死神の浮力 (文春文庫)

  • 2213人登録
  • 3.80評価
    • (124)
    • (319)
    • (193)
    • (23)
    • (6)
  • 208レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 文藝春秋 (2016年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167906474

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

死神の浮力 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 死神シリーズやはり面白い

  • 落ち込んでいても、新しい本を手にしたらちょっと笑えた。
    そばにあるだけで少し元気が出る。
    そんな本に出会える幸せを味わえる作品。

  • 前作「死神の精度」は、いくつかの短編で、各編、死に直面している?人々と、死神の千葉さんの「仕事」を描いた話だったが、今回は1人の人の1週間。

    娘を殺された山野辺夫妻と、死神の千葉さんは、逮捕されて無罪判決を受けた犯人を追う。マスコミに囲まれる夫妻の家に、自然に入り込んできて、会話をして、これも死神の成せる技なのか。

    今回、死神についての解説は特にない。「CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない」(『死神の精度』より)これはもう暗黙の了解で良かったのかな。読んでるうちに思い出したので引っ張り出して再読してみた。ミュージックてすね。

    幼い頃から死を恐れていた一般の人間の山野辺さんと、死神の千葉さんとでは考え方が対局であることには間違いないのだが、サイコパスとは。耳(というか目?)にはしていたが詳細には知らない言葉だった。

    千葉さんの以前の仕事や、同僚・香川さんの仕事などが絡み合って複雑に思えた事件が、少しずつ解決していく。そして今回試みのあった「還元キャンペーン」。死神の世界にもそんなのがあるのか。これが意外な結末。

    一人称は山野辺さんと千葉さんと、あちこち変わるのだが、それも違和感がない。そして最終章、また別の仕事に向かう千葉さんの姿を見る人につながる。


    ちなみに千葉さんは、いつ頃の仕事から記憶にあるのでしょうね。何百年この調査員の仕事をしているのかも気になるところだけど。

  • 前作よりも好き
    読む前はページ数が多くて読むのが大変かと思ったけど、読み始めると面白くてすぐに読み終えた

  • 無愛想で生真面目な千葉の言動が、山野辺夫婦を沈み切っていた沼から何度も引き上げる。

    人間の強さと弱さを浮き彫りにしながらも、ユーモアなキャラクターでシリアスにはならず。傑作。

  • サイコパスと分類される他人を苦しめることに抵抗ない男と、その男に娘を殺された夫婦、そして死神の物語。
    前作、死神の精度の続編であるが、こちらのみ読んでももちろん楽しめる。
    人間臭さを全面に出しながら復讐を試みる両親の引き込まれるような物語の中に、人間の感情には全く疎いが憎めない死神千葉さんの奇想天外な言動が、絶妙なハーモニーで、読み手を本から離してくれない。

  • 死神シリーズ2作目。「死神の精度」から8年たったそうだ。前作も読んだが、思い出すのに時間がかかった、というか、はっきり思い出さずに読んでいた。この結末、納得した。

  • 前作が最高だったので購入したけれど、あまりにも分厚いので一年くらい寝かせてました。ありきたりのことしか言えませんが、めちゃくちゃ面白かった~~~!すっきり!無駄なところが一切ない!(死について考えるということは、どのようにこれから生きるかってことなのかな…とぼんやり)

  • This story is about death and a couple who swore vengeance of their daughter. Story contains many jokes, complete reversals. So it never make me get bored. But, there are many discussions and chats about "life and death" in this story. It suddenly makes me think about "life and death".(ハイドンさん)

  • このミス2014年版5位。前作も読んだ記憶があるんだけど、前作の設定やストーリーが全然思い出せないままこの本を読み進めた。なんとなく死神さんはこんな人が出てたかなって感じ。で、この本なんですが、展開が読めずに先が気になって結構さくさく読める。死神のキャラが楽しくってユーモア感覚が楽しい。ストーリー構成もこの人の小説はいつも良くできてるなあって思うのだけど、どうも思想的な部分で共感しにくくって。時々、主張に力はいりすぎてるとこがあって興ざめしてしまう。今回は、父親の死にまつわるやりとりがどうも面白くなかった。

  • 前作同様短編かと思っていたら、長編なのね。
    やっぱ切り返しがおもしろいし、不死身だから頼もしい。
    香川が本城を「見送り」にした時、憤ったけどあんな生き方になるとは。20年生きられるのかな・・・生き、はするんだろうね。
    そして私も本城の名前を忘れてしまってた・・・。WEB で調べるという。

    サイコパスってのがなー。動機とか脈絡なくて良いのは、作者に都合良すぎじゃないかな−。まぁでも、推理小説の謎解き後にでも動機が弱いなぁとか思うことあるけど、そもそも犯罪に動機がある必要は、確かに無い。

  • サイコパスがひとつのテーマとなっているのだけれども、
    そういったサイコパスに物怖じしない、死神がいる、
    というのが、これまた痛快でならない。

  • 海外出張中に飛行機の中で読み終えました。前作は伊坂作品でも好きな作品だったのですが、本作はなんとなく読み損ねていたので、この機会に読めてよかった。まったく変わりなくぶれない千葉に、前作の記憶が蘇って、山野辺夫妻の先を考えては切ない気分になり、それでもなんとなく抜けた感じの3人のやり取りに助けられて読了。同僚、香川の担当の結末に仰天し、やはりそうなったかと思いながら、温かい気持ちになった本でした。

  • 私にとって何がすごいのかといえば、本から少し離れた時、手に取るのが伊坂作品が多いということ。とても活字を受け入れられそうになれない時にでも読ませてくれる。
    短編集であった「死神の精度」よりも長編であるこちらの方が好き。

  • 十把一絡げ 公人 1/25はサイコパス 冷淡な脳 ジミ・ヘンドリックス 髣髴 支配ゲーム 彼等は慢性的に退屈なのだ 大名行列 参勤交代 駕籠 奥入瀬を歩く二時間のほうがよほど有意義だった 人間にとって年齢とは、その人間の品質を表す数値ではない。年嵩が増しているからと言って、優秀であるとは限らず、それはただの、肉体の、主に、血管や内臓の使用年数に過ぎない。山野辺菜摘 渋滞と音楽 荘園制度 ドストエフスキー罪と罰 スリ 自重 鈴蘭に毒 薀蓄好き 憤慨 証言を翻せ 裏窓 冤罪事件 敵討ち 江戸時代の法律 脳内麻薬 達成感 箕輪君 匙を投げる 労災 シアン化カリウム=青酸カリ クラーレ 寛容不寛容 ガンジー非暴力で対抗する 若者特有の極論 「どういう進化があろうと、どういう淘汰があろうと、僕は生き残る強者でいたいです」 懐疑的 骨を折った脚を蚊に刺されるようなもの 事務的な提案 安心して絶壁のほうへ走っている パスカルのパンセ 目にワイパーでもつけておけ 狼狽えていた シェリー 余裕綽々 慮って 雪崩 支配ゲームの標的 堅牢強固な鎧の隙間 円高還元キャッシュバックという名目 自己顕示欲 瀉血 相槌 猿轡 詮索 徒労感 「もし一週間の生涯なら、献げるべきであるならば、百年でも献げるべきである」放免 ソニー・ロリンズ 既定の路線 弱肉強食 自然淘汰 利己的人間ばかりになっているわけではない 体積によって浮かぶ力が決まる 「そう。氷は姿を消すけど、全体の量は変わらない。人間の死と似ているでしょ。」
    浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)陳腐なハッピーエンド 興醒め 徳川家 鷹狩り 「どうして、お前達は何かと言うと、東京ドームの個数で、物事を測るんだ?」武士の誉れ 恐怖で卒倒しそうになる 汐留 千枚通し 無謀な突撃であったとしても 触覚以外の感覚を全部潰すことになりますが 喋れば喋るほど恍惚となっていく気配があった サディストの受信機が反応したのだろうか 足枷の鍵 瀉血 「人間は、その日を摘むこと、日々を楽しむことしかできないんだ。というよりも、それしかないんだよ。なぜなら」なぜなら、人間はいつか死ぬからだ。 悍ましくも不謹慎な呪詛を唱えた感覚に襲われる 踵を返し 福翁自伝 安直な 絶望に絶望を塗る ジミ・ヘンドリックス 核シェルター 虚しいながら溜飲を下げる 「千葉さんのギャグのパターン、だいたい分かってきたから」 抽象的な質問 「死んだらお終い」が意味する恐ろしさは、それだけでは言い表せない。太陽は燃えている、だから暑い、そう説明され、仮にそれが事実だとしても、その熱さの凄まじさは表現できないのと同じだ。 悪性腫瘍 心筋梗塞 地味で細やかな復讐 手持無沙汰 吐露 羞恥心 「ある時、急に全部が消える。ばちん、と電気を落としたみたいに。俺はそれが怖くて仕方なかった。消えた、ってことも分からない。『自分』がなくなってしまうなんて信じられるか?無だよ。無の中に放り込まれるんだ。『死んだ』と思うことも出来ない全部が無になるんだ」「そういうのはさ、皆んな思春期の頃に散々、考えるんじゃないかな」僕も十代に半ばには、「死んでしまうのならどうして生まれてきたのか」などと、若者の麻疹に罹り、悩んだものだ。 訝しった 皮肉を挟む そもそも、魂や精神は、体の中で起きる化学反応のおまけみたいなものだ。 その日を摘め 父の人生がその言葉に則っていた のっぴきならない 暢気 飄々 出産 協力 独特 集団から外されたくないっていう意識 評判 懲罰 処罰 他者との関係 時間の概念 今の自分のことだけ考えて生きてる NHKに歯向かうつもりはないけれど 「人間は放っておくと自然と争いを起こす」カント 浸透 白眼視 感銘 他の集団には残酷になる 死んだら駄目、とはかなり無茶な依頼だな、と私は思わずにいられない。それに応えられる者はいないだろう。 嘲笑う 死んだ人間の尊厳を奪うような? 切羽詰まっている 「動物は『今の自分』しか興味がないと言っていただろう」 「死んで、忘れられることへの恐怖だ。屈辱というべきか。本城は、お前は誰だったのか、と問われることを恐れている」 水は蒸発する 痙攣 思惑 無愛想 「悪い子はいないのか」「なまはげじゃないんですから」 メッセージを寄越した もっと原始的に、恍惚 音が作り出す躍動感 失敗は成功のもと 怪我の功名 在宅医療 鎮痛薬 苦痛を緩和 曲は終わる 寿命通りに生きる 青梅線御嶽駅 ピサの斜塔ほどの珍しさ なつみ饅頭 シナプス 永福インター 暴力性を、儀式で発散させるのは戦略として正しい。 エキストラ 雇われた人間が行進していた 「敬意とは、面倒臭いことをしなさい、という意味である」プラスチック変形可能 「労災、下りませんかね」イヌイット族クンランゲタ 茫洋たる海にも似た、広大な湖 湖は冷徹な哲人さながら 浮力が働いただけ 鰐の寿命 仕事なので 晩年も悪くなかった 人の死の可否を判定する仕事をしてきた ブラウン・シュガー 情状酌量なんて発想はない 目線の高さや視野の広さの差から生じる齟齬 監視社会 伏線の回収が巧み 感覚の解析度を変えた描写

  • 本城宗はキャスティングすると藤原達也で、死神は阿部寛だと思います。

  • 面白かったが、ところどころミステリとしては適当すぎる面もあると感じた。たぶんテーマが多すぎてうまくまとまっていないのだろうと思う。タイトルもイマイチしっくりきてない。面白かったんだけど、もう一度書き直したらもっと面白くなりそうだと思った。

  • 本城へのオチが雑で、残酷なのに笑った。
    そしてもっと、ベタなフィクションっぽい壮大な終わり方をするのかと思ったのに、尻つぼみに感じた。それが悪いわけではないけれど。
    千葉さんが色々とチートなので、時々読んでて、何だそれと思わなくもないけど、概ね安心して面白く読めた。

  • 「千葉さんは、音楽がないと死んじゃいそうな感じだね」
    「そんな死因はない」

     千葉ーー!懐かしいやんけー!久しぶりー!
     ずいぶん前に読んだ前作、復習してから読もうかなと頭をよぎったけど、必要なかった。ミュージック(今回は“音楽”って言ってたね!)を愛する千葉がありありと戻ってきた。全然前作知らなくても楽しめると思う。

     「死」をシリアスにならず扱う、「人は必ず死ぬんだ」ということを突きつけてくるこのシリーズ。エンターテインメント小説らしく考える余地もないほどハラハラする読書時間なんだけど、なんとなく心に残る会話も多くて。

    「戦乱を求めて、社会の平和が壊れた後で、平和を求める。平和が続けば、戦乱を求める。繰り返しだ。真ん中のちょうどいいところで、ぴったり静止する、なんてことは今まであったことがない」(p.380)

     山野辺のこと見送ったれよ!って読者の9割が思うだろうが、千葉は人間の価値基準を持たない。それが魅力。余計なバイアスがかかっておらず、フラットな目で人を、世界を見ている。真面目で、上のキャンペーンに乗らず、ただ淡々と結果を出すだけ。

     全然関係ないけど、最新のダ・ヴィンチで中村文則と対談してた内容がすごい面白かった!純文学、エンターテインメント小説、とかジャンルにとらわれてたらあかんな。

  • 懐かしの千葉さん。
    「死」は誰にでも訪れる当たり前の
    確かなことなんだけど。
    不思議だな。

    伊坂幸太郎は
    心にグサッとくるとか
    号泣するとか、あんまりないんだけど。
    でも、心に残る。
    少しクスッと微笑みながら読める。

    いろいろ考えたけど
    死神と人間では死の概念が違うのかなって
    ふと思った。
    ラストというか、結末は
    そーきたかって感じだったもんな。

    死は怖くないとわたしもそう思いたい。

  • 「死神の精度」の続編というか姉妹編というか。この前は短編集だったけど、今回は長編ね。

    娘を殺された山野辺夫妻が、一度は逮捕されながら無罪判決を受けた犯人・本城への復讐を計画しているところに、“死神”千葉がやってきた。
    今回、千葉の調査対象は山野辺で、対象者についてきちんと調査をして判定を下す彼の仕事の流儀ゆえに、千葉は夫妻とともに本城を追うことになる…。
    感情を持たずに淡々と仕事に向かう死神と人間との噛み合わない会話の妙は相変わらず。
    他者に屈辱を与えることだけを考えて生きている本城の胸糞悪さは半端ない。
    相手を追い詰めているようで、その実、徐々に蟻地獄に嵌められていくような展開は結末の予断を許さず、長編ならではの面白さ。

    前作は、6つのお話を通して流れる長い年月がただ生きることの大事さを奏でていたように思うが、これは今回も同じ。
    この歳になると、不意に死ぬ時のことを考えて、私が死んだ後の妻や子のことを考えると、とても悲しく怖くなることがままあるのだけど、晩年に至って山野辺の父が『日々を楽しむ。それしかないんだ』と息子に伝えように、その父親の生き方から『死は怖いけど、怖くない』と山野辺が受け入れたように、死んだ時のことを心配するより、今をきちんと生きることが大事だということに気づかされる。
    死は誰にでも来ることで、順番を違えずに(妻や子に先に逝かれることなく)その時を迎えられれば、それはそれとして心安らかに受け入れるべきなんだろうかねぇ。

    終章の叙情がとても良い。

  • 予習のつもりで『死神の精度』を読んだあとなのだけど、まさかの二作目が長編とは予想外。
    さらに、私的には今作の方が面白かった。

    サイコパスという、25人に一人の人格破綻者に復讐するために、山野辺夫妻と死神千葉さんが行動を共にする。
    千葉さんの、時空超越っぷりは健在で、だからこそ緊迫しっぱなしのストーリーには良い意味で一息つく隙が生まれているように思う。

    それにしても、サイコパスこわー。
    いや、フィクションの世界だからではなく、現実に他人の苦しみを糧に、自らの欲望を満たすことを優先した事件は少なからずある。
    そういう事件の犯人の供述を読むと、反省よりもそこでより社会を挑発してやろう、と笑っていたりする。

    途中、イヌイット族「クンランゲタ」の話が挿入されるのだけど、これが抜群に効いている。
    社会からはみ出していく者をクローズアップしながら、死神側の組織や制度についてはカッチリお硬く書かれているし、メディアと被害者と加害者の立場を喰っていくような構成も面白い。
    しかしまあ、これは千葉さんの真面目な仕事っぷりあってのことですね。

    楽しめました。

  • 【シリーズ累計115万部、大ヒット作待望の文庫化!】娘を殺された作家は、無罪になった犯人への復讐を計画していた。人間の生死を判定する?死神?の千葉は、彼と共に犯人を追うが――。

  • 死神のキャラがいい。
    見送りになって20年死なないことが保証されていても、怪我の痛みやじわじわ食べられていく恐怖と共有しながら生きるのは、死ぬよりも辛いというオチが凄い。

  • 空前の伊坂ブームにより、次の日のことを考えずに読み耽る秋の夜長。
    死神の千葉のトンチンカンな言い回しがとっても好きだった。
    サイコパスは25人に1人いるっておっそろしいなぁ

    香川が本城に20年寿命をプラスした時、きっとえっげつない死に方するんやろうな、植物人間とかかなーとか思ってたら予想以上!笑
    誰にも見られず静かにダムの底に沈んで、しかも痛みがあるっていうのがこわーい。

    個人的にはなつみ饅頭を投げた記者にちょっとほっこりしてしまった。いやアホかと思うけど。

    前作の死神シリーズも読んで思うことは、結局千葉は可にしちゃうから、これまでの七日間どれだけ濃密な時間を過ごしてわたしこのキャラ好きやわ〜と思っても、8日目には何らかの形でいなくなってしまう、という揺るがない設定があるからとってもとっても切ない話だと思う。
    あとやっぱし女は強い。
    美樹さんが壊れた車蹴飛ばして直してエアバックハサミで切ってきたってとこ、しびれた〜

    何はともあれとっても面白かった。
    千葉がいなかったらこの2人はぜったいに復讐できなかったでしょ〜笑

    2017.10.11

全208件中 1 - 25件を表示

死神の浮力 (文春文庫)に関連する談話室の質問

死神の浮力 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

死神の浮力 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死神の浮力 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死神の浮力 (文春文庫)の作品紹介

シリーズ累計115万部、大ヒット作待望の文庫化!娘を殺された作家は、無罪になった犯人への復讐を計画していた。人間の生死を判定する〝死神〟の千葉は、彼と共に犯人を追うが――。

死神の浮力 (文春文庫)のハードカバー

死神の浮力 (文春文庫)のKindle版

ツイートする