西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)

  • 46人登録
  • 3.64評価
    • (0)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 青柳碧人
  • 文藝春秋 (2017年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167908300

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『西川麻子は地理が好き。』の続編

    事件解決の糸口が、いつも地理絡みで、担当刑事が恋人・西川さんのいつも相談し解決するというもの。

    一般人に聞いたり、現場に連れくるとか、テレビ電話で犯人と話すなんて、ありえないんだろうな、と
    いうことは、置いといて…
    へーっていう豆知識が毎度でてきて面白いです。

    鳩時計の謎は、そのうち語ってくれるんでしょうか。

  • 青柳作品のなかでも、比較的デフォルメがなくまとまっているシリーズだと思う。毎回都合良く地理的な話になるのはまぁご都合ですが、それでも無理なく地理に結びつけてるように見えるあたりは、結構頭をひねってるのではないでしょうか。

  • さらっと読めて、しかもちゃんとひねりがあって面白い!

  • 【収録作品】済州島プルコギを食べた男/ボズロジェーニエの蟻密室/今宵、刑事をナビゲート/ギャッベを盗む女/ジャカの実の落ちる頃 
     地理の豆知識つきの倒叙ミステリ。ライトミステリ。

  • ここまで地理を知りたいものだ。

  • 今回も地理の豆知識。鳩時計の謎は今回も謎のまま。いつ明かされるのだろう?気楽に楽しめる1冊なので、次も読むかな~。謎有るし(笑)

  • 謎の鳩時計。
    いつか解明されるのかなぁ。
    地理は苦手だ。

  • 地理蘊蓄ミステリ。鳩時計を抱えるおかしな刑事がいるのにそこはスルーで地理ミステリに徹底してるとこが面白い。

  • 【史上初! 地理探偵・麻子が犯人を追いつめる!】地理を愛する参考書編集者・麻子。難事件を地理の知識で見事解決。刑事コロンボより可愛く古畑任三郎よりユーモラスな地理ミス5編。

全9件中 1 - 9件を表示

青柳碧人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)はこんな本です

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)のKindle版

ツイートする