月の王 (徳間文庫)

  • 22人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 夢枕獏
  • 徳間書店 (1993年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195676851

月の王 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 母の書棚にあったので。やっぱり好き、夢枕獏。古代インドを舞台に、王子アーモンは暇潰しと称して、妖や幻獣の仕業と恐れられる現場に度々首を突っ込んでいく。老いた従者ヴァシタとの冒険譚を記した短編集。どれも好きな話ばかりだが、特に最後の人の言葉を話す幻獣の話が好きだった。

  • 私が特に好きだった話は「傀儡師」。アザト絡みでない話では「人の首の鬼になりたる」が好きです。人の首におしっこかけちゃぁいかんということで。

全3件中 1 - 3件を表示

夢枕獏の作品

月の王 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする