みちのく忠臣蔵 (文春文庫)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 梶よう子
  • 文藝春秋 (2016年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167906160

みちのく忠臣蔵 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本作は、“騒動”の当事者以外を創作して主要視点人物に据えてみたことで、何か「現代の色々な出来事と、当事者以外の圧倒的多数の人々が考える、または考えるべきこと」というような“拡がり”を得ているのかもしれない。
    全般的な内容も、何か考えさせられるのだが、本作に関しては「活写される1810年代」というモノが興味深く、愉しい。旗本は随意に旅行が出来るでもない立場であったことから、旅への憧れを募らせている光一郎は、その時代に出回り始めている“地誌”的な書物の愛読者である設定で、蝦夷地を巡る情勢に関して綴られたモノにも触れる場面が出て来る。そういうのも面白い。更に言ってしまえば、「鳥取の松平家が蝦夷地との商売に挟まって収益を上げようとしていたところ…」という、1810年代辺りにはそれなりに拡がり、深まっていた“交易”が物語の背景に入っているのが興味深かった…

  • 相馬大作のことを第三者が見た視点で書いているのですが、確かにこの切り口であれば、ドラマチック。忠義の塊のような大作が、時代の中で信念を貫き通せるか、そのせめぎあいが、時にスリリングであり、時に切ない。現代の出身地に住まうものとして、やはりこれは外せない本。

  • 相馬大作のことを第三者が見た視点で書いているのですが、確かにこの切り口であれば、ドラマチック。忠義の塊のような大作が、時代の中で信念を貫き通せるか、そのせめぎあいが、時にスリリングであり、時に切ない。現代の出身地に住まうものとして、やはりこれは外せない本。

  • 【いま大注目の作家の力作長編!】旗本の光一郎は、友が盛岡・弘前両藩の確執に絡み、不穏な計画を立てていることを知る。主への忠義と己の信義を貫く武士の姿を描く。

全4件中 1 - 4件を表示

梶よう子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みちのく忠臣蔵 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

みちのく忠臣蔵 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

みちのく忠臣蔵 (文春文庫)の作品紹介

いま大注目の作家の力作長編!旗本の光一郎は、友が盛岡・弘前両藩の確執に絡み、不穏な計画を立てていることを知る。主への忠義と己の信義を貫く武士の姿を描く。

みちのく忠臣蔵 (文春文庫)のKindle版

みちのく忠臣蔵 (文春文庫)の単行本

ツイートする