風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)

  • 489人登録
  • 3.62評価
    • (10)
    • (21)
    • (16)
    • (4)
    • (2)
  • 25レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 文藝春秋 (2013年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784168122026

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなり酷い。

    背表紙には"自らの作品の背景や狙いはもちろん、文明論から歴史観に至るまで、徹底的に語り尽くした"とあるが、内容のほとんどが後者の文明論や歴史観(そもそも文明論や歴史観ってなんだ?そんな言葉あるのか?)になる。また、インタビュー形式の記載のため非常に読みにくいことと、インタビュアーの言いたい方向に持って行きたいのがあまりいい気持ちにならない。どちらかといえば、宮崎さんの話を引き出すように自分の考えを強く出さない人に行って欲しかった。

    ジブリ映画好きなら、もっと別の本で宮崎さんを知るべきであると強く感じる。

  • 自営業者、特にアートで食べてる人は読むべき。

  • 家に見つからない

  • つい最近まで観る予定も無かった「風立ちぬ」は、なぜか義務のようにさえ思えるような、読み解かなければならない投げかけがいくつもあって、大変労力を必要とする映画だった。
    宮﨑駿が映画という言語を用いずに何を語るのか、答え合わせの必要に駆られて読んだという受け手としては敗北を確認する読書でもあって、結局は何が残ったのかよくわからない。
    安易な共感の心地よさなど不要で、今、自分が生きていることと直結していると感じる直感があるだけで、とてもありがたいことだなと思う。

  • 斜め読みでパラパラと読んだ。インタビュワーの「分かってます」感があった。(インタビューとしてはあまりよくない)
    いまの世界に生きていて、問題だらけなことは分かっている。自分はそんなときに昔の本を読んで「逃げて」しまっていたような気がした。すべてを「引き受ける」アシタカは自分の憧れの人である。

  • 宮沢賢治を「偉い人」という。

  • 少し前に読んだので、くわしい内容は忘れてしまいましたが・・・ 各映画を作成したときの背景や想いをつづった本。

  • 「ストーカー」「ミツバチのささやき」、宮沢賢治、手塚治虫、ブルース・スプリングスティーン、シニアジブリ、関東大震災、庵野秀明、押井守、杉浦茂、「テス」、「ライアンの娘」

  • 【衝撃の引退劇――世界のミヤザキの原点】『風の谷のナウシカ』から『千と千尋の神隠し』まで、十二年間に及ぶロングインタビューで、天才・宮崎駿の発想の“源泉”を探る。

  • 宮崎駿が天才たる所以を随所から感じられる。
    本人からしてみると「天才」という一言で片付けられたら、たまったものじゃないだろうけれど、やっぱり常人には理解しがたい哲学を彼は持っている。

全25件中 1 - 10件を表示

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)の作品紹介

衝撃の引退劇――世界のミヤザキの原点『風の谷のナウシカ』から『千と千尋の神隠し』まで、十二年間に及ぶロングインタビューで、天才・宮崎駿の発想の“源泉”を探る。

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)はこんな本です

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)のKindle版

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)の単行本

ツイートする