銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)

  • 92人登録
  • 3.62評価
    • (9)
    • (10)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 田中芳樹
  • 徳間書店 (1988年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195684528

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸して頂いて読了。

    カタカナの名前を覚えるのが苦手なため登場人物がなかなか覚えられない上、戦術メインに淡々と進むため、私にとっては取っ付きにくい内容。
    それらを補ってあまりある魅力を感じたため、続けて次巻以降も読む予定。

  • ロイエンタールとミッターマイヤーがラインハルトに下るシーンだけでお腹一杯。
    しかしラインハルト&ヤン以前の両軍は低レベル同士の争いだったのだなあ。例えばラインハルトが軍に入らなかったら、ヤンが捕虜になっていたら、歴史のif話をしても無意味であるけど、どちらかが大敗してもおかしくない。

  • 本編の過去にあたる話。ロイエンタールとミッターマイヤーがラインハルトの麾下に加わるエピソードなど。


    エピソード自体はアニメで見てしまっていましたが、アニメとの違いを見つけながら読むのも楽しかったなーと。
    なにより嬉しいのがキルヒアイスがラインハルトの隣にいること!ラインハルトが何度もキルヒアイスの髪を触っている所とかを読むと、本当に2人はずっと近い距離にいたはずなのになって、ずっとこのまま2人で歩んでいくはずだったのになって、改めてキルヒアイスとの時間が大事な思い出に感じる。

    現在本編の5巻まで読了していますが、本編と比べて外伝のラインハルトがとても少年らしい!このラインハルトは好きだなって思いました。


    解説にも書いてありましたが、外伝1は本編の2巻を読み終わってから読んだ方が楽しめると思います。

  • 2008.09.06開始 2008.09.07読了

    ラインハルト&キルヒアイスとロイエンタール&ミッターマイヤーの初対面。

  • 全10巻+外伝4巻読破

  • 双璧との出会い、同盟軍の内情など本編が始まる前の舞台裏が垣間見える。

全6件中 1 - 6件を表示

田中芳樹の作品

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)はこんな本です

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)の作品紹介

宇宙暦795年、帝国暦486年。ゴールデンバウム朝銀河帝国は、自由惑星同盟軍の攻勢に報復を開始。皇帝フリードリヒ4世の戴冠30周年を勝利で飾るのだ。この戦略的意義のない会戦の陰で、帝国軍中将ラインハルトは、皇帝打倒の野望を抱いていた。王朝を倒し、自分こそが全宇宙の覇者となるのだ。19歳の若者が帝国最大の反逆者となるだろうことを知る者は、副官キルヒアイスのみだった。長篇スペース・オペラ。

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)のKindle版

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)の新書

銀河英雄伝説外伝〈1〉星を砕く者 (徳間文庫)の文庫

ツイートする