銀翼のイカロス (文春文庫)

  • 504人登録
  • 4.32評価
    • (52)
    • (48)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909178

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
朝井 リョウ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

銀翼のイカロス (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 半沢直樹シリーズ。
    読み始めから引き込まれていく感じはいつも通りで満足。
    今回の話は、行内に加えて政治がらみの話も加わったものとなっており「よくこんな話を思いつくなぁ」とつくづく感心である。

  • 池井戸潤は面白い。稀代のエンターティナーだ。
    勧善懲悪のカタルシスを余すところなく遺憾なく発揮してくれる。
    半沢直樹の啖呵がいい。
    お白州で悪党に好きなように喋らせといてから、
    「てめぇら ざけてんじゃねぇぞ」と啖呵切る遠山の金さんだ。よっ、待っっってました!てなもんや三度笠。
    半沢直樹シリーズ最終作?の4作目。
    今度の敵は 政治屋、同業、上司、部下!
    金融庁の黒崎が刹那 盟友に思えるくらいの八方塞がりだ!
    堪えに堪え、準備を重ね、まだまだ堪え、これ以上ないタイミングで相手を叩きのめす!
    「倍返しだ!」
    ぃよ、待ってました。っっっぽんいち!

  • 半沢直樹シリーズ、JALの話がベース、エンタメ小説として楽しめた

  • バンカー半沢直樹が今回挑むのは、破たんした航空会社の再建。それに政治家が複雑に絡む。池井戸小説では、恨み、妬み、驕り、欲といった人間の弱さを巧みに描く。
    「イカロス」はギリシャ神話で人間の傲慢さの象徴とされる。「銀翼」は飛行機のこと。深いタイトルである。

  • 半沢直樹の生き方が痛快!
    シリーズ化されているから最後にはバシッと決めてくれるだろうという期待と予想はあるのだけれど、次々に来る難題と曲者揃いな相手。
    読んでいて、もしや今回は?と思わせるようなトラブルの連続。まさに娯楽活劇という感じ。
    大物との丁々発止のやり取りも爽快感を覚えながら一気に読み終えた。
    今回ラストで一人の大物が退場するが、また何かの機会で登場して欲しい。

  • 半沢直樹シリーズの最新版
    けっして外すことはないだろうと思って読み始めたが、期待に応えてくれた。ストー展開はいつもに通りだが、やっぱり面白い!

  • 出向先から銀行に復帰した半沢直樹は、破綻寸前の巨大航空会社を担当することに。ところが政府主導の再建機関がつきつけてきたのは、何と500億円もの借金の棒引き!?とても飲めない無茶な話だが、なぜか銀行上層部も敵に回る。銀行内部の大きな闇に直面した半沢の運命やいかに?無敵の痛快エンタメ第4作。

    政治の世界まで巻き込むスケールの大きな物語。半沢以上に格好いいのは中野渡頭取や検査部の富岡だったりする。

  • 今月の2冊目。今年の8冊目。

  • 479

    2017年では113冊目

  • 自分が勤務している企業と思われる事もあり若干複雑。

銀翼のイカロス (文春文庫)のKindle版

銀翼のイカロス (文春文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする