孤愁〈サウダーデ〉 (文春文庫)

  • 21人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 文藝春秋 (2015年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (727ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167903626

孤愁〈サウダーデ〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近年まれにみる傑作。モラエスを心の奥底まで探るように描いており、とてもすばらしい本だ。モラエスについて勉強したくなった。

  • 【未完の絶筆を息子が書き継いだ評伝・モラエス】急逝した父・新田次郎の無念を晴らすべく、息子・藤原正彦が完成させた評伝。明治のポルトガル人モラエスが見た日本の美と誇りとは。

全2件中 1 - 2件を表示

新田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
又吉 直樹
トマ・ピケティ
宮部 みゆき
ピエール ルメー...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

孤愁〈サウダーデ〉 (文春文庫)はこんな本です

孤愁〈サウダーデ〉 (文春文庫)の作品紹介

「父が精魂を傾けながら絶筆となってしまったこの作品を、必ずや私の手で完成し父の無念を晴らすつもりだ」――その公約を果たすためには、30余年の歳月が必要であった。本書は、「孤愁(サウダーデ)」を毎日新聞連載中に新田次郎氏が急逝、未完に終わった作品を息子である藤原正彦が書き継いで完成させた。ポルトガル人ヴェンセスラオ・デ・モラエスの評伝である。「孤愁(サウダーデ)」とは、「愛するものの不在により引き起こされる、胸のうずくような思いや懐かしさ」のこと。軍人で、外交官で、商人で、詩人でもあったモラエスは、在日ポルトガル領事もつとめた。日本人のおよねと結婚、およね亡き後は妻の故郷である徳島に住み、その生涯を終えた。あまり知られていないが、モラエスの遺した詳細な日記や日本を題材にした作品が、日本の素晴らしさ、日本人の美徳を世界に知らしめ、「もう一人の小泉八雲」といわれている。精緻で美しくも厳しい自然描写の新田次郎ファン、日本人の誇りと品格を重んじる藤原正彦ファン、双方の期待に応える一冊。(文庫解説・縄田一男)

孤愁〈サウダーデ〉 (文春文庫)のKindle版

ツイートする