まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)

  • 500人登録
  • 4.23評価
    • (32)
    • (33)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 文藝春秋 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (521ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909185

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
恩田 陸
三浦 しをん
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まほろ市は東京都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田と、居候になって丸二年がたつ行天。四歳の女の子「はる」を預かることになった二人は、無農薬野菜を生産販売する謎の団体の沢村、まほろの裏社会を仕切る星、おなじみの岡老人たちにより、前代未聞の大騒動に巻き込まれる!まほろシリーズ完結篇。

  • 地道且つ堅実な商いで信頼を得てきた JR八王子線と私鉄箱根急行線(通称ハコキュー)が交差する 諦めと寛容のは精神が無理やり養われた

  • 行天の子供時代が明らかに。
    過去の重めの話もありつつ、全体的にはコメディ寄りなので、読みながら、ニヤニヤしてしまった。

  • 待ちに待ったまほらシリーズ!
    多田と行天にまた会えた!

    二人のそれぞれの原点!
    ハラハラドキドキするも、ほっこり。
    幾つかの違った視点の小さな事件がちゃんとつながる手法は素晴らしい!

    バスジャックにはスピード感あふれ、マジで爆笑!

    まだ続くことを祈ります!出会えてよかった作品(^ ^)

  • 最後に行天が隣に引っ越してくるのは、読者サービスかも

  • まほろ3作の中で一番よかったです。多田と行天の再生のお話なんだな~としみじみ。何でもない場面でも、なぜか涙がぽろっと出たり、やたら笑えたり…多田や特に行天が一人じゃなくなったんだな、誰かと繋がったんだなと思うと、読んでてそんな感じになりました。二人が暗闇から抜け出せて、曽根田のばあちゃん風に長い旅が終わって本当によかったです。岡さんたち老人のバスジャク&デモ、おかしすぎます。頭痛い(笑)文庫特典の短編、ずっと爆笑でした。書きながら思い出し笑いしてしまいます。続きが読みたいと書かれてる方も多いですが、私はここで終わりがいいかな。

  • 狂騒曲の名にふさわしいドタバタだった。(笑)
    はるちゃん可愛い。
    多田も行天も過去を乗り越える、というか飲み込んで、前に未来に向かえたのが感慨深い。

  • 前作までのお話をす~っかり忘れていたので、登場人物やらなんやらを思い出すのに一苦労。
    で、やっとこさアレコレ思い出したころには、残ページわずかでクライマックス。

    半ばムリヤリ感のある大団円ぶりだが、これはこれでマル。

  • 完結編。多田、行天とも成長と新たな展開が見られ完結した。終盤に向けた盛り上がりはさすが。

全34件中 1 - 10件を表示

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)の作品紹介

まほろシリーズ 大騒ぎの大・団・円!なんと! 多田と行天が、四歳の女の子を預かることに!?まほろ市は東京都南西部最大の町。駅前で便利屋「多田便利軒」を営む多田啓介と、居候になって丸二年がたつ行天春彦。二人のもとに、かつてない依頼が……それは、夏の間、四歳の女の子「はる」を預かること。慣れないことに悪戦苦闘する二人に、忍び寄る「魔の手」!まほろ市内で無農薬野菜を生産販売する「家庭と健康食品協会」の幹部・沢村。まほろの裏社会を仕切る、若きボス・星。地元のバス会社・横浜中央交通(横中)に目を光らす岡老人。彼らのおかげで、二人は前代未聞の大騒動に巻き込まれる!文庫特典 短篇「サンタとトナカイはいい相棒」収録。解説・岸本佐知子(翻訳家)。太っ腹の全528ページ。見た目は「最厚」、中身は最高!『まほろ駅前多田便利軒』『まほろ駅前番外地』に続く、三浦しをんが心血をそそいだ「まほろシリーズ」ここに、大団円を迎えます!

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)のKindle版

ツイートする