空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

  • 393人登録
  • 4.35評価
    • (50)
    • (44)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 阿部智里
  • 文藝春秋 (2017年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167908638

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • うーん、一作目はいまいちかも、と思ってたけど面白くなって参りました!しかし読むたびに前の巻のエピソードや人間関係忘れちゃうのどうにかしたい…読んでると思い出せるけど…

  • おもしろかった… もしかしたらシリーズで一番面白かったかも。学園ものかと期待していなかったけど、少年たちの心の内面が掘り下げてあってすごく良かった。

    雪哉が完全無欠すぎてすごい。したたかさも最高。だけど、つらさも分かってくれる人たちがそばにいてくれてよかったね!

    次巻も楽しみすぎて文庫まで待てないかもしれない。

  • 久し振りの烏たち。勁草院での学生生活が面白い。そうそう雪哉ってこんな奴だった。空の棺って何の事?あぁそういうこと。茂丸、明留、千早、雪哉、四人の中では う~~ん茂丸の大らかさが一等好きです。

  • 待ってました待ってました!!巻を追うごとに楽しい。というか、雪哉のキャラクターがいいんでしょうね。次巻も期待。

  • 面白かった。
    巻を増すごとに読みやすくなる。
    キャラクターに慣れてきたからか、
    書き手の力量の問題なのか、
    とにかく読みやすく面白かった。

    最初の頃は、奈月彦じゃなくて雪哉メインで続くんかいー!
    と思ったけど、いや、雪哉でよかったです。
    ありがとう、ごちそうさまです。
    少年の成長ネタが好きなので。

    しかし、セーブせずフルで動き出した雪哉の性格よ、、、
    打算的だし、黒い、、、輪をかけて、、、

    治真の存在が緩和剤だよ。癒し。

    単が似合わないの女子学園(ぽい)からの
    男子学園モノ。
    立場がいろいろバタバタしたり、
    喧嘩あり、友情ありで楽しかった。

    そんな傍で真の金烏と山内をめぐる物語も
    裏でしっかりと動いているのであった。
    次巻楽しみ、
    っていうかもう文庫本待たずに単行本で買うわ。。。

  • 烏シリーズはやっぱり面白い!
    今度の舞台は山内衆養成学校の勁草院。
    学園モノの大道、先輩後輩関係の中でも嫌な先輩がいたり、ハリポタのスネイプの様な嫌な先生がいたり。
    でもその分掛け替えのない仲間がいたりする。
    雪哉の史上最高に腹黒い一面が見えたり…
    でもその反面気を張りすぎている雪哉をガッチリと支えてくれる茂さんと言う親友が出来たのは本当に良かったと思う。
    いつも通り読み終わるとはやく早く続きが知りたくなる。

  • 今回はハリーポッターを彷彿とさせる学園物
    多少展開が強引かもしれないけど学園物として完成度が高くて引き込まれる
    各人物の回想が多くて人物像がよく分かる反面、話が遮られるのがちょっと残念かも

  • 大好きなシリーズ。安定の面白さ。

    雪哉のキャラクターに最初は違和感。こんなになんでも出来て外面も完璧な人だったっけ?
    雪哉自身からの視点と他人から見た視点との違いと、前作までで色々あって考え方が変わったから、という事で、納得はしましたが。

    未知の脅威に挑むための、信頼できる仲間が沢山出来ていく。少年漫画のようなワクワクを感じました。
    猿の謎が今後どう展開するのか、楽しみです。

  • 過去三作よりも面白かった。そして次作はさらに今作を超えるだろう。これほどの傑作に出会えたことを感謝したい。
    あらすじ(背表紙より)
    人間の代わりに八咫烏の一族が住まう世界「山内」のエリート武官を養成する全寮制の学校「勁草院」に入学した少年、雪哉。次の日嗣の御子たる若宮派と巻き返しを図る兄宮派との間で激化する対立の中で次々と起こる事件に雪哉は立ち向かう。競争の中で少年たちは友情を深めていく―。八咫烏シリーズの第四弾。

  • これもこの時期の定番になった八咫烏シリーズの4作目。
    今度は、宗家を守る山内衆を育成する勁草院が舞台。
    長束派と若宮派の派閥争い、真の金烏たるべき若宮に足らざる記憶、そして再び猿の恐怖。
    『化け物を倒すためには、己も化け物になるしかない』みたいな台詞があるが、将来的な猿との対決に備え有為の人材を確保するための覚悟の行動とは言え、雪哉の“食えない”ところが目立つお話。
    いつもの通り、筋書きが分かった時には作者の掌の上で転がされていたのが分かる仕掛け。
    終盤語られる金烏の謎と猿との因縁については、私には分かったようで分からぬ結末。
    漸く若宮の下に集権体制が整ったところ、思わぬ災厄の到来だけ告げられ、to be continued.

  • 前巻で、若宮の近習になることを選択した雪哉は、若宮引いては宗家を警護することを目的とする集団、山内衆になるために勁草院へと入峰(にゅうぶ)した。

    学園ものらしく、明るくほのぼの~……
    てなるわけがないかw
    なんたってあの腹黒雪哉が主人公ですものね(褒めてます)

    猿の襲撃から2年が経っている。
    その間には特筆すべき事項はないのかな。
    この夏に出る6巻(第一部完結らしい)でその部分が語られたりするのかしら。

    雪哉が勁草院へ入ったことで、
    若宮の身辺に、信じられる仲間がどれだけ増えたんだろう。
    それがわたしは嬉しい。

  • 待ってましたーーー!!やっと文庫化!一気読みしましたよ。

    これが、本気の雪哉なんですか…?漂うチート感!ここまで天才だったっけ??前巻読んでから、だいぶ経ってるので、結構忘れちゃってただけ?

    私、この作者の大どんでん返しに、心構えしなくては、と意気込みすぎて、治真が猿とかだったりしないよね??とか思ってしまいましたよ…。どんだけ、サイコパスに慣れてしまったんだ。雪哉が自分の半生を顧みたって記述に、私も一瞬遠い目をしちゃったよ。

    雪哉が、みんなに対して酷いと言う人もいるかもだけど、きっと雪哉も若宮も、結ちゃんに護衛くらいつけてただろうし、きちんとやるべきことはしてたと思うよ。
    酷いやり方もしてるかもしれないけど、こんな厳しい状況で《使える人材》を育てるのは、相当大変だと思う。
    別にお友達ごっこがしたいわけではないのだから。

    ただ、お友達ごっこがしたい気持ちも捨ててはならない、という先生の言葉は、染み入るものがあったね。
    大事にしちゃいけないってことではないんだよ。よかったね、雪哉。

    次巻は玉依姫ですかね。現在より過去に遡っての、山神様と人間のお話。もともと、八咫烏シリーズで最初に書かれた作品だそうです。
    世界観が多少異なるのが、気になる人もいるようですが、私は楽しみです。いろんな謎も明かされるようですよ。

  • 相変わらずの面白さ。
    以下、ネタバレ含みます。

    山内衆の養成所である勁草院に入った雪哉の真意とは。
    とりあえず雪哉のある意味こまっしゃくれた人柄に、良くも悪くも翻弄される人々が良い(笑)
    ただひとつ、千早はユイの処遇については、雪哉にもっと怒っても良いはずなんだけど!
    力で在り方を左右されることが嫌いなはずの千早が、知らない所で動かれていたことを最後すんなり受け入れたことに、違和感はある。

    それ以上に、明留が山烏を知る中での視野の変化と、勁草院の在り方を雪哉が糾弾するシーンは上手くて、グッときました。

    大きい所では前作で現れた猿の存在が、否応なく雪哉を駆り立てていることと、それをのんびりと構えている山内の八咫烏達。
    ただ、八咫烏の「斬足」という刑罰に、山内の中でも抗えない力関係があるということ。
    二つのヒビ割れを同時進行で語ってゆくのは、難しいだろうに、一冊の中で収拾が付いていて、すごい。

    からの、クライマックス急転直下。
    猿が……『進撃の巨人』のジークを思い出させて、怖いです。。。
    あと二作で「第一部」が完結するって、一体。
    今作では予測不可能な展開がなかったが故に、一作目のような「ええええ⁉︎」という裏切り方にワクワクしている自分がいる。
    次作も楽しみ。

  • 化け物を倒すためには、己も化け物になるしかない。
    とても性格が悪いが、優しい主人公の雪哉が、化け物になりきれず、葛藤する姿がもどかしく、悲しい。

  • 前回猿の襲撃で、かなり重かった話が一転少年たちの成長物語か。雪哉がどんどん成長していく姿は読んでいて、喜ばしいことなんだが反面不安にもなる。
    やはり終盤で、ただの学園生活物語ではなくなるのが凄いところ。金烏とは何なのか?猿との関係は?
    謎は深まるばかりで次巻の表4をチラ見。あれ?現代の人間では?なんだ?どうしてきになる。寝れなくなりそうだ笑

  • 雪哉も若宮も性格変わった…?ってとこはあるけども概ね面白かった。
    でも多分私、「十二国記と彩雲国のハイブリッドかな……」という感想は今後も拭えないと思う……チャイニーズかジャパニーズかの違いはあるとはいえ。

  • 雪哉の面の皮がますます厚くなっている。そして、諸々の出来事が終止符を打つ時の小気味良さ。
    シリーズ6で完結だそうですが、早く次が読みたいけど、もったいないような。文庫出るまで、じりじりと待ちますよ。

  • ファンタジーは好きだ。読書の中でも世界観を理解していく過程が好物なので、嗜好と親和性の高いジャンル。

    このシリーズはゼロか100かでいえば100だ。面白い。続きが出たら読む。そこは間違いない。

    だけど、うーん、難しい。
    最近の読書においては、この手の趣向のものの自分にとっての第1作として手に取っていたら、自分の心の底本になっただろうか、と思うことがたまにある。作品というより、自分の問題なのかもしれないが、よく分からない。

  • 久々にこのシリーズは新刊が出た瞬間に買って、その日のうちに読破する作品。 早く物語の中に入りたくなってウズウズする、こんな気持ちがまだ自分にも残っていることを気づかせてくれた作者に感謝!

  • 気軽に楽しく読める。

全55件中 1 - 25件を表示

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)のKindle版

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)の単行本

ツイートする