最後の惨劇 (トクマ・ノベルズ―惨劇の村)

  • 15人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉村達也
  • 徳間書店 (1992年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784191549630

最後の惨劇 (トクマ・ノベルズ―惨劇の村)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 連続五部作の最終巻。

    これまでの四つの村で起こってきた殺人事件には、『裏の動機』があるのだ、と尾車教授に言われていた朝比奈耕作。

    ところが、ある事件をきっかけにして、
    それらが複雑に絡み合っていた糸がほぐれていく。

    そして、その結果、耕作が知り得た事実とは?

    ある意味、驚愕の事実。
    そして、大きなどんでん返し。

  • レビューはブログにエントリーしています。
    お手数ではございますが、下記のサイトにてお待ちしております。

    明窓浄机
    http://blog.livedoor.jp/tikikiyo3/

  • 今までの4つの惨劇が1つに繋がる。朝比奈耕作にはあまりにも重い真実が出迎えることとなる。どひゃ〜と感嘆するのは間違いない。吉村氏の伏線の張り方には改めて脱帽した。この最終章は満足のいく出来だと思う。朝比奈耕作の出生の秘密や父親の自殺のことなど全てが明らかにされるのだが、それにしても哀しい〜。

全3件中 1 - 3件を表示

吉村達也の作品

最後の惨劇 (トクマ・ノベルズ―惨劇の村)はこんな本です

ツイートする