平常心―激動期を生き抜く心の500語 (トクマブックス)

  • 15人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 尾関宗園
  • 徳間書店 (1974年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195012468

平常心―激動期を生き抜く心の500語 (トクマブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父と母の名前宛てにサインがしてあった。会社の旅行で訪れたのか、講演を聞きにいったのかはわからない。最近の本にも書かれていることが、書いてある。ジェネレーションギャップはいつの時代にもある。自分に集中していないから、他の人のことが気になる。納得。

  • 大学生の時、友人からもらった本。
    10年経って今更ですが、読んでみました。

    この本は、作者(和尚さん)が自分の為に書いたメモを本にしたとのことで、
    話の前提や脈絡が分からない個所も多々ありました。

    が、和尚さんの人生に対する真摯な姿や、
    「ありのままを受け入れろ!精一杯がんばれ!」
    といった感じの励ましの言葉のシャワーは感じることができました。

    『自分ももっと精進せにゃな~』と気付かされた一冊です。

  • 私が中学生の時、母がサイン入りの本をプレゼントしてくれました。それ以来、大切にしています。

全4件中 1 - 4件を表示

尾関宗園の作品

平常心―激動期を生き抜く心の500語 (トクマブックス)はこんな本です

平常心―激動期を生き抜く心の500語 (トクマブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平常心―激動期を生き抜く心の500語 (トクマブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平常心―激動期を生き抜く心の500語 (トクマブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする