ小籐次が、生き神様にされて、お賽銭まで投げられる事になる。
    金額が段々大きくなって行き、研ぎ師の稼ぎより、はるかに多くなって行くのには、何かたくらみがあるのでは、、、、
    そして、おりょうにも、そのたくらみの主が襲いかかる。
    小籐次の関わり合いのある老中青山忠裕を、引き下りおろすために、若年寄、植村家長と、同朋頭 塩野義佐阿弥
    の策略である。

    しかし、駿太郎が、自分の父を殺害した小籐次との親子のつながりの秘密を、どこで、開襟することにになるのだろう。
    まだまだ、続編を読みたい。

  • 2015年2月刊。文庫書下ろし。シリーズ2作め。陰謀によって、小藤次が神様に祭り上げられ、暮らしに支障が出るまでに。最後は小藤次の来島水軍流の太刀で事件は解決へと向かうのですが、地味で冗長な展開は、あまり楽しめませんでした。

  • 新シリーズ第二弾
    小籐次が崇められる?真相は?
    おりょうを狙う罠、巻き込まれた駿太郎は父の真相に?
    今後の展開は?

  • 20150621 テーマは家族。このシリーズは返って終わらせやすいのではないだろうか。その分毎回話を成り立たせるようなストーリーが必要。

  • 2015.05.13.読了

  • 小籐次の江戸追放を画策する念の入った企みだった。駿太郎に、実の父の名が告げられた。今後の展開が気になる。

全18件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

願かけ 新・酔いどれ小籐次(二) (文春文庫)の作品紹介

新シリーズ、ますます好調の第二弾!研ぎ仕事中の小籐次を拝む人が続出。小籐次は困惑するが、その裏で糸を引く者がいるようだ。誰が、なんの目的で? シリーズ第二弾!

ツイートする