藝人春秋 (文春文庫)

  • 170人登録
  • 4.08評価
    • (19)
    • (33)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 水道橋博士
  • 文藝春秋 (2015年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167903510

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
又吉 直樹
ピエール ルメー...
朝井 リョウ
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

藝人春秋 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 東国原英夫 慶応通信制 ビートたけし殺人事件 文武平等 ハンドボールでインターハイ ゴルフシングルプレーヤー 政経学部 高田文夫 ラモス瑠偉と桜樹ルイ 割れたガラスの破片 慚愧 母を妾とし、破天荒な人生を歩んだ父 父親探し チョウザメブリーフ どげんかせんといかん 石倉三郎 畳み込んで行くそのスピードとリズム感。センスの良さと時代感覚の鋭さ。使い古したような昔風の台詞でも、決して色褪せて見えないお洒落さ、粋さ。 深見千三郎 愛甲猛 西新宿のマンション 山梨の甲府の闇カジノでルーレットを廻してたことがあってね 門前仲町深川花菱 甲本ヒロト 十四才 向こう側への線 草野仁 そもそも、あの胸囲が''ザ・ワイド''だからね!」 ベビーフェイス(善玉)のムーブ(言動) シュート(真剣勝負)セメントマッチにも強い 行った所がカザフスタン、つまり中央アジアですよね。向こうにテンザン山脈が見えるというアルマータっていうところに連れて行かれましてね、そこで来る日も来る日も重労働を3年半… 神輿に乗って 瓦 手刀一閃 たけ師とひと師 長崎県島原市 古舘伊知郎 博士の従来のルポライター体質が覚醒 質問の千手観音 人より心が冷たい ''日本語の異種交配''とも言える比喩のミルフィーユ 言葉の求道者 伊知郎とイチロー。冷め切った感情、それが当たり前であるかの如く興奮は見せぬまま淡々と喋り続け打ち続け、観客の過去への郷愁は許さない。 鶴見に生まれしひとりの男の子 真面目なトーンで違うことを言うのが面白い 沈むなよ 橋本真也34歳、小川直也に負けたら即引退スペシャル 言霊溢れる過激実況の真骨頂を 三又又三 おれは直角 小山ゆう 坂田亘 三又竜馬は自分の夜明けを待っている 堀江貴文 江川卓を彷彿させた 下馬の一軒家 だって竜馬の亀山社中って日本のベンチャー企業の先駆けでしょう 岸部四郎の気持ち 湯浅卓ゆあさたかし 国際弁護士 ロックフェラーセンタービルを売った男 神はディテールに宿る筈だ 妄言をアクセル一杯に吹きまくる 傲慢無礼な態度 連獅子れんししの毛振り エリマキトカゲの悲哀も感じさせる 神はディテールに宿るはずだ 苫米地英人 ロックフェラーセンターを買った男 イェール大学 三菱地所 それは上の方で大筋合意してからテクニカルな弁護士同士の話になんでしょ 絵に描いたような「とっちゃん坊や」真贋しんがん ジミヘンならぬジマン止まららヘン状態で語った 上智大学 本物のディベート''弁論の格闘技''を持ち込んだ張本人でもあると自称する 上祐より俺の方が上流と、格の違いを強調し、かの尊師より尊大に振り返った。 ネタの繰り返し、お笑いでいうところの「テンドン」も忘れない。 「彼らが理解できればね!」決め台詞がカッコよすぎる! テリー伊藤 こうかくあわ口角泡を飛ばす舌鋒ぜっぽう ラテンの次はテキサスだ 「でもさぁ。俺だけは、たけしさんの哀愁以外だけを演出したいんだよぉ!」 斜視の矯正手術 ポール牧 訃報ふほう 指パッチン 邂逅かいこう ポールのポールにパールが入っていたわけか! 鷹揚おうよう ルポライター吉田司 甲本ヒロト 立川談志 輪廻転生 太鼓持ち 鴎のジョナサン 落語の一席は多くの場合、「導入→本題→オチ」の三つで成り立っています。この“導入”部分のことを、「マクラ」といいます。和歌なんかに出てくる「枕詞」のまくらです。高座にあがっていきなりストーリー突入では、聞いているこちらもちょっと味気なくてつまらない。はじまりのちょっとした時間で聞いている人の気持ちをグッとつかむ。それがマクラの役割です。さらに落語のマクラのすごいところは、時にそれが後の本題への伏線になってたりすること。そして噺家さんによってはお客さんのマクラへの反応を見て、高座の上でその日の演題を変えてしまうことも。... 続きを読む

  •  何気なくテレビで親しんでいた人が実はとんでもない人物であることを知らされてびっくりする。とても面白い。特に石倉三郎さんと古館伊知郎さんは前から好きだったので楽しかった。びっくりしたのは稲川淳二さんだ。表に出さないけど重たいものを背負ってへらへらしているのが最高にかっこいい。

     若林さんの解説も素晴らしかった。

     水道橋博士さんはビートたけしさんに心酔し、弟子入りし、弟子となった後も変わらぬ思いで師匠を慕っており、そういう感じがすごくいい。オレは人にも作品にもあんまり心酔したことがない。漫画など創作には強い興味があり、特定の何かに執着するのではなく、広くいろいろな作品に親しみたいという思いがある。水道橋博士さんに比べるととても浅い。しかしそもそも人付き合いが苦手なので、本当にどうしようもない。

  • 水道橋博士の目から見た面白い人たちの裏話。各人への愛情が感じられ、一気に読めた。オードリー若林の解説も良かった。

  • 「藝人」という特殊なジャンルを、インサイダーの立場から描いた一冊。

    博士が扱うだけあり、どの人物もコクがあり、とても読みごたえがあった。
    そして彼が文章畑の人間だということを感じた。

  • 読書家でもなんでもない私ですが、面白い本と、そうでない本と2つに感想を分けるとしたら、本書は圧倒的に面白かったです。
    職業は関係なく、尖った人との会話・繋がりをベースに、著者の分析、考え方がストレートに綴られています。
    「生きた言葉」の力は凄まじいです。教えられました。

  • 水道橋博士の人物評。
    東国原英夫、ビートたけし、甲本ヒロト、松本人志など、そうそうたるお笑い芸人を博士の視点で書かれてある。
    どれも面白いが、抱腹絶倒なのは、三又又三の話。
    芸人としての本人は、笑ったことがないが、すべらない話で松本人志が取り上げることも多い三又。
    やっぱりすごい人なんだと思う。
    オードリー若林の解説も面白く、この人が本を書いたら読んでみたいと思った。
    芸人になるような人で、味のある人たちには、既存の教育制度に適合できず、お笑いの世界で初めて他人から承認されたような人も多いのだろうと想像した。

  • たけしとひとし、よりヒロトとの関係性を伝えたいよーに感じた。

  • 稲川さん・・・知らなかった、逸話

  • 意外にもオードリー若林のあとがきが一番うるっと来た。

  • 昭和の芸能の世界で生きる人々を水道橋博士という異才が書き上げた本。面白い。
    古館伊知郎が報道ステーションを辞めるということで、この本を思い出した。
    古館が報道ステーションをやるまえのことが、軽妙な語りぐちで書かれていて、彼がまたバラエティー番組に出るのかと思うと末恐ろしい。言葉の洪水が。

    一番面白かった、笑いをこらえたのは草野さんの章。電車の中で読みのはきつかった。

  • 各エピソードに後日譚があるが、それをもってしても古いので、これは単行本のホットな時期に読むべきだった。

  • 水道橋博士のエッセイ お笑い芸人が書いたとは思えない骨太な文体が印象的。

  • 石倉三郎やたけしが本当にかっこいい。自分に身につくようにまた読みたい。

  • 面白さにかなりばらつきがあると思った。紹介している人が面白ければ面白いし、そうじゃなければ面白くない。甲本ヒロトとポール牧が面白かった。

  • 天才とは、「過剰なもの」ということを認識できる本。その「過剰さ」にめまいを覚えつつも、一気に読んだ。
    松尾スズキは著者の中で、「空白に耐えきれなかった人間が土器に模様をつけ、壁に絵を描き、芸術が誕生した」(思い切り意訳です)と書いていた。
    何故、人間の進化の過程で芸術や芸能が誕生したのだろうか。そこには、空白に耐えられず、「過剰さ」を持て余し、表現せずにはいられない人間の存在があるような気がする。

  • 皆さんがめちゃめちゃかっこいい!博士の表現が素晴らしすぎました!
    有吉の帯の言葉、「困るんだよなぁ…、あのクズ野郎のことで泣きそうになった。」がピタリと来ます。この言葉もってこれる有吉もさすが!

  • 1人1人の物語の濃度が濃ゆい。
    おそらく盛ってる箇所も多分にあるだろうけど。
    やっぱり芸能界って尋常ならざる人々が集まる異常な世界なんだと思う。

    「出会いに照れるな。」良い言葉だと思う。
    若林さんの解説、というか独白めいた文章も素晴らしい。物語の大小ではなく、自分だけの物語を。

  • 名著「お笑い 男の星座」に続く、芸能界の巨星・怪人・名人たちの物語。
    芸能界とは普通じゃない人たちで成り立っている。その普通じゃない世界に、私たちは憧れて羨望し、勝手な想像で芸能人を語り合い、娯楽の提供を受けている。綿谷りささんの「夢を与える」を合わせて読むと、芸能人の普通じゃなさがより理解できると思う。
    本作品では「2013年の有吉弘行」が、最も普通じゃない世界を表していると思う。

  • 芸事とかクリエイティブな仕事に就くと、まず自分の好きな表現スタイルを模倣しようとするじゃん。その模倣のレベルのチャンネルを一つ変えるんだぁ。例えばギタリストがギターを持って『アイツの鳴らしたあの音を自分も鳴らしたい」って思っちゃもうダメなんだよぉ。アイツがあの音を鳴らした時の〝気持ち〟をコピーするんだよ。衝動を。そうやっていくとオリジナルで一生現役でいられるんだぁ。

  • 文章化されているのに盛られてる感が少ないのは、対象者と自身を相対化できているからなんじゃないか。そこを気にする必要のない飲み屋談義でこんな聞いたら100倍面白いだろうな。

  • 文庫化されたので再読。

  • 居酒屋で聞く、そこにいない人のエピソードっておもしろくないわけないじゃないですか〜。そこに悪口を混ぜて悪ノリでおもしろくするかしないかで、話し手の人間性がでてくると思うのですが、本作は圧倒的な愛情にあふれた水道橋博士の人間関節日記というピッチです。あたかもその人とシンクロしてんのかと思うほどの、内面描写ですが、書き口が愛情にあふれた第三者視点なのと、エピソードの構成が圧倒的にエンターテイメントとして質が高いので、後味も爽やかで、悪口を聞かされて、疲弊する感じはまったくなく、一気に読ませる勢いがあります。

    おもしろかった!

  • 稲川淳二さんの章だけでこの本は成り立ってる。
    他の芸人は推してはかるべし。

  •  お笑い男の星座からしばらくして、少し慣れたせいかより面白くなっていた。世代もそれほど離れていないせいか、随所のダジャレもしばしツボにはまる。しかし終盤で、がーんと一撃を食らう。

  • 昔から、水道橋博士は文才があると思っていましたが、本作に於いてもその力量は衰える事がありません。様々な芸能人にスポットを当てた内容に、「芸能界」と言う未知の世界を少し知りえる気分に。そこは、テレビで見る姿と言う物は幻想なのか。

全28件中 1 - 25件を表示

藝人春秋 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

藝人春秋 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

藝人春秋 (文春文庫)の作品紹介

北野武、松本人志、爆笑問題……最強の藝人=日本人論北野武、松本人志……今を時めく芸人を鋭く愛情に満ちた目で描き、ベストセラーとなった藝人=日本人論。有吉弘行論を特別収録!

藝人春秋 (文春文庫)の単行本

藝人春秋 (文春文庫)のKindle版

ツイートする