銀翼のイカロス (文春文庫)

  • 605人登録
  • 4.33評価
    • (76)
    • (73)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909178

銀翼のイカロス (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【半沢直樹が帰ってきた! 待望のシリーズ第四作】倒産寸前の航空会社の再生を担当する半沢。だが政府機関が莫大な負債の棒引きを要求してきた! 史上最大の危機が半沢を襲う最新作。

  • 請求記号 913.6/I 33

  • とてもおもしろかったです。大きなストーリーをショートストーリーでまとめ上げた感じです。勧善懲悪のストーリーなので、ワクワク感に安心感を持って読み進めました。多少都合よく進みすぎかなとも、思いましたが。

  • 面白かったけど、物足りなさを感じた半沢直樹第4弾。

    東京中央銀行営業第2部次長半沢直樹が、帝国航空再建に乗り出す。JALと重なりわかりやすい。どこまでがノンフィクションなのか気になるところだが、ここまで話を寄せるなら完全なノンフィクションにするべきな気もする。また蓮舫さんを連想させる白いスーツの白井国土交通大臣、あまりに無能だし、さすがに蓮舫さんに失礼だと思う。昔ながらの利権を握る大物政治家箕部は、半沢の正義感を際立たせるために必要なヒール役だけど、キャラクター設定にヒネリがないのが残念。

    半沢の勝利は分かっていながらも痛快だが、全体的には不完全燃焼だった。帝国航空再建の具体的な描写が少なかったのが、物足りなさの原因だと思う。次回作に期待したい。

  • とりあえず、今までの半沢直樹と比べると全く面白くなかった。
    2017.12?

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • 待ってました!半沢直樹第四弾!
    今回も曽根崎から梅本常務から白井大臣、コンサルタントの乃原から箕部議員まで痛快にギャフンと言わせてやりましたよ!痛快痛快(笑)

  • 半沢直樹4作目。
    期待通りの面白さ!
    しかし、こんなこと現実にはないよね?
    ないと思いたい…ドロドロの世界。

    黒崎登場で、やっぱりドラマのキャストを思い出してしまった。
    あのドラマ、秀逸だったなあ。

  • CY17-10
    半沢直樹第4弾。
    合併した会社の難しさ。
    このシリーズを読むたびに、わかるわーってなる。
    半沢がもっと上役になり、経営サイドに回ったとき、どういう判断をするのかみてみたい。変わるのか?変わらないのか?

  • 今回の敵は政治家。テーマは『もろはのつるぎ』。その剣で今回は政治家をぶった斬ります。しかし諸刃の剣、自分達も傷みを負い‥が、それは理想のバンカーに近づくための傷み。決して無駄にはならない。

全51件中 1 - 10件を表示

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
米澤 穂信
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

銀翼のイカロス (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀翼のイカロス (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀翼のイカロス (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀翼のイカロス (文春文庫)の作品紹介

半沢直樹が帰ってきた! 今度の敵は政治家だ! 出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。だが折しも政権が交替。新政権の国土交通大臣は野心にみちた女性閣僚は帝国航空再生タスクフォースを起ち上げ、半沢たちに巨額の債権放棄を要求してきた。 500億円もの借金の棒引きなんてとんでもない! だが相手が大臣ではさすがの半沢も容易に突破口を見いだせない。しかもなぜか銀行上層部も半沢の敵に回る。この一件のウラには何があるのか? かつて半沢と舌戦をくりひろげた「金融庁一の嫌われ者」、オネエ言葉の黒崎駿一の思惑もカラみ、銀行に隠された大きな闇も見え隠れする。 果たして半沢の運命やいかに? 痛快度100%、無敵のエンタメ小説「半沢シリーズ」第4作、待望の文庫化です!

銀翼のイカロス (文春文庫)のKindle版

銀翼のイカロス (文春文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする