花鳥の夢 (文春文庫)

  • 123人登録
  • 3.86評価
    • (7)
    • (31)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 山本兼一
  • 文藝春秋 (2015年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167903183

花鳥の夢 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長谷川等伯の「松林図屏風」を観てから、等伯に興味を持ち、安部龍太郎の『等伯』をずっと前に読んだ。『等伯』に描かれる永徳の、ここまで悪人にしていいの?という位の冷血なイメージがあった為、こちらの作品との対比も楽しみだった。
    折しも、大徳寺聚光院の特別拝観で「花鳥図」を観たばかり。以前「洛中洛外図」「楓図」も観た。
    芸術職人集団の大組織率いるリーダーと、絵師永徳個人との葛藤と苦悩が読んで辛いほど。等伯への激しい嫉妬がありながら、認めたくない自身を、統率者として狩野派を肯定する事で隠す。本当はもっと自由に、楽しく、新しい世界に、挑戦したかったのだろうな。
    ストイックに自分を追い詰めている姿は、絵を観る人の場所がない、と言われた永徳の絵そのものなのか?しかし、狩野永徳あっぱれ!と思わずにいられなかった。
    山本氏の作品は初めてだったが、素晴らしく熱のこもった作品だった。若くして亡くなられた事が大変残念です。

  • 狩野永徳の絵師としての生涯。描くことへの執着と自分への過信、そして情熱。長谷川等伯との確執に至る絵画観の根本的な差違。芸術論であり人間論でもある狩野永徳の一代記。絵のなかに鑑る人の空間を作る必要があるか否か、描く姿勢が真剣過ぎて鑑る人を疲れさせないか、描くことが楽しくて仕方なくそこにしか生きている実感を感じられない等々、絵師永徳の本領を山本兼一が存分に表現している。

  • 江戸時代の絵師・狩野永徳。狩野派の工房を背負う葛藤と苦悩。そして描くことへの喜び。

    等伯への激しいライバル心と嫉妬心。自由に描きたいと思いつつも、伝承され続けてきた狩野派としての基礎は崩せないし、責任もある。まったく共感できない人ではあるけれど、絵にとらわれていたのか、絵を自分のものにしていたのか、苦悩に充ち満ちていたんだろうなと、ある意味気の毒になってしまった。
    それにしても火事や戦乱の多い時代。どれだけの宝が燃えてしまったことか。もしも永徳の作品がもっと残っていたら、永徳は狩野派以上の絵師として、後年は祖父、曾祖父以上にもっと評価されていたのかもしれないな。

  • 17/02/08。
    阿部龍太郎さんの『等伯』を探していたが、在庫がなく、アマゾンをいじっていて、たまたま見つけた。先に永徳を読むことになる。

  • いっしん虎徹もそうだったが、著者の主人公は思い詰めて激情に駆られる、心力が迸るような描写が引き込まれる反面、読後感にぐったりするような感覚がある。
    この後、未読の「等伯」を読んで見たくなった。

  • 永徳と等伯の、なんだろう? 分からない。

  • 一気読み。
    永徳が描くことを止められないように、その勢いに巻き込まれる感じで止められなくなった。
    思い描いていた永徳像を裏切らない。
    気力を尽くして描き、生きるその様が、とても苦しく悲しく、とにかく疲れた。

    才を持って生まれてしまった人の業。ただただ壮絶。

    これだけ身を削らなければならなかったのか。
    そうでなくては描けなかったのだろう圧倒的な画。
    そうまでして作り上げたものの悉くが、灰燼に帰してしまうその運命はあまりにも悲しすぎる。
    時代とは言えもっと、後世に残っても良かっただろうに。見たかった。

    等伯夫妻の登場でより深く、暗く、画業に囚われていく心理が鬼気迫る。
    何度も打ちのめされ、それでも屹立する強さは、もう異常。
    最期の最後まで画の苦しみと喜びに夢を見る。

    読み終えても満足はできない。心が締め付けられる。
    でも、これも一種の感動なのだろう。

  • 狩野永徳の一代記。書きたいものと書かなくてはならないものとの葛藤。一族を背負う重圧。長谷川等伯への嫉妬。とかく人の世は生きにくい。

  • 直木賞受賞作『等伯』の前にこちらを読む。

    どの時代にもライバルというのはつきもの。あってこそお互いに磨きがかかる。
    また逆もあったりするから面白い。

  • 最初はあんまし面白くないなぁ、と思ってて。
    何故かとよく考えたら、主人公家柄にも才能にも恵まれ、最初から順風満帆。みんなに尊敬されて、目上にも可愛がられてなにかと引き立てられる。
    そんな話、誰が読みたい?

    面白くなるのは、長谷川等伯が出てきて、嫉妬で非常に狂ってくるあたりから。

全20件中 1 - 10件を表示

花鳥の夢 (文春文庫)のその他の作品

花鳥の夢 (文春文庫) Kindle版 花鳥の夢 (文春文庫) 山本兼一
花鳥の夢 単行本 花鳥の夢 山本兼一

山本兼一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

花鳥の夢 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花鳥の夢 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花鳥の夢 (文春文庫)の作品紹介

狩野派を引き継ぎ変革した天才の生涯安土桃山時代。権力者たちの要請に応え「花鳥図襖絵」など、次々と新境地を拓いた天才画家・狩野永徳。芸術家の苦悩と歓喜を描く。

ツイートする