退職刑事 (徳間文庫 103-1)

  • 26人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 都筑道夫
  • 徳間書店 (1980年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195671139

退職刑事 (徳間文庫 103-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和の空気~。
    団地での団欒、和服でくつろぐ、言葉遣い。
    妙に色っぽい話が多いのもセピアな感じ。
    5兄弟の末っ子刑事が事件を家で親父さんに話すと事件を解決してくれるパターン。
    あ、これは覚えるというのもあったけど、以前読んだ時よりも昭和の空気に浸れて楽しい。
    この本はアンソロジーだそうなので、連作の方も読んでみようかな。

  • 日本の安楽椅子探偵の草分け的ミステリ。
    これを子供の頃に読んでしまって、安楽椅子探偵スキーになってしまった。
    実家に戻って久しぶりに何度目かの再読。
    いま読んでも面白い!
    父親と末息子という関係もいいんだよなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

都筑道夫の作品

退職刑事 (徳間文庫 103-1)はこんな本です

退職刑事 (徳間文庫 103-1)の単行本

ツイートする