陰陽師 螢火ノ巻 (文春文庫)

  • 152人登録
  • 3.74評価
    • (8)
    • (19)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 夢枕獏
  • 文藝春秋 (2017年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167908614

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

陰陽師 螢火ノ巻 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いけれど・・・
    老成したというか、無難になったというか。
    悪く言えば焼きが回った・・・?
    どろどろした良さ、不気味さ、生臭さが全く無くなった。
    全てを受け入れる悟りの境地が作品全体に漂っている。
    面白いんだけど・・・

  • 『陰陽師』シリーズ14弾。今回は晴明のライバル蘆屋道満を主人公にした短編が三本含まれています。道満、好きです。憎めないし愛嬌あるし強いし。悪さをしても晴明がやれやれと後始末しながら許してしまう気持ちわかります。そんな道満が旅の途中、思い出すのは晴明(と博雅も入ってるかな?)言葉に出さずとも彼らのことを好きなのわかります。
    道満はお酒のお礼と言いながら、旅の途中で出会うものたちを助けます。その中には命を落とした者もいるけれど、ちゃんと彼らの道筋をつけてあげます。彼らと別れるたびに一緒に酒を飲みたいと思い出すのは晴明(と博雅?)。博雅の笛の音もやっぱり懐かしいですよね。また都に戻ってきてください。
    そして、いつものことながら晴明と博雅が酒を酌み交わしている場面はいいですね。晴明がはにかみ、それを初だとからかう博雅。仲良しですね~。

  • シリーズ通して読んでいるけど久々に読みました。
    晴明が博雅を誘う時に二人だけだと「ゆこう」になるのが他の人がいると「ゆきましょう」になっていることを今作で初めて意識した。
    あとなんか、もう、やりとりが最高だった。
    道満さまが丸くなった印象がある。

  • 蘆屋道満大活躍。
    初期作品に比べて人間味が増してきた気がする。

  •  陰陽師・安倍晴明と源博雅が活躍する14弾。今回は芦屋道満が活躍する3本も収録。

     今回も二人の息の合った掛け合いは健在、都の闇を二人の活躍で解決していく展開を楽しみました。

     しかも今回は、あの道満が中心となって話が進む作品もあり、物語に深みが出てきた感じでした。

     道満が中心の物語では、道満の意外な人間性も垣間見え、魅力を感じました。

     今後も二人だけでなく、この三人目も活躍していく展開を楽しんでいきたいと思います。

  • 道満が味わい深い。

  • 安定のクオリティ。今回の巻も面白かった。

  • 夢枕獏の描く平安京の雅と闇が素晴らしいと毎回感嘆する。なかでも陰陽師シリーズは晴明と博雅の掛け合いがだんだんと深まっていきさらに芳しく匂い立つよう。わたしは道満が好きなのだが、これをよんで道満に惹かれない人はいないだろう。

  • 普通。

  • 今回は道満が主役の話がある、その理由は後書きに。それにしても、晴明と博雅のはどこまでも透明で心地いい。博雅が年を重ねるのも悪くない・・・というようなことを言うのもわかる気がする年齢に自分もなってしまった。鬼退治のようだった初期の頃よりずっとずっと自由な話になっていて、本当に一緒に居るような感覚。

全22件中 1 - 10件を表示

陰陽師 螢火ノ巻 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

陰陽師 螢火ノ巻 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陰陽師 螢火ノ巻 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰陽師 螢火ノ巻 (文春文庫)のKindle版

ツイートする