銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)

  • 335人登録
  • 3.96評価
    • (48)
    • (28)
    • (53)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 田中芳樹
  • 徳間書店 (1987年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784191534452

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第1章 辺境にて  
    第2章 夏の終わりのバラ   
    第3章 鳴動   
    第4章 発芽   
    第5章 ウルヴァシー事件   
    第6章 叛逆は英雄の特権   
    第7章 剣に行き…   
    第8章 剣に斃れ   
    第9章 終わりなき鎮魂曲(レクイエム)

  • ロイエンタールとミッターマイヤーの友情が哀しい

  • 前巻が辛さのピークだと思ってたら、今巻のほうが辛かった。
    次巻が最終巻。どうなるのか結末を知らないから楽しみである。

  • やはり彼がいないと少々物足りなさを感じる。とはいえ、「帝国軍の双璧」ロイエンタールとミッターマイヤーの対決、避けられる道はなかったのかな。散る命と咲く命。

  • 中学の時と大学生になってからで読んだ印象が全然違ったのだな。

  • 削除

  • 回天篇。

  • ロイがロイが……ロイエンタールの大馬鹿野郎ー!

  • 回天篇。主人公クラス二台巨頭の片割れヤンまで死んでしまいます。ここらで終わったと騒いでいる人もいました。

  • 銀英伝の中でも一番好きな巻v双璧の戦いが切ないっ…!

全15件中 1 - 10件を表示

田中芳樹の作品

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)の作品紹介

地球教徒の陰謀によって、ヤン・ウェンリーは不帰の人となった…。否応なく、彼の遺髪を継ぐ立場になったユリアン・ミンツは、魔術師の死に涙する暇を許されなかった。一方、畏敬すべき宿敵を失った深沈の皇帝ラインハルトは、けだるい発熱に悩まされていた。忠臣たちは、またぞろ皇妃の話題を口にしはじめ、帝国は束の間の憂愁につつまれている。だが、惑星ハイネセンには新領土総督府高等参事官に昇ったヨブ・トリューニヒトが赴任した。「祖国を枯死させたやどりぎめが」とロイエンタールの金銀妖瞳が冷たく光る!

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)の文庫

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)の文庫

銀河英雄伝説〈9 回天篇〉 (トクマ・ノベルズ)のAudible版

ツイートする