ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)

  • 3022人登録
  • 4.51評価
    • (1104)
    • (214)
    • (278)
    • (0)
    • (3)
  • 555レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (2003年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784192100106

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)の感想・レビュー・書評

  • これまでDVDでしか観たことがなかったので、オリジナルを読んでみて、とにかく物語の射程の深さと広さに仰天した。神話、自然科学、宗教、戦争、共生、芸術、生と死……あらゆるテーマが詰まっている。本作を読むと、のちの宮崎映画がナウシカのヴァリエーションに過ぎないことがよく分かる。他作品に登場するキャラクターの面影をたどるのも一興。『もののけ姫』の残酷な側面も、『風立ちぬ』の大人な側面も、すべて含まれている。だから何より、引退した理由を知りたければ、本作を読むのが手っ取り早い。

  • 著者が第1巻冒頭で記述されているが、漫画を描くことは苦手のようです。ただ、それでも物凄く面白かった。
    映像には映像の良さが、漫画には漫画の良さがあり、本作品もその良さが活きていると感じました。

    さて、この漫画版ナウシカですが、映像化されている作品よりも時間軸が長く広い世界が描かれています。
    それゆえ物語、特にナウシカの持つ独特の魅力に幅を持たせることができており、そこが一番の魅力です。

    ほとんどの作品は、物語の途中で著者は何を訴えたいのかと考えるときがあるのですが、この作品は著者のナウシカ愛をガンガン感じるシーンがたくさんあり、世界に没入できたので、そういった邪念?を覚える隙を与えてくれず一気にラストまで読ませてくれました。

    「映像は見たから内容は知ってるし漫画は読まなくていい」と思っておられるのであればご一読を。絶対満足できます。

  • 宮崎駿の引退会見後に読んだこともあり、会見の中にあった
    「この世は生きるに値する」
    という言葉を思い出した。

    広げた世界観、物語の回収。
    そしてラストのナウシカの選択。
    途中まで話が冗長かなあ…なんて思ったこともあったが、
    最終巻で評価変わった。

  • どうしても欲しくては、柄にもなく誕生日にねだった漫画。やっぱり読んで良かった~!そして、すごい!

  • これ読むと映画版の巨神兵のあつかいが残念だ
    序盤は映画版とのズレが気になってけど
    それを過ぎてしまえば コミックのほうが断然おもしろい

  • 映画『風の谷のナウシカ』の原作漫画。
    少女・ナウシカを主人公に、人の愚かさ・残忍さ・強さ、生き物の美しさ・無慈悲さ等、”国の在り方””人の在り方””世界の在り方”を様々な角度から提起しています。

    ひとえに”漫画”と分類してしまうのが畏れ多い、壮大で圧倒的な世界観を持った素晴らしい作品。たった7冊とは思えないほど読み応えがあり、何度読んでも異なる余韻を残してくれる名作です。
    ★5つではとても足りないほどの衝撃と影響を受けました。1人でも多くの方に、この作品を手に取ってもらいたいと心から思います。

  •  人間が正義ということはない。しかし自然が正義ということもまた、ない。
     ただそれぞれがあるようにあるだけだ。

  • 内容が濃すぎて一度読むだけじゃ消化しきれない感が拭えない。ナウシカは人間が到達しうる個の極致とも言える存在だ。慈愛こそが大事なのだと教えてくれる。
    世界の終わりを描いたという点、エヴァンゲリオンとすごく似ているし、両方とも難解極まりない物語だ。導き出せる教訓はおそらく数え切れないほどあるのだろう。

    2周目
    クライマックスの主とナウシカとのやり取りは圧巻。
    クシャナの変わり様にも驚く。最終的にナウシカのような超能力を身につけてさえいるのだから。
    現代社会でも、人間同士の諍いの影で、世界中の環境問題が深刻であるという事実に目を向けなければならない。気候変動の結果、一日に100種もの生物が絶滅しているという話もある。

  • 世界一面白い漫画。

    追記
    と、大学2年で読んだときは思っていたのだが、社会人1年になって読み返してみると全くそんなことはなかった。
    クシャナ戦記の部分は文句なく面白いのだが、最後ナウシカが自分のエゴで新人類をブチ殺す描写については議論と再考の余地がある。まあ議論の価値のある漫画であることは間違いない。

  • 積ん読状態になっていたナウシカマンガ版、雨の日曜日ということで一気読み。
    映画はマンガ版の2巻までの話なわけだが、マンガ版を読んだ後だと、やはりどう考えても尺不足を感じずにはいられない。巨神兵への印象も全く変わるしね。
    そういえばクシャナの設定は後年、エヴァのアスカとかゼロの使い魔のタバサが影響されてるのだろうか。

    作品のテーマとしては、現在のジブリ作品の軸となる「多様性の許容」を感じさせると同時に「人間の原罪との付き合い方」についての考察が鋭く盛り込まれている。
    人間の存在自体がすでに地球から恵みを削り取り、互いに食らいあうものであり、人間はその本質に対して葛藤し続けなくてはならない。しかし人間が人間である以上、その葛藤からも結局は何も生まれない。
    よって、一見向上的な営みに見える科学技術や論理による人間の進歩(神性への歩み)を崇めるのではなく、苦しみや悲劇、愚かさといった人間の負の要素をいかにして愛し、抱きながら歩んでいくのか。

    このテーマは以後のSFや環境、人間性の内面を描く表現を含むサブカルチャーに対して大きな影響を与えていると感じた。過ちの螺旋を受けとめながらも時を紡ぎ、人間の過ちこそを生きるエネルギーと認めたターンエーガンダムなどにも、同じ匂いがする。

    作風はどちらかといえば映画版原画にかかわっている庵野秀明に近い・・・かな?
    時間と体力があればもっとたくさん書いてまとめてみたいけれど、社会人的には寝なくてはならない・・・
    感動が薄れないうちにかけるかな・・・

  • 幼少期から今に至るまでとても大好きな作品です。

  • 美も醜も越えたところの価値観。
    読んでよかった。

  • いつだって、どこだって、やっぱりナウシカ。

    やっと全巻セットが買えました。
    自分へのご褒美。

  • 職場の人から貸してもらって、初めて漫画版読んだ。
    映画は昔から何度も見ていたけど、かなり初っ端からストーリー展開が違って来ててびっくり。
    映画も結構壮大だと思ったけど、漫画の方はそれ以上に物凄く壮大なスケールで描かれていて、自然と人の関わり方とか、生きるとは何かとか、色々なテーマが見えてきて物凄く読み応えがあった。
    ナウシカが女性キャラとして今も愛される理由がよく分かった。
    映画との見比べも楽しい。
    個人的にトルメキアのクシャナ殿下とクロトワのイメージが、漫画でものすごく変わってすごく好きになった。
    あと巨神兵予想外すぎた。そういう展開でくるなんて思いもしなかったよ。
    アスベルはてっきり最終的にお相手的なポジションでいたのかと思ってたけど、漫画読むとだいぶ違った。
    ユパ様がぶれないカッコよさで惚れ直す。ユパ様最高です。あとテトも大好き。最終巻泣いた。

  • いわずと知れたナウシカの原作。1982年から1994年にかけてアニメージュに連載された。入手した中古本セットは2009年版。第1巻は104刷、第7巻は53刷。
    映画のストーリーは2巻で終わり、3巻以降は映画とは異なる話。面白くて隙間時間を全て費やしたくなる本。

    ストーリーテリングの上手さ、メカデザインの格好良さ、キャラの性格設定、などなど宮崎駿の才能が存分に発揮されている。

    連載当時、クラブ部室で誰かに借りて断片的に読んだときに理解できなかったストーリーを初めて把握出来た。

  • 映画の3倍くらい内容が濃い原作。
    腐海の衝撃的な秘密も明かされる。
    ナウシカが満身創痍で闘う姿に胸が熱くなり「ナウシカーっ!ユパさまーっ!」となるに違いない。
    人と森。
    駿さんが常に人間に問いかけるテーマ。
    個人的にユパさまファンだ。
    ナウシカを案じて「私の愛しい風」と最期の言葉を残す。
    これがね…グッときちゃうんだわ。

  • 随分昔に一度読んだことがあるのだけれど、なんか映画とは比べものにならないくらい壮大な話やったな(映画は映画で大好きです)って記憶しかなくて内容ほとんど覚えていなかったので久しぶりに読んだ。

    どんなに辛くて苦しくても、生きていかなきゃ。

    物語の最後にある言葉が風立ちぬのキャッチコピーと同じだった。

  • 小学生の頃に読んだっきり、18年振りに徹夜で一気に通して読んだ。
    私にとってはバイブル扱いなのに、なぜか通しで読んだことはほとんどなかったのが不思議。

    昔読んだ時には幼すぎて理解出来なかった色々なこと...。
    完全に理解は出来なかったあの時でさえ、この漫画のメッセージは、小さい頃の私の心にムシゴヤシの根のように深く根を張ったんだと今になって感じる。

    何度も何度も涙が溢れ出た。

    この危うい国際情勢、そして、大自然が汚染から回復するためについに活動を開始した今だから、こうして一気に読まなければいけなかったんだと思う。

    みんながもう一度じっくりとナウシカを読む必要があるんだと思う。ナウシカで描かれた世界は、大本に置いては、今この私達が生きる世界と同じ、この漫画は風刺に満ちている。

    犯すべからざる生命倫理に反した人間の暴虐の数々...
    試験管で培養される王蟲たち。
    人間、動物、植物ー生命のすべてを汚染された大地に合わせて作り替えるバイオテクノロジー...

    愚かな人間が持つべきでなかった科学技術。
    今の人間の知性ではとてもじゃないが扱いきれない、そのあまりにも強力な呪われたテクノロジーが、暴走した人間の欲望を呼び、世界は何度も何度も滅亡の歴史を巡る。

    自然から長い間離れてしまった人類は、生命の営み、自然の法則から切り離されてしまったが故に、己の欲望のままに暴走する。

    「世界は人間に利用されるために存在している」という考え方が問題なのだと思う。

    歴史のある時点で、支配者たちは自分たちがすべてのものを作り替え、支配し、思い通りに操れるものだと勘違いしてしまったんだろう。今でさえ、自らの母親である大地への敬意を失い、搾取して傷つけて奪い取ってまるでガン細胞のように生きている。

    でも、私達人間は自然の中から生まれ、自然の中に帰っていく。

    その肝心のところを忘れ果てて、人間はあの培養された粘菌のように、孤独と恐怖に怯えながら愛を求めて増殖し、周囲のものを食いつくしていく。

    私たち人間は、あの粘菌のようだと思う。
    自分たちで意識してはいなくても、暴走した粘菌のようにいずれは大地の肥やしとなるための存在、それも何かとても重要なことを成し遂げるための過程としての今の暴挙なのじゃないだろうか?

    私達は、ナウシカの道を進まなければいけないんだと思う。
    科学技術は、みんなを破滅へと追いやっていく。
    不毛な技術は、完全に破棄しなければいけない。
    いくら封印しても、必ずまた欲望に満ちた誰かによって封印は解かれるのなら、それを責任を持って背負っていくしかない。

    人間がみんな欲望を捨て、成熟した精神に乗っ取って行動できるのなら科学技術があっても活用できるだろうけれど、今の人類にはまだまだ早すぎると思う。
    人類は、科学の発展と銘打って、実際のところ兵器の開発の為に投資してきた。戦って殺しあうための科学だ。
    そんなことを目論んでいる限り、人類には科学技術を虐殺のため以外に使いこなせる訳がない。

    今が自然の法に沿った生き方に戻る時なんだと感じる。
    もう時間がない。

    ナウシカのように強くはないだろうけれど、私達は死ぬまでに何かしらのことは出来るはずだ。
    それがほんとに些細なことで、誰も気にも止めないようなことだったとしても。

  • 宮崎駿が創りあげたマンガの芸術!マンガの哲学!

    人生の50冊 マンガ編 ベスト1

    文句なく日本が産んだマンガの最高傑作。
    トルーキンが生み出したファンタジー小説「指輪物語」を下敷きして、
    人類が触れてはならない科学によって生じた、
    破滅的戦争後の世界における
    「人類の業」を描ききった宮崎駿哲学の到達点。
    アニメ「風の谷のナウシカ」しか知らない人は、
    その後の世界の成り行きに
    大きく戸惑うだろう。まさにアニメは序章に過ぎない。
    マンガ版を完読してアニメ版観ると、
    そこには長閑さと気楽ささえ漂っていたと感じる程に
    その後のナウシカが背負う運命は壮大で、
    過酷な試練の連続である。
    そして物語の最後には、世界の破滅と
    ナウシカによる世界の救済が描かれる。

    「それでも世界は、生きるに値するのだ」
    と宮崎駿のメッセージは最後まで明快だ。
    この人はそのメッセージからブレない、どの作品でもブレない。
    だから作品群を通して明るい未来が灯るのだ。
    日本にこの頑固な哲学老人がいてくれてよかった。

    フクシマ原発事故以来、
    このマンガ「風の谷のナウシカ」は更に大きな意味を持った。
    我々は今まさに核に汚染された「風の谷に住んでいる」。
    この世界の業を背負う覚悟はあるか、
    マンガ「風の谷のナウシカ」は我々、
    一人一人に問うている。

  • 文句なく名作でした。
    ★4つなのは、もはや古典の趣(とはいえ、テーマ自体も全然古くはないのです)でして、読後それほど世界観にどっぷりとひたれなかったから。

    20年以上前、5巻目くらいで中断してた時期に
    4巻5巻を泣きながら読んだ記憶があるけど、あのころは若かったんだろうなぁ。

  • 最後???だったけど、いろいろ解説サイト見てやっとわかった。分かったらなんかすごかった。
    戦いの話とか慣れてないからなのか、どの軍の船なのか、誰と誰が戦ってるのか、ひどいときはそのコマに描いてあるのが誰なのかさえ分からなかった。

  • 大人買いしたナウシカ,やっと読めた!
    なるほど,映画もよかったけど,漫画の方が深いなあ。
    ちょっと読みにくいのが難点だけど。すべてが絵コンテのようで。

    ラスト,良かった。巨神兵,切なかった。
    完全なる調和,平和に対する姿勢,共感します。
    私の一番好きなマンガ「イティハーサ」にも通じるものがある。

    夜なべして良かった!

  •  "生まれ方に関係なく、すべての命はあることに意味があること"を強く感じた作品でした。蟲や巨神兵など、どのように生まれたか・作られたかに意味はなく、それらには意思があり、生命であることが重要であること。それらも1つ1つの個であり、それらの個で全が構成されるため、それら1つ1つの個全てが全であることを、深く再認識したような気がします。

     もう少し大人になった時また改めて読み返したいと思う、一冊です。

  • この世界観。最終巻は3回読み直してしまった。大好きです。

  • 映画しか知らずにこの作品を読んだ。違う作品だった。風の谷の存在感の無さに驚いた。力の戦いと智慧・思想・言論の戦いがうまく組み合わさっていた。後半(特に終盤)独特の精神世界が強調されて所々ついていけないというか、同じペースで歩けない場面があったが、それが魅力なのかなとも思った。ナウシカの人間性が難しい方に転がっていってしまって、物語の流れとしてしかたがないのかもしれないけれど、すこし寂しさを覚えた。もっと天真爛漫な彼女を見たかった。虫をはじめ悪霊にも胸を貸す強さと優しさがよかった。文明時代の遺産発掘や、虫たちの生態、巨神兵などもっと知りたいことがあった。物語の終わり方は完全に納得し得るものではなかったが、色々と考えさせる、話の流れの中で共に考えられる、貴重な時間を過ごすことが出来た。漫画としてはじめは少々読みにくいなあと思いもしたが、引きこまれればどうということはなかった。映画とはまた別に、見て、読んで、世界に入ってよかったと思う作品だった。

全555件中 1 - 25件を表示

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)に関連するまとめ

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「積読」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)はこんなマンガです

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)のコミック

ツイートする