アドルフに告ぐ (5) (文春文庫)

  • 359人登録
  • 4.09評価
    • (53)
    • (34)
    • (39)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 文藝春秋 (1992年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784168110177

アドルフに告ぐ (5) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生時代以来の再読。アドルフ・ヒトラーにユダヤ人の血が流れていることの証拠文書をめぐり、翻弄されるドイツ人、ユダヤ人、日本人の物語。民族主義の悲惨な結末、国家がおかしくなるとその国民までおかしくなってくることがよくわかる。漫画というより、漫画という技を使った歴史小説だ。何度読んでも深い。

  • 人種、民族とは何かを考えさせられた作品。また当時の街の様子やヒトラーの描写がリアルで実際に見てきたかのようだった。凄惨なシーンは目を背けたくなるが現実にあった事また現実で続いている事として今私達が何をすべきか考えさせられた。

  • 全巻を通して作者が伝えたかったこと。
    憎しみは憎しみの連鎖を産むだけ。私たちは戦争という歪んだ正義についてもっといろいろなことを考えなければならない(学ばなければいけない)のだと感じました。

  • ナチス興亡の時代を背景に、三人のアドルフの運命を国際的なスケールで描いた作品。

    三人のアドルフとは、
    ・ご存じアドルフ=ヒットラー
    ・神戸に居住しているユダヤ人で、パン屋の息子のアドルフ
    ・神戸のドイツ総領事館で外交官を務める父親を持つドイツ人のアドルフ

    で、この三人の関係がどのような結末を迎えるのかが気になってほぼイッキに読んでしまった。

    中学〜高校生の間にこの作品に出会っていたなら。というか学校の教科書に載せてもいいくらい意義深い作品だと思う。

    マンガなんて読んでも意味ないとか言ってる大人にはぜひまずこれを読んでいただきたい。

    いままで読んだ手塚作品の中で一番いいと思います。

  • ワタクシの持っているこのシリーズは、単行本で全巻が初版本なのです。新しいのが出るのをワクワクしながら待ったものです。手塚先生の晩年の大作ですよね。ここには、手塚先生のメッセージが、これでもか、これでもかと、もりこまれています。漫画(コミック)を超えたものがあります。

  • 悲しいお話だった。

  • ラスト。これは完結しているのか?、と思いつつ読了。第二次世界大戦における日本・ドイツを舞台に縦横無尽に2人+αの「アドルフ」が動いていく。そして、救いようのなく物語が展開し、環境(命の遣り取りの如き厳しさ)と教育が人間性を後退させる様をこれでもかと描く。◇誰か、アニメーション版にチャレンジできないものか…。まぁ売れ筋とは程遠いが…。

  • 眠気も忘れて、5巻まで読んだのだった。

  • 2016/07/26

  • 全巻読み終えてからの感想。

    手塚治虫の漫画が好きなわけではないが、名作なんだということがよく分かった。

    歴史の勉強になるが、史実と創作が入り交じっていて、何が本当で何がそうでないのかよく分からなくなってしうのが難点。

全26件中 1 - 10件を表示

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アドルフに告ぐ (5) (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アドルフに告ぐ (5) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする