働く男 (文春文庫)

  • 1567人登録
  • 3.59評価
    • (61)
    • (122)
    • (124)
    • (34)
    • (3)
  • 126レビュー
著者 : 星野源
  • 文藝春秋 (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167904524

働く男 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • なんか色々と刺激された。「歌う男」の所はちょっと読み飛ばしたけど、後で曲を確認しながら読み返したい。普段、仕事のスキル・幅も伸ばしていきたいなーと思うけど趣味も同様だなと思った。割と多趣味なつもりでいたけど、ペラペラだと気付かされた。1日で読み終わった本なんて文庫本で初めてかもしれない。自分の性とタイミングに合う本でした◎

  • カテゴライズについての話は納得できました。観てみたい映画も発見しました。読んでよかった。
    「自分が働くこと」について、もっと考えた方が、きっと面白いだろうなと思いました。
    倒れるまでとは言わないけれど、自分に、自分がやっている仕事に、自分が目指している「もの」に、もっとひたむきになります。

  • 星野源とは,こういうニンゲンなのです。

    星野源には様々な顔がある。しかし,その活動のどれもが彼の仕事であり,こだわりがある。このエッセイでは,彼のこだわり,仕事を楽しんでいる感じがよく伝わってくる。働き続けることをアイデンティティとしていた昔,「働きたくない」と書く今。それは,忙しくたって楽しく働き,休むからこそ仕事に力を注げるということを知ったから。みんなが働くことについて,そういう風にできればいいのに。

  • ダヴィンチで連載している「いのちの車窓から」も読んでいたので、本当に仕事への姿勢が違うな、と驚いた。若い、というのもあるけれど、とがっている。意外に熱い男でもある。先輩に「星野源って本業はミュージシャンでしょ。福山雅治といっしょだよね」と言われ、なんか違う…と思ったのを思い出す。

  • 星野さんの映画感想と、又吉直樹さんとの対談がとてもよかったです。ほんとこの人どこまでもかっこいいわー。

  • 一気に読んでしまうというのでは無く、思い立ったときにちょこちょこと読んだ感じ。映画の『キツツキと雨』最近偶然に観て、エンドロールの曲を聴きながらあれ?星野源だ…と気付いたばかりでした。わりと面白かった。

  • 正直な人だと思う。
    文章も芝居も才能がないと言われたけど、
    好きだからやる。
    この感覚にはとても共感する。
    酒はもともと弱いし賭け事も嫌いだけど女には行く…なんてサラリと言ってのけるところなんかもやっぱり正直だと思う。
    しかし、男子更衣室での会話を盗み聞きしてしまったような居心地の悪さがある。

  • 2017/03/11
    笑えるシモネタ

  • 音楽家、俳優、文筆家として活躍する星野源の解説本。映画評論、又吉直樹さんとの対談や、サケロック時代からこの本を出すまでに出した曲達の解説などと、バラエティ富んだ内容になっている。

    読む前はあっさりと読めるもんだと、何となく思っていたけど、案外刺さるというか、こういう考え方あるのかと思わされるところもあり、色々と参考になるし、やっぱりこの人ただの変態じゃないと、再確認出来る

    星野源って(良くも悪くも)、普通の人っぽさ的な、そんな印象の中に変態の要素が含まれていて、そういうところが魅力的なんだろうなと思ってたんだけど、影ではやっぱり、死ぬ程仕事、努力、または苦悩していたんだなぁと読んで思ったし、逆に、復帰後には、仕事を死ぬ程楽しんでやるぜ 笑 って
    考えになった印象受けて、何か星野源らしいというか、人気者の由縁が少し分かった気がする

    仕事で悩んでいる人達や、視野を少し広げてみたいって人達にはお勧め

    書くことと同様、高校生のときから「星野くんに役者の才能はないよ」と言われ続けてきました。でもやるんです。好きだから。199p

  • 働く男が働きすぎて倒れるまでの記録。
    今を時めく星野源が、スターダムへ上がるプロローグ。

    この人の事を知ったのは「フィルム」というシングル曲だったけど、その前から随分多彩な活躍をしていたらしい。無知でござった。

    個人的には星野源は大好きだ。エリートでもない、イケメンでもない(近年の塩顔ブームにうまく乗っかれたが)。子供の頃の根暗を克服し、音楽に役者に奮闘する。

    そんな等身大感がとてもいい。
    そんな等身大な働く男の、徒然草。

  • 発売当時(2015年)は店頭で気になったけど買わなかったのに、今になって即買いした本です(笑)

    映画コラムがメインでページ割いてるんだけど、文章が面白いから、その映画に興味なくてもすいすい読める。
    こんな文才欲しかった…!
    源さんやSAKEROCKの音楽を聞いてみたいなと思った。

  • 本という形にこだわらず、内容もごちゃごちゃしてるけど面白かった!

  • 紅白での一曲しか知らなかったので、ほんとによく「働いて」いたんだなぁ、とこの本を読んで知りました。
    大病だったのに、無事に仕事ができて、よかったですね。
    新しいいのちを、楽曲に込めてほしいなぁ、と感じます。

  • 自分にとって2冊目の星野源。相変わらず文章がスルスル入って来るので読みやすい

  • これはファンにはたまらないだろうな。
    でもこれがたまらない!と思えるほど星野源を知らなかった。普通のエッセイかと思ったので読み始めたらちょっと違う。
    エッセイが好き。

  • 「好きなものは好きと 言える気持ち抱きしめてたい」

    と、マッキーは歌ってたけれど、これがなんとも難しい。好きだと思っていることも、実は「これを好きと言ったほうが、まわりからよく思われそうだな」という、他人本意の動機からきていたりする。

    たとえば、周りがみんなトイプードル好きだからわたしもトイプードルが好きだ、というのも、いやいや周りがトイプードル好きだからこそわたしは柴犬を選ぶのよ、というのも、他人しだいで考えているから、ほんとうの意味で好きなものを好きと言えてることにはならないんだと思う。

    ほんとうに自分が心から好きなものごとを「好き」と言うには、周りにながされず、自分に正直でいることが必要で、これがなかなか難しいのだ。

    この本は、音楽、文章、演劇と多岐にわたる星野源さんの仕事を自ら振り返るエッセイ。どの分野でも貫かれている「おれ、これが好き!ほかの人がどうだろうとこれな好き!」という、すごくピュアな感情が溢れていて気持ちいい。

    とくに、エッチなことが好き!とこれだけおおっぴらに言えて嫌味じゃないのは、福山雅治か星野源くらいじゃないでしょうか。ほんとは男なんて99%、エッチなことが好きなのにね。

    日本には(と一般化するのは雑すぎるかもしれないけど)好きなものを好きと言いづらい空気感があるのかもしれない。そうじゃなかったら、マッキーもあえて歌にすることもなかったはずだ。だからこそ、好きなことを好きと言える星野源さんは、素敵に輝いて映る。

  • 著者の星野源さんは俳優と言うイメージがあったが、ミュージシャンでもあるし、エッセイストでもあるというマルチな活躍をしている人とは知らなかった。

    これはどこかの雑誌で連載している映画(DVD?)のレビューがメインだがそれ以外にも、エッセイや対談などが載っている。

    浦和の伊勢丹が出てきたりして、あんなことろに行くんだ。と元浦和市民として新鮮に驚いた。

  • 「そして生活はつづく」に続き、星野さん二冊目の本。
    1冊目よりも、企画的章だてになっていて
    なかでも雑誌ポパイに連載されていた
    「ひざの上の映画館」という
    映画レビューコラム(エッセイに近い)が半分ほどを占めている。
    映画が好きなので何作か「見てみたい!」と思うコラムもあり、
    私の好きな「英国王のスピーチ」のコラム記事があって
    思わず(そう!そうなんですよ!)と首をぶんぶん縦に振りながら読んだ。
    また「急須」という星野さん作のショートストーリーや、ギターコードがゆるーく書かれているページ、音楽活動の振り返り、又吉直樹氏との対談、などなど盛りだくさん。
    「そして生活はつづく」の時の爆笑、とまでは行かなかったけれどやっぱり笑ってしまうし、
    星野さんが書く文章は星野さんの声で再生されてしまうから不思議。
    本当に話しているように書かれている。
    ような気がする。
    モニカ病コラムが一番好きです。
    (ぴったんこカンカンでも見たので笑)

  • 「働く男」 星野源
    -----------------------------
    音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、出演作の裏側ほか、「ものづくり=仕事」への想いをぶちまける。文庫化にあたり、書き下ろしのまえがき、ピース又吉直樹との「働く男」同士対談を特別収録。
    「BOOK」データベースより
    -----------------------------

    星野源の本です(^∇^)
    相変わらずいい人感満載だ〜。

    この本はなんか色々ごちゃっと混ぜちゃったような本でして(笑)。
    雑誌ポパイで連載してた映画について語るエッセイ的なものがあったり、
    過去に書いた短編小説が載ってたり、
    自分が出した曲について語ってたり、
    出演した映画や舞台についての年表みたいなのがあったり、
    対談してたり。
    そんな感じの本です。

    本人っぽさが一番でてるのは、映画評と又吉さんとの対談かな〜。

    又吉さんの「第2図書係補佐」(本の感想を集めたような本)と似てて、作品についてゴリゴリ説明する感じではないのよね。(半分か1/3くらいは作品についても説明してるけど。)
    作品の根っこの雰囲気を切り取って別の要素をもってきて伝えてる感じ。
    でもちゃんと雰囲気わかるし、下手に作品を評論するより観たいかも、と思わせられる。
    映画、特に洋画なんてほぼみないけど、人にうまいこと勧められちゃうと観たくなりますね。

    興味深いなーと思ったのは、この本の執筆前後の星野源の心境の変化。

    星野源はこの「働く男」を執筆して書き上げた直後にクモ膜下出血で倒れたそうです。
    本にも書かれてますが倒れるまでは「死ぬまで働いていたい」と思っていた人なんだって。
    この本のタイトルもそういう思いで「働く男」とつけたんだそうです。

    でも、本を書いた直後に倒れて、それこそホントに死ぬかもしれない事態を経験したら、「働く」に対する思いも変わったんだそうです。
    文庫のまえがきとあとがきにそういうことが書かれてました。

    死ぬ思いなんてしたくないけど、こないだ読んだ「サードメトリック」の著書も過労で怪我してから働き方や生き方について別の考えを持てるようになったんですよね。。
    死にそうになって開眼する何かがあるのか、
    逆に、死にそうにならないと根っこから考え方を変えるってことは難しいのかもしれない。人って頑固ね。。。


    星野源、とってもいい人そうな人柄が本を読んでても伝わってくるんだけど、女の子大好きでもあります。
    気になるのはこの「いい人」と「女の子好き」は果たして両立するのだろうかという点。。。
    この本では「俺はモテないし、モテる才能がない」とか言ってますけど、逃げ恥ブームで、いまやかなりの時の人ですよ!星野源に抱かれたい女子達がワサッといるわけです。
    例えば今、仮に、一般人の彼女とかがいたとして、数多の女子たちが「源さん、源さん」と寄ってきたとき、「いやーオレ彼女いるんでゴメンね」と言ってちゃんと断る誠実さをもてるものなのだろうか。。
    二股とかかけちゃうのだろうか。。。

    人にはいろんな角度から見た「誠実」さがあって、「仕事は誠実だけどオンナには不誠実」とか「会社では誠実だけど家族には不誠実」とか実際あるんだと思うんですよね。
    で、注目される人って全方位で必要以上の誠実さを求められると思うんだけど、メディアや本の中から伝わってくるいい人さを、そういう女性関係方面でもちゃんと発揮できるものなのかしら。
    もうただのファンの気持ちですけど、やっぱそこは誠実であってほしいわ〜〜。そんな場面でも誠実な対応できたりするなら、もう彼のいい人感はホンモノだわ〜〜。

    ワタクシ的名言
    ------------------... 続きを読む

  • 星野源さんにドはまりしたので、勢い余って大人買いした本の1冊。最初に読みました。この本の入稿後に、病気で倒れてしまったらしく、文庫版の最初には星野さん自身がこの本を改めて読んだ感想なんかも書かれている。

    ちょっとしたエッセイと、ポパイで連載していた映画のコラムと、短編小説、星野さんが作った曲の解説に、星野さんを支える55の事柄、そしてピース又吉さんとの対談。

    こうして羅列してみると、書きたいものを書いたんだなーとか思って本の帯にもあったけど「すごく変な本です。」という星野さんの一言もわかる気がする。

    軽い気持ちでするすると読める一冊なのだけれど、その中の一言、
    「いつか、才能のないものが、面白いものを創り出せたら、そうなったら、才能のない、俺の勝ちだ。」
    という言葉がすごく印象的でした。

    誰しもが才能に溢れてる訳ではないのだけれど、「これをやろう」って決めて突き進んでいけばいつか必ずできるようになる、そう思わされました。

    間違っていたら申し訳ないですが、この本の中に「努力」という言葉は一言も出てこなくて、星野さんはあらゆることを努力と思って行ってるのではないのだろうなと思いました。

    個人的に努力という言葉は嫌いではないけれど、ちょっと堅苦しく思うこともあるので、
    「才能があるからやるのではなく、才能がないからやる、という選択肢があってもいいじゃないか。そう思います。」という言葉にも少し気持ちが軽くなりました。

    また時間を置いて煮詰まっている時にでも読みたい一冊です。

  • よくわからなかった
    映画の書評は良かったけど飽きた

  • 日々の生活の随筆的なもの。気軽に読める。

  • 「そして生活はつづく」が面白かったので、こちらの作品も読んでみた。「そして生活~」より、著者の嗜好などが細かく書かれていて、ファンにはたまらない本だという印象。映画をこよなく愛し、そこから感じ取ったことが書かれていたり、CDではインディーズ時代のエピソード、曲のタイトルも面白いなと感じたり。逃げ恥の印象が強いが、様々なドラマや映画、舞台に出演されていて、演技の幅も広いと感じる。又吉直樹さんとの対談が面白かった。印象深かったのはマルチな活躍により、肩書きがわからなくなるエピソードである。

  • なんか、ちょっとおもってたのと違った

    あと、ひとつ言えることは
    かなり昔に書いたらしきショートストーリー【急須】については、何でこれが絶賛されたのか?と疑問、まるでおもしろくなかった

    又吉との対談、イラスト、紹介されている映画がちょいちょい気になるものがあった
    というところだけで★2つのこの評価

全126件中 1 - 25件を表示

働く男 (文春文庫)に関連する談話室の質問

働く男 (文春文庫)に関連するまとめ

働く男 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

働く男 (文春文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする