銀翼のイカロス (文春文庫)

  • 605人登録
  • 4.33評価
    • (76)
    • (73)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909178

銀翼のイカロス (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • 半沢直樹4作目。
    期待通りの面白さ!
    しかし、こんなこと現実にはないよね?
    ないと思いたい…ドロドロの世界。

    黒崎登場で、やっぱりドラマのキャストを思い出してしまった。
    あのドラマ、秀逸だったなあ。

  • CY17-10
    半沢直樹第4弾。
    合併した会社の難しさ。
    このシリーズを読むたびに、わかるわーってなる。
    半沢がもっと上役になり、経営サイドに回ったとき、どういう判断をするのかみてみたい。変わるのか?変わらないのか?

  • この前に読んだ「テミスの剣」と同じく、(警察と銀行という違いはあるが)組織防衛と隠蔽行為というテーマを扱ったものを、連続して読んでしまった。
    こちらの方は、それだけでなくて政治家の質とか、モラル・ハザードなどのテーマも扱っており、もっとエンターテイメントっぽく仕上げられている。
    したがって、快活な作品となっているし、有名になった「倍返しだ!」の科白も黒崎検査官も出てくる。
    しかし、「島耕作」とか「ハゲタカ」などでも思ったのだが、シリーズが進むに従って話が大きくなってゆくのはどうにかならなのか。一サラリーマンが扱う話としては現実離れしてしまう。

  • 半沢直樹シリーズ4作目。
    作品を重ねるごとに面白く感じる。
    今回の敵は政治家、企業再生専門の弁護士。
    今回の敵は今までで最高にムカつきます。
    早くスカッとしたい一心であっという間に読了してしまいました。スッキリしましたが、銀行的にはかなり傷ついたので、これから再生に大変な思いをするんでしょう。
    今作は半沢だけでなく、中野渡頭取、内藤部長、富岡さんと、半沢が一目置くバンカーたちの活躍も読めます。
    2人がバンカーの矜持を胸に去って行くことになるわけですが、それを引き継いで次作以降も半沢が頑張ってくれることでしょう。
    本作はラストが今までの終わりと違ったので、もしやシリーズ完結?とか少し思ってしまったけど、大丈夫ですよね?
    次はどんな作品か楽しみに続編を待ちたいと思います。

  • 池井戸潤は面白いなぁ。やっぱり。リアリティがありながらドラマチック!

  • 半沢直樹シリーズ第4弾は破綻寸前の巨大航空会社帝国航空(おそらく日本航空を想定)の経営再建をめぐり、政権交代を果たした進政党(おそらく民主党を想定)の政治家とその取り巻き、さらに行内の敵対グループまでも加わりまさに四面楚歌の状況を半沢直樹がいかに生き延びるかが読みどころです。
    オネエ言葉でおなじみの金融庁検査官や、半沢直樹の心強い味方の同期入行の同僚も登場します。上下巻に分けても十分なぐらいのストーリーを400ページ強の1冊に収めてあるので、展開が大変スピーディーで、どんどん引き込まれて行きます。
    当然、半沢直樹の決め台詞「倍返しだ!」も登場します。いつ出るか、いつ出るかと期待しながら読んでると、まるでドラマの水戸黄門みたいな気がしてきますが、期待を裏切らないその展開と銀行に関する緻密な描写が読者を全く飽きさせません。

  • やっぱりこのシリーズは良いね。
    花咲舞と合わせて読むと面白さは深みを増す感じ

  • 数年前の単行本からの、文庫版の購入・再読。(単行本は友人に貸したらボロボロにされたのでそのまま進呈(笑))
    二度目であっても変わらず楽しくサクサク読めた。当時のJALの問題もこんな感じだったのだろうか。債権放棄になるとお互いだけではなく、そのお金によって救われる人が大勢いるという、中々見えない側面も勉強になった。額は我が社からすると想像もつかないけど^_^;
    半沢シリーズ、次回作もあるといいなぁ。

  • ただただ面白かった。


    中野渡頭取の

    後悔しないための正しいと信じる選択。


    かっこよかった。


    続きがあれば必ず読むので

    期待して待ちたいです(*´ω`*)

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

銀翼のイカロス (文春文庫)のKindle版

銀翼のイカロス (文春文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする