空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

  • 273人登録
  • 4.42評価
    • (32)
    • (24)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 阿部智里
  • 文藝春秋 (2017年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167908638

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
阿部 智里
有効な右矢印 無効な右矢印

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ4作目。前作とはまただいぶ雰囲気が変わったけど、相変わらず面白かった。ずっと文庫で買ってるけど、もう文庫化待てないかもしれない…

  • 【シリーズ4】本当に面白い。ハリポタも良いけどこの和風ファンタジーを読むと日本人で良かったなと思う。はじめ雪哉がとことん追い立てられても必ず後で巻き返しがあるはず、と高揚しつつ終わるのを惜しみながら楽しめた。新キャラの茂丸が雪哉に「おまえってさぁ、時々1人でお使いをしているこどもみたいに見える」と言った時、もう、ぶわっと…涙目(電車内で)。若宮自身で封印した記憶はなんだったのか、私にはさっぱりわからない。文庫派だったけどいよいよ単行本を読むしかないのか。夏に一応完結巻が出るらしいので。

  • 待ってました待ってました!!巻を追うごとに楽しい。というか、雪哉のキャラクターがいいんでしょうね。次巻も期待。

  • 面白かった。
    巻を増すごとに読みやすくなる。
    キャラクターに慣れてきたからか、
    書き手の力量の問題なのか、
    とにかく読みやすく面白かった。

    最初の頃は、奈月彦じゃなくて雪哉メインで続くんかいー!
    と思ったけど、いや、雪哉でよかったです。
    ありがとう、ごちそうさまです。
    少年の成長ネタが好きなので。

    しかし、セーブせずフルで動き出した雪哉の性格よ、、、
    打算的だし、黒い、、、輪をかけて、、、

    治真の存在が緩和剤だよ。癒し。

    単が似合わないの女子学園(ぽい)からの
    男子学園モノ。
    立場がいろいろバタバタしたり、
    喧嘩あり、友情ありで楽しかった。

    そんな傍で真の金烏と山内をめぐる物語も
    裏でしっかりと動いているのであった。
    次巻楽しみ、
    っていうかもう文庫本待たずに単行本で買うわ。。。

  • 年一の楽しみとなった八咫烏シリーズ。毎年、文庫化が待ち遠しい。

    前作の振りから、今作の舞台や流れは分かっていたはずなのに、どうしてだろう。のっけから面白く感じる。単行本が出た時点のレビューから「単なる学園モノではない」というのを目にして、またはこの作者特有のどんでん返しがわかっているために、「この先、何が起こるんだ」というドキドキ感。早く先が読みたくて堪らず、カフェでゆっくり読書の時間をとったのは初めてかも。

    四章構成の本作は、正直、三章を読み終わったところでひと段落。何せ、ここで「そうだったのか」というのと、雪哉が本気出した!みたいな爽快感。
    残りの章は何が描かれるのか……と読み進めると、いきなり話は急展開。次作への布石となった。ますます次作が楽しみ。

    もっと早く文庫化してほしい〜〜!!

  • 八咫烏シリーズ4作目。前作があまりに面白くて我慢できずに読了。章ごとにメインを変えてその人物たちがどのような生い立ちで、どんな特長を持ってるのか詳らかにしつつ、勁草院のしきたりや役目を邪魔せず解説していて、とにかく読みやすい。四家の対立も同様うまく組み込まれていて、前巻に戻らずとも理解できる。今までなかった「努力!友情!勝利!」を体現してて、スカッとする。するのだが、後半それをひっくり返される気持ち良さ。覚悟を決めた雪哉の、腹黒さはいっそ清々しいくらいだし、それでもそこで得た友情や、信頼は深いものだと思えるかは嫌な感じはしない。最後は次作に繋がる終わり方だったので益々楽しみです。
    それにしても小2でハリーポッターを読んだのがきっかけで作家になりたいと思った人が、今こんな複雑で世界観のある小説をお書きになるとは、ありがたいことだ。

  • 烏シリーズはやっぱり面白い!
    今度の舞台は山内衆養成学校の勁草院。
    学園モノの大道、先輩後輩関係の中でも嫌な先輩がいたり、ハリポタのスネイプの様な嫌な先生がいたり。
    でもその分掛け替えのない仲間がいたりする。
    雪哉の史上最高に腹黒い一面が見えたり…
    でもその反面気を張りすぎている雪哉をガッチリと支えてくれる茂さんと言う親友が出来たのは本当に良かったと思う。
    いつも通り読み終わるとはやく早く続きが知りたくなる。

  • *単行本からの転載*

    シリーズ第4弾。
    今作は雪哉が勁草院に入峰してから卒院するまでを描いた学園もののような雰囲気。そのなかでもやっぱり雪哉は雪哉ですね。着々と布石を打っていきます。まさかそこまでとは思いませんでしたが。心を決めている雪哉に向けた清賢の言葉が響きます。そんな思惑のうえでも彼らは絆を深めていきます。青春だな~。
    市柳はなかなか面倒見のよいいい先輩で雪哉に目を付けられてしまって不憫(笑)ちゃんと卒院できたのかしら。明留がお姉ちゃんによく似てるなーとちょっと微笑ましかったです。
    ここにきて若宮の重大な問題が浮き彫りになり、終盤で新しい情報も出てきますがさらに謎は深まるばかり。次巻の情報もちらりと載っていてとっても待ち遠しいです。

  • 【大人気八咫烏シリーズ第四弾】人間にかわり八咫烏が支配する世界・山内のエリート武官養成学校で切磋琢磨する少年たちの青春の日々を彩る、冒険、謀略そして友情。

  • 今回はハリーポッターを彷彿とさせる学園物
    多少展開が強引かもしれないけど学園物として完成度が高くて引き込まれる
    各人物の回想が多くて人物像がよく分かる反面、話が遮られるのがちょっと残念かも

  • 大好きなシリーズ。安定の面白さ。

    雪哉のキャラクターに最初は違和感。こんなになんでも出来て外面も完璧な人だったっけ?
    雪哉自身からの視点と他人から見た視点との違いと、前作までで色々あって考え方が変わったから、という事で、納得はしましたが。

    未知の脅威に挑むための、信頼できる仲間が沢山出来ていく。少年漫画のようなワクワクを感じました。
    猿の謎が今後どう展開するのか、楽しみです。

  • 相変わらず「え?そうだったの?」と読者に思わせるのがうまい。心地よいドッキリがたくさん、3回くらい仕掛けてある。

    1巻で伴侶、2〜3巻で臣下、4巻で臣下の臣下、と着々と信頼できる仲間が増えてきたのも心強い。もっと言うと八咫烏シリーズのここまで全部、人が人からの信頼を得る難しさと尊さについて丸々ひとつのお話をかけて説いている。えげつない差別の部分もきちんと描かれているからこその説得力なんだろうなあ。

    雪哉の、ファンタジーにあるまじき性格の悪さが好きになってきた。計算ずくで全てを得ながらもそれに良心の呵責を感じているだろう雪哉にとって、茂丸みたいなナチュラルボーンのいいやつはものすごーい尊い存在なんじゃないだろうか。茂丸に雪哉を任せたい。茂丸なら安心。

  • 過去三作よりも面白かった。そして次作はさらに今作を超えるだろう。これほどの傑作に出会えたことを感謝したい。
    あらすじ(背表紙より)
    人間の代わりに八咫烏の一族が住まう世界「山内」のエリート武官を養成する全寮制の学校「勁草院」に入学した少年、雪哉。次の日嗣の御子たる若宮派と巻き返しを図る兄宮派との間で激化する対立の中で次々と起こる事件に雪哉は立ち向かう。競争の中で少年たちは友情を深めていく―。八咫烏シリーズの第四弾。

  • 待ちに待った第4弾。
    他に買い置きが何冊も控えていたけれど、こちらを先に読了。
    勁草院で展開される話というので、どんな味かと思いきや、ストロベリーチョコで満足しかけたところに、まさかのみかん大福が!(全く意味がわからないが、、)といった感じ。

    雪哉のおとぼけっぷりから、若宮派をうまく集めるあたりの展開。そして次作へ続く猿との関わりが一気に。
    あぁ~、もう、次が待てない。。

  • 函館旅行の行き帰りで読もうと思って買ったのに、面白すぎて行きだけで読みきってしまいました。。

  • これもこの時期の定番になった八咫烏シリーズの4作目。
    今度は、宗家を守る山内衆を育成する勁草院が舞台。
    長束派と若宮派の派閥争い、真の金烏たるべき若宮に足らざる記憶、そして再び猿の恐怖。
    『化け物を倒すためには、己も化け物になるしかない』みたいな台詞があるが、将来的な猿との対決に備え有為の人材を確保するための覚悟の行動とは言え、雪哉の“食えない”ところが目立つお話。
    いつもの通り、筋書きが分かった時には作者の掌の上で転がされていたのが分かる仕掛け。
    終盤語られる金烏の謎と猿との因縁については、私には分かったようで分からぬ結末。
    漸く若宮の下に集権体制が整ったところ、思わぬ災厄の到来だけ告げられ、to be continued.

  • 雪哉が好きすぎてつらい。
    腹の中で別なことを考えている子が元々好きなんですけど雪哉はストライクど真ん中過ぎて無理好き……。
    あと明留が……好きで……あのこんなこと言っては失礼かも知れないのですが、ウェイバー・ベルベットを思い出して……好き……。
    あとあのまるっと2年ぐらい書かれていない期間があるので、それどこかで読めませんかね。
    そして続き、続きが読みたい……。
    もう文庫落ちを待たず単行本に手を出すべきか。

  • 今回は、雪哉が士官学校で友達を作る
    ということで楽しみにしていたが
    だだの学園ドラマじゃなかった!

    若宮や兄宮も登場するし
    猿の脅威も収まらない。

    頼もしく成長した
    雪哉と新しい仲間は
    今後、いかにして若宮を助け
    宿敵猿と対決していくのか
    楽しみだ。

  • 一時若宮から離れて近衛である山内衆になるため、勁草院という育成期間で修行し仲間を作る雪哉の話、で終わると思いきや終盤で猿が再登場し一転して不穏な空気が。
    勁草院内での派閥抗争や友情の芽生える過程、教師との対決なんかは割と王道の展開。

    サラサラ読めるし物語にスピード感があるので読んでいると気づき難いけれど、実は作中で三年も経ってるのに驚き。
    最初に猿が出てからも結構経ってるし…意外と悠長だなあと思ってしまったり。
    今回若宮の出番は少なめなのに、何かどんどん雪哉が若宮に似て食えない男になっていっていて違和感がない…。

  • 相変わらずの面白さ。
    以下、ネタバレ含みます。

    山内衆の養成所である勁草院に入った雪哉の真意とは。
    とりあえず雪哉のある意味こまっしゃくれた人柄に、良くも悪くも翻弄される人々が良い(笑)
    ただひとつ、千早はユイの処遇については、雪哉にもっと怒っても良いはずなんだけど!
    力で在り方を左右されることが嫌いなはずの千早が、知らない所で動かれていたことを最後すんなり受け入れたことに、違和感はある。

    それ以上に、明留が山烏を知る中での視野の変化と、勁草院の在り方を雪哉が糾弾するシーンは上手くて、グッときました。

    大きい所では前作で現れた猿の存在が、否応なく雪哉を駆り立てていることと、それをのんびりと構えている山内の八咫烏達。
    ただ、八咫烏の「斬足」という刑罰に、山内の中でも抗えない力関係があるということ。
    二つのヒビ割れを同時進行で語ってゆくのは、難しいだろうに、一冊の中で収拾が付いていて、すごい。

    からの、クライマックス急転直下。
    猿が……『進撃の巨人』のジークを思い出させて、怖いです。。。
    あと二作で「第一部」が完結するって、一体。
    今作では予測不可能な展開がなかったが故に、一作目のような「ええええ⁉︎」という裏切り方にワクワクしている自分がいる。
    次作も楽しみ。

  • 2017/06/10 一気読みしてしまった

  • 八咫烏シリーズ文庫最新作。
    前作で本物の金烏である若宮に本気で仕えようという意思が芽生えた雪哉が、ある目的をもって金烏に忠誠を誓う山内衆となるため鍛錬に励む勁草院に入る。
    正直途中まで前作までの勢いは感じられず、作者がハリー・ポッターが好きなのはとても伝わってきたが、そのままオマージュしすぎではないかと思ってしまうところもしばしば、、(翠寛はまんまスネイプだし、明留が雪哉に対して付き合う人間は選んだほうがいいみたいなこと言い出すのもマルフォイすぎた)。
    ただ後半はいままで通りの面白さ!!!実は若宮が真の金烏とは言えない?前回登場してきた人喰い猿と昔は交流があった?など謎は深まっていく。茂丸のように身分など関係なく雪哉本人を見てくれる友人も現れ、ここからまたどのように物語が展開していくか本当に楽しみ。

全33件中 1 - 25件を表示

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)のKindle版

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)の単行本

ツイートする