タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる

  • 24人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 明治図書出版 (2013年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784180071258

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タブレットやPC・スマホの流通によって新たな可能性が出てきた感覚はやはりあります。
    それによってよくないことも多々あるのかもしれませんが、自動車が事故を起こしながらでも普及したようにこういう電化製品の流れはとまらないのでしょうね。。。おそらく・・・

  • 障害のある子どもの教育のために書かれているが高齢者に応用できないかと考えて読んだ
    本書の考え方は基本的に正しいと思う
    しかし そのままでは応用できない

    タッチスクリーン 拡大
    ワープロ 音声入力
    記憶メモ 録音カメラ
    タイマー アラーム
    スケジュールの管理
    生活支援としてのリマインダー

  • 特別支援教育に活用する際の具体的な事例が載っていて勉強になりました。
    とても分かりやすくICT活用の可能性を感じられる一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

中邑賢龍の作品

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるはこんな本です

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるを本棚に登録しているひと

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるを本棚に「積読」で登録しているひと

タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるの作品紹介

タブレットPCやスマートフォンに対する関心が高まるとともに、学校教育の中でも利用の可能性を探る動きが活発です。しかし、これまでのパソコンと同じように導入すれば、何を目的とするのか位置づけも不明確なままとなってしまいます。そうならないためにも、操作インターフェースが簡単であるというタブレットPCやスマートフォンの利点を最大限に活用すれば、何らかの困難さを抱える子どもたちにとって大きな役割を果たすと考えられます。本書では、これらのツールの意義や具体的活用法について詳述し、さらに子どもたちの新しい能力を活かす社会へつなげる教育についても論じています。

ツイートする