教科書でおぼえた名文 (文春文庫)

  • 46人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (2)
  • 3レビュー
制作 : 文藝春秋  文芸春秋= 
  • 文藝春秋 (2015年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167905224

教科書でおぼえた名文 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たまにはこういう文章を読むのもいいかも、、、

  •  小中の教科書掲載の名作を厳選。金田一京助のよい文章とは、という序文からはじまり、谷崎潤一郎、柳田国男、夏目漱石、正岡子規などの名作がならぶ。
    改めて読んでみて、文章の奥深さを感じることができる。夏目漱石の坊っちゃんは、まさに流れるように言葉が入ってくる。森鷗外の安寿と厨子王は言葉に力がある。人間らしさや、人について考える機会を教科書は与えてきた。子供の頃、そんな風に読んだことはない。それはそれでいいのかもしれない。押し付けるものではなく、空気のように自然に身体に染み込んでいく。
     よい文章とは、言い足りないところを書き換え、なくてよいことばはできるだけ削り、磨き上げたものに、ものの見方、考え方が深く、知識、感情が豊かであること、そして誠から出た文である。改めて素敵な文章を書こうと思える名作を、昔は読んでいたんだなと思う。

  • 【漱石、外、教科書で読んだ名文が蘇る】神々の神話から、王朝文学、明治の文豪たちの名作など、小説や随筆、古典まで、教科書でおぼえた懐かしい名文たち32篇が勢ぞろい。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
エラ・フランシス...
米澤 穂信
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

教科書でおぼえた名文 (文春文庫)はこんな本です

教科書でおぼえた名文 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教科書でおぼえた名文 (文春文庫)の作品紹介

漱石、鷗外、教科書で読んだ名文が蘇る神々の神話から、王朝文学、明治の文豪たちの名作など、小説や随筆、古典まで、教科書でおぼえた懐かしい名文たち32篇が勢ぞろい。

ツイートする