ボラード病 (文春文庫)

  • 91人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (10)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 吉村萬壱
  • 文藝春秋 (2017年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167907891

ボラード病 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ボラード」って何かなってまず気になって調べたら、ざっくり言うと「地面から出ている杭」で、もともとは港で船を繋留しておくための杭のこと、昭和世代なら若い頃の小林旭や石原裕次郎が波止場で水兵服を着て片足を乗っけてるやつ、あれですあれ、あれを思い浮かべてください(※イメージで語ってます)

    ただ作品の中に「ボラード」は出てきますが「ボラード病」という言葉は使われていません。そこは読者が頭を使って考えるしかない。とにかく自分の目で見て、自分の頭で考えること、それが真実かどうか見極めるのは難しくても他人には違うように見えていたとしても、自分の目と頭以外に信じるものはないのだから自分で決めること、読み終えたときに感じたのはそういうことでした。

    序盤、語り手である小学5年生の恭子の日常描写から始まり、母子家庭で古い農家に暮らしていて貧しいながらも、ちょっとお母さんがヒステリックで怖いなくらいで一見普通の日常を送っているように見える。しかし徐々に彼女が住む「B県・海塚」という土地の異常性、何かから「復興」するために住民が戻ってきたこと、そのため過剰な「結び合い」と地域への愛着を強要されていること、しかも子供たちがほんの数か月で何人も突然死んでいくこと、どうやら30代になった恭子はどこかの島に軟禁されておりこれは彼女の回想記録であるらしきことなどがわかってくる。

    状況だけみればこれはいわゆる近未来ディストピア小説の一種ということになるのだけれど、この海塚という小さな共同体内で強要されている同調圧力は、むしろ昭和の戦時中の、少しでも反戦的な発言をすれば「非国民」と罵倒されたり逮捕されたりした時代の狂気を思わされた。突然いなくなった父親、教師、「絶対に安全」な海産物や農産物を美味しいと完食しなければマークされるけれど、食べた子供たちはどんどん死んでいく。

    それでも全体主義はそこに強調し洗脳されてしまったほうが生きるのは楽で、ハイテンションなライブや祭りの場で冷めている人間はあきらかに排除すべき異物だ。冷めていることを悟られ、そこからつまみ出されないためには自分もノっている演技をしなくてはならない。しかし恭子は失敗する。

    原発とか放射能とかそんな言葉は一度も出てこないけれど、解説でいとうせいこうが言うようにこれは寓話ではなく現実だと確かに思います。考えると怖くなるから考えないようにする、見たくないものは見なかったことにする、でもすでに起こってしまったことをなかったことにはけしてできない。大変怖い小説でした。

  • 読後感というか、読んでいる最中から吐き気が止まらなかった。
    ディストピア、なのかな。否が応でも結びつけちゃうよなぁ。
    お手手繋いでみんな一緒に、が気持ち悪いと思っている気持ちにダイレクトにきた感じ。

  • 【日本中を震撼させた傑作がついに文庫化!】海塚市では子供たちの体調はすぐれず、教師は愛郷教育を執拗に繰り返し、地元の魚や野菜は残さず食べる。ここは復興の町だった――。

  • とても気味の悪い小説でしたが、面白かったです。
    右へ倣えのように皆が同じ方向を向いて、そのことが素晴らしくて、それに同調しない人は病気だと排除する…なんて怖いことなんだろうと思いました。
    人がぽろぽろ亡くなっていくところがまだ復興の最中のようですが、こんな歪な世界で、本当に復興しているのだろうか…と読んでいると、最終話でドキッとしました。どちらが病気なのか。
    時代に流れる空気感は、なんだか怖いなぁと思ってしまいます。
    何故か、村田沙耶香さんの小説と似たものを感じました。

  • ここはB県海塚。新鮮な魚や野菜が手に入るこの町で、町民は心を一つに支え合いながら生活し、子ども達は自主性を重んじる学校に通いのびのびと育つ。同級生の急死が若干多い点はさて置き、理想的な共同体から外れまいと必死に努力する主人公の少女だがー。モダンディストピア小説と聞き、真っ先に手に取った本作。ポスト3.11の日本を痛烈に揶揄した、薄いながらもインパクト大の一冊でした。最初から最後まで不穏な空気満載で、先が気になり気になりページを繰る手が止まらない。明らかに子どもがナレーションしている分、『向日葵の咲かない夏』のような「信頼できない語り手」のトリックには引っ掛からないぞ~!と構えていたものの、ラストの主人公の卓見が伺える独白には衝撃を受けた。特に一番最後の台詞が良い~。同調圧力に極端に弱いと言われる日本人だからこそ書けた作品だし、日本人だからこそ読むべき作品だと思う。因みに母に勧めたら「結局なんだかよう分からんかった」と一蹴されました。

  • いったいこれは何なのか。裏表紙を読めば、被災して蘇りつつある復興の町で暮らす少女の回想であることがわかりますが、それを読まなければ中盤までそんな町の話だということはわかりません。

    話し手は三十代の女性で、小学生の頃を思い出して綴っているみたい。彼女の家庭はものすごく貧乏で、着ているものが臭うほど。だけど彼女が暮らす町ではたいていの人が貧乏だから、臭いからといじめられるわけではない。むしろ同級生と「臭いよ」と笑い合えるぐらい。母親はいつもピリピリしていて、自分の何が母親を怒らせているのだかわからない。そんななか、同級生が立て続けに死ぬ。新鮮だと謳われている地元の魚や野菜を食べて。

    終始不穏な空気がつきまとい、なんだか不快になる描写も多く、読んでいて気分のいいものではありません。なのに惹きつけられてしまいます。

    中盤になってようやく、この町全体がおかしいことに気づかされます。復興に向かって一見前向き、だけどみんなと同じように行動することで安堵している。個性を発揮すれば病気とみなされる町。これはもうホラーだと思いました。

    著者はあちこちの学校で教員を務めていたとのこと。こんな不気味な作品を書く人の授業はさぞかしおもしろかろうと興味が沸きます。その反面、ちょっと怖かったりもして。

  • うーん、なんなんだろ…なんかイヤな読了感。

    この作品の私小説的な部分は好き。
    いわゆるディストピア小説的な部分はなんかモヤモヤした感じでよくわからないまま終わるし、なんだかなぁ…

  • 小説におけるリアリティを追及しても、作者の主観から脱却する客観は不可能であるとすれば、フィクションとしての物語を追及するべきと思わされました。
    舞台のモデルを探しながら読みましたが、読み進めるうちにその思考は無意味であると気づきました。
    何も感じない読了感覚でした。

  • 病的なほどに娘の態度と世間の目を気にしながら家に閉じこもっている母と、「頭の中の虫」を飼っているという娘の恭子。不気味な語り手の声に導かれて物語をたどるうちに、読み手はやがて、異常であるのは母娘なのではなく、彼らが生きている「海塚」という町の方であることに気がついていく。
    教師や親たちが熱く称揚する「ふるさと」への愛と、人々の「強い結び付き」。命の大切さ。海塚の食べ物の安全と美味しさ。大人たちがかつてこの町を集団避難しなければならなかったこと。帰還の後に生まれた子どもたちが次々と死んでいっていること。町民たちの高揚した一心同体の背後には、どうやら陰惨な暴力があるらしいこと。
    「解説」でいとうせいこうが書くように、これは寓話などではなく、小説という名の現実である。まさに。
    しかしこの現実はあまりにも見覚えがありすぎて、私たちを遠くへ――少なくともこの狂気じみた現実をその外部から見ることができるほど遠くへ、連れて行ってくれないことも事実なのであった。現実がこれほどディストピアに接近してしまったとき、小説には、より遠くへと飛躍する力を求めたくなるのである。

  • 不気味で陰鬱でディストピア小説の雰囲気は十分なのだけど、唐突に例の事故を想起させたと思えばとてもそれどころじゃないでしょコレみたいなオチに突き進む。正直置いていかれた感があります…あえての説明不足なんでしょうけど、モヤモヤは拭えず。
    言うまでもなく(『最終兵器彼女』みたいに)終末は舞台にしか過ぎなくて、著者の書きたかったものは人間心理で(主に母娘そして転じて国家と国民)、その不自由さや不確かさを思いしらされるところがこの小説の核なのかなと思います。
    心が元気じゃないと読むのが辛かったです…

全12件中 1 - 10件を表示

ボラード病 (文春文庫)のその他の作品

ボラード病 (文春文庫) Kindle版 ボラード病 (文春文庫) 吉村萬壱

吉村萬壱の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ボラード病 (文春文庫)はこんな本です

ボラード病 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボラード病 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする