ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)

  • 3039人登録
  • 4.51評価
    • (1107)
    • (214)
    • (278)
    • (0)
    • (3)
  • 555レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (2003年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784192100106

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまでDVDでしか観たことがなかったので、オリジナルを読んでみて、とにかく物語の射程の深さと広さに仰天した。神話、自然科学、宗教、戦争、共生、芸術、生と死……あらゆるテーマが詰まっている。本作を読むと、のちの宮崎映画がナウシカのヴァリエーションに過ぎないことがよく分かる。他作品に登場するキャラクターの面影をたどるのも一興。『もののけ姫』の残酷な側面も、『風立ちぬ』の大人な側面も、すべて含まれている。だから何より、引退した理由を知りたければ、本作を読むのが手っ取り早い。

  • 著者が第1巻冒頭で記述されているが、漫画を描くことは苦手のようです。ただ、それでも物凄く面白かった。
    映像には映像の良さが、漫画には漫画の良さがあり、本作品もその良さが活きていると感じました。

    さて、この漫画版ナウシカですが、映像化されている作品よりも時間軸が長く広い世界が描かれています。
    それゆえ物語、特にナウシカの持つ独特の魅力に幅を持たせることができており、そこが一番の魅力です。

    ほとんどの作品は、物語の途中で著者は何を訴えたいのかと考えるときがあるのですが、この作品は著者のナウシカ愛をガンガン感じるシーンがたくさんあり、世界に没入できたので、そういった邪念?を覚える隙を与えてくれず一気にラストまで読ませてくれました。

    「映像は見たから内容は知ってるし漫画は読まなくていい」と思っておられるのであればご一読を。絶対満足できます。

  • 宮崎駿の引退会見後に読んだこともあり、会見の中にあった
    「この世は生きるに値する」
    という言葉を思い出した。

    広げた世界観、物語の回収。
    そしてラストのナウシカの選択。
    途中まで話が冗長かなあ…なんて思ったこともあったが、
    最終巻で評価変わった。

  • どうしても欲しくては、柄にもなく誕生日にねだった漫画。やっぱり読んで良かった~!そして、すごい!

  • これ読むと映画版の巨神兵のあつかいが残念だ
    序盤は映画版とのズレが気になってけど
    それを過ぎてしまえば コミックのほうが断然おもしろい

  • 映画『風の谷のナウシカ』の原作漫画。
    少女・ナウシカを主人公に、人の愚かさ・残忍さ・強さ、生き物の美しさ・無慈悲さ等、”国の在り方””人の在り方””世界の在り方”を様々な角度から提起しています。

    ひとえに”漫画”と分類してしまうのが畏れ多い、壮大で圧倒的な世界観を持った素晴らしい作品。たった7冊とは思えないほど読み応えがあり、何度読んでも異なる余韻を残してくれる名作です。
    ★5つではとても足りないほどの衝撃と影響を受けました。1人でも多くの方に、この作品を手に取ってもらいたいと心から思います。

  •  人間が正義ということはない。しかし自然が正義ということもまた、ない。
     ただそれぞれがあるようにあるだけだ。

  • 内容が濃すぎて一度読むだけじゃ消化しきれない感が拭えない。ナウシカは人間が到達しうる個の極致とも言える存在だ。慈愛こそが大事なのだと教えてくれる。
    世界の終わりを描いたという点、エヴァンゲリオンとすごく似ているし、両方とも難解極まりない物語だ。導き出せる教訓はおそらく数え切れないほどあるのだろう。

    2周目
    クライマックスの主とナウシカとのやり取りは圧巻。
    クシャナの変わり様にも驚く。最終的にナウシカのような超能力を身につけてさえいるのだから。
    現代社会でも、人間同士の諍いの影で、世界中の環境問題が深刻であるという事実に目を向けなければならない。気候変動の結果、一日に100種もの生物が絶滅しているという話もある。

  • 世界一面白い漫画。

    追記
    と、大学2年で読んだときは思っていたのだが、社会人1年になって読み返してみると全くそんなことはなかった。
    クシャナ戦記の部分は文句なく面白いのだが、最後ナウシカが自分のエゴで新人類をブチ殺す描写については議論と再考の余地がある。まあ議論の価値のある漫画であることは間違いない。

  • 積ん読状態になっていたナウシカマンガ版、雨の日曜日ということで一気読み。
    映画はマンガ版の2巻までの話なわけだが、マンガ版を読んだ後だと、やはりどう考えても尺不足を感じずにはいられない。巨神兵への印象も全く変わるしね。
    そういえばクシャナの設定は後年、エヴァのアスカとかゼロの使い魔のタバサが影響されてるのだろうか。

    作品のテーマとしては、現在のジブリ作品の軸となる「多様性の許容」を感じさせると同時に「人間の原罪との付き合い方」についての考察が鋭く盛り込まれている。
    人間の存在自体がすでに地球から恵みを削り取り、互いに食らいあうものであり、人間はその本質に対して葛藤し続けなくてはならない。しかし人間が人間である以上、その葛藤からも結局は何も生まれない。
    よって、一見向上的な営みに見える科学技術や論理による人間の進歩(神性への歩み)を崇めるのではなく、苦しみや悲劇、愚かさといった人間の負の要素をいかにして愛し、抱きながら歩んでいくのか。

    このテーマは以後のSFや環境、人間性の内面を描く表現を含むサブカルチャーに対して大きな影響を与えていると感じた。過ちの螺旋を受けとめながらも時を紡ぎ、人間の過ちこそを生きるエネルギーと認めたターンエーガンダムなどにも、同じ匂いがする。

    作風はどちらかといえば映画版原画にかかわっている庵野秀明に近い・・・かな?
    時間と体力があればもっとたくさん書いてまとめてみたいけれど、社会人的には寝なくてはならない・・・
    感動が薄れないうちにかけるかな・・・

全555件中 1 - 10件を表示

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)に関連するまとめ

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)を本棚に「積読」で登録しているひと

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)はこんなマンガです

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)のコミック

ツイートする