ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)

  • 261人登録
  • 3.70評価
    • (9)
    • (26)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
制作 : スタジオジブリ  文春文庫 
  • 文藝春秋 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784168120022

ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気になっていたジブリの教科書。
    まさに教科書でした。

    制作秘話。
    監督インタビュー。
    美術、原画、仕上、録音演出、音楽担当の方のインタビュー。
    宮崎監督とお父さん役の糸井重里さんの対談。
    宣材コレクション。

    読んでいると「となりのトトロ」が見たくなると同時に、「火垂るの墓」のことも知りたくなってくる。
    同時上映だったこの2作品を比較する話がとても多かったから。
    「火垂るの墓」の教科書も読みたいな。
    あ、あと「パンダコパンダ」が見たくなった。

    「となりのトトロ」は宮崎監督の作品の中では1番好きな映画。
    インタビューなんて読まなくても十分楽しめるんだけど、好きなものの話って楽しいだけじゃなくて嬉しいからやめられない。

    大好きな作品のことを知りたい!という知的好奇心を満たしてくれる教科書。
    こういう教科書なら授業の進行を待たずに読み切れる(笑)

  • 先入観とは恐ろしいもので、本書カバーは宣材ポスターなのだが、トトロの隣に立っているのがサツキでもメイでもない「一人の少女」であることに初めて気付かされた。鈴木プロデューサーの制作秘話は面白かった。元は女の子は一人だったが、同時上映『火垂るの墓』の上映時間延長に対抗して姉妹にしたという話が可笑しい。単なる郷愁ではなく、時代時代の子ども達へのメッセージとして描かれたトトロという視点で今度は見てみよう。宗教学者、口承文芸学者の解説は穿ち過ぎて冗長な面もあるが、違う角度からのアプローチは興味深い。

  • おもしろい!色んなプロのかたがそれぞれ色んな視点から観ている、それをその人の言葉で書かれていて本当に面白く興味深い!ますますトトロが好きになった。

  • ジブリ映画の解説・解釈書である「ジブリの教科書」シリーズの一冊。『となりのトトロ』について、宮崎監督はじめ美術の男鹿和雄ら関係者の解説や、半藤一利ら様々な分野の人々による自分なりの感想や解釈を掲載している。
    興味深いのは関係者の解説だ。監督の考え方だけでなく、裏方として支えてきた美術や録音演出のこだわりや裏話を読むと、『トトロ』を観直して、それらを確かめたくなった。 一方、各界の人々の感想や解釈は、そんな見方もあったのかと楽しめるのもあれば、こじつけすぎに感じられたり単に感嘆詞の羅列だったり、その質に個人差が大きいのが残念だ。

  • 誰もが知る、となりのトトロの制作裏を知ることのできる一冊。ジブリ好きな私としては非常に面白いと感じた。この教科書シリーズ、すべて読破したい。

  • <閲覧スタッフより>
    『新世紀エヴァンゲリオン』、『千と千尋の神隠し』など。あのアニメの主人公やあのアニメ監督の心の動きが分かります!
    --------------------------------------
    所在記号:文庫||778.7||シフ
    資料番号:10220967
    --------------------------------------

  • うーん、宮崎 駿が理屈を積み上げて考えて作られているお話だけに、いくらでも、難しいことを話せるのですが、難しいことを話せば話すほど、嘘くさくなって離れているのが面白いですね。

    トトロを見た子どもって、これをそんなに昔の話としてではなくて、割と今の近くにある話(まあ、近くなくても車でちょっと行けば見つかるような場所)のとして受け止めているのだと思います。
    多分、そうでなければ、のめり込めない。

    でも、そんな風に受け止められない、まったく意味がわからないという世代が、もしかしらもうすぐ出てくるのかもと思ったりもします。

    ポスターの女の子はダレ?

    という話とかが、とても面白い。
    言われてみるまで、まったく気づかなかったです。

  • 突風が吹いた時、そして、電車がなかなか来ない時、ネコバスを思う今日この頃…。

    それはさておき、トトロの世界をとことん掘り下げた、読み応えのある一冊でした。
    半藤一利さんの「大きな忘れ物」と、川上弘美さんの「涅槃西風」がよかった。
    ピクサー・アニメーションのピート・ドクター氏が、日本語版のままでトトロを初めて見た時の感動は、とても興味深かったです。
    ほかにも人それぞれのトトロ論、トトロ愛が満載で楽しめます。

  • 宮崎駿やっぱりすごいわ……。パパ役の糸井重里さんとの対談がとてもよかった。ハッとさせられることもたくさんありました。真摯な作り手に対して私も真摯な受け手になりたいと強く感じました。

  • 【森へのパスポートはどこ?】あのへんな生き物って、そもそも何なの? あさのあつこ、半藤一利ら豪華執筆陣が、不思議な魅力に満ちたトトロの秘密を解き明かす。

全25件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)に関連する談話室の質問

ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)に関連するまとめ

ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジブリの教科書3 となりのトトロ (文春ジブリ文庫)の作品紹介

森へのパスポートはどこ?あのへんな生き物って、そもそも何なの? あさのあつこ、半藤一利ら豪華執筆陣が、不思議な魅力に満ちたトトロの秘密を解き明かす。

ツイートする