虚像の道化師 (文春文庫)

  • 2271人登録
  • 3.58評価
    • (57)
    • (294)
    • (275)
    • (27)
    • (1)
  • 201レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 文藝春秋 (2015年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167903114

虚像の道化師 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 7編の短編小説
    新興宗教、透視マジック、超音波、プロ野球の投手、テレパシー等々
    著者の知識、引出しの多さには毎々驚き、感心します。
    テクだけでなく、ドラマがあるからストーリーに引き込まれてしまうんです。

  • 短編集。さらっと読める。

  • 短編集 ガリレオ 

  • 期待通りだった。気軽に読める。

  • ガリレオシリーズの短編集。
    2冊の単行本を1冊にまとめているので、前半と後半で雰囲気が少し異なっている。前半は超常現象を物理で種明かしするという本シリーズらしい構成、後半はドラマ化の影響なのか湯川先生のクールに見えて実は優しい人柄が前に出るハードボイルド的雰囲気を持つ内容。
    後半のようなトーンなら長編で読みたいところなので、短編として「キレ」と「らしさ」が出ている前半の方が好きかな。

  • ガリレオシリーズの短編集。

    色んな種類のお話があって面白かったですが、後半は無理矢理湯川先生と繋げてきてる感がありました。
    台湾の習慣を知ってたり、劇団と繋がりがあったり、、

    湯川先生の絡み方だけ違和感を感じましたが、トリック自体は流石で予想も出来ない内容でした。
    もうトリックを考えるのは放棄してますけど、物理が全然分からない人でも理解出来るように説明してくれてるのがいつもながらすごいです。

  • 玉石混交。
    でもまあトータルでは満足。

    「偽装う」が一番良かったかな。
    TVシリーズからの逆輸入なのか湯川が数式を書く(紙にだけど)シーンがあって、クスリ。
    ラストには唐突な気もしたが意外な方向へ。そういうのもありなのか。

  • ガリレオシリーズは安定感があって好きです。
    今作も普通に楽しめました。

    ただ最近の湯川教授は事件に関わるのを嫌がっているように
    見えていたのですが今作はどれも積極的に事件に関わりに
    行っていて少し違和感を覚えました。

    トリックについてはそれなりに納得出来るものでしたが
    事件の背景などがあまりに込み入りすぎていて
    ちょっと読み疲れるというかそんな感じでした。
    特に後半の2篇はそんな感じでしたかね。

  • 読み始め…16.9.18
    読み終わり…16.9.24

    ガリレオシリーズ7作目。

    今回は、一見しておよそ科学とは結びつかないような事件が実は科学に関係していたという事件が短編で7つ。草薙刑事と湯川教授は相変わらず楽しませてくれました。

    最後の2篇は湯川教授が完全に主役の座。

    女性を犯人に仕立てているお話には、著者さんらしい作風が感じられるように思いました。

  • 東野圭吾氏作品を久しぶりに♪

    七章からなる話でしたが、いつかドラマで視たことがある気がする内容でした。
    もちろん細かな内容は覚えてはいませんでしたので、結末までいく過程にゾクゾクしました。
    東野氏の作品は、いいですね。

全201件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

虚像の道化師 (文春文庫)に関連する談話室の質問

虚像の道化師 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚像の道化師 (文春文庫)の作品紹介

二冊分の面白さ! ガリレオ文庫版、お買い得です天才物理学者・湯川と草薙刑事のコンビが難事件を解決する、シリーズ王道の短篇集。単行本二冊分の文庫版オリジナル編集で登場!

ツイートする