学級を組織する法則 (教育新書 131)

  • 58人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 向山洋一
  • 明治図書出版 (1991年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784186821024

学級を組織する法則 (教育新書 131)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 組織量についてかかれているが、具体的な例が多くイメージがつきやすい。

    係、当番などの活動をこどもの自立に焦点を当てて行うことの必要性を感じさせてもらえた。

  • なぜ学級は崩壊してしまうのか。これを読めば自分の実践の間違っていたところがわかる。
    担任をもったら読んでおくべき一冊。

  • 向山洋一氏の体験談に基づいて、学級を組織する法則が提唱されている。
    この本には、参考文献もないし、氏の独断と偏見のような記述も多い。
    しかし、文章は平易で読みやすく、文章構成も、教育実践を扱う本のなかではとても親切な部類に入ると思う。なにより、提唱されている法則が成功の実体験に基づいているためか、客観的な論拠が希薄にも関わらず、説得力がある。
    「これはいい」「これは変なんじゃないか」「これはなぜだろう」
    読者が今すぐに使えそうなネタも、読者がいぶかしまざるを得ないような、ちょっとあやしい記述もある。それら全て含めて、とても面白く有用な本だと思う。

  • 子どもひとりひとりに一生懸命対応する,
    そしてクラスのシステムが崩壊する。

    ある種の構造を組織するのは当たり前のはずです。
    教師と児童との人間関係だけで学級が出来るはずがありません。
    熱意だけで教師をやろうと思っている人は是非読んでほしいです。

  • 何人もの人に
    「現級留め置きは勉強になるよ。」
    とか、
    「龍先生には、焦らず確実に力をつけていって欲しいと思う。」
    などと言われて、
    私はここ最近、嫌な気分だった。

    私は早く授業がうまくなりたい。

    結果的に時間がかかった,
    というのならいいけど、
    どうしてあえて最初からゆっくりいこうと思って、
    ゆっくり勉強しないといけないのか。


    もう目の前に子どもはいるのに。
    困らせてしまっている授業を日々しているというのに。



    そんな思いでイライラしている時に、
    この本のフレーズを読んで、すっきりした。

    p162 
    「ただし私は、すばらしいものはじっくりかけて成長していくという考えに反対である。後世に残るような仕事をした団体は、アッという問題提起とともに目ざましい成長をするのが常だからである。」


    ということで、がんがんいきましょう。

  • 学級を組織するための原理が書かれている。「組織論」、「活動論」、「指導論」の三つの分野が骨格となるというのが著者の主張。具体的で分かりやすかった。特に「組織論」についての言及は、四月から担任となる自身にとって有益だった。学級経営につまづいた時に読み返したい一冊。

全6件中 1 - 6件を表示

向山洋一の作品

学級を組織する法則 (教育新書 131)はこんな本です

学級を組織する法則 (教育新書 131)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする