柳生十兵衛 (徳間文庫)

  • 26人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 峰隆一郎
  • 徳間書店 (1989年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195987780

柳生十兵衛 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・・・小学生の頃頑張って司馬遼太郎を読んだときのような読みづらさだった(いや、今は楽々に面白く読めますよ)。
    時代なのかそういう文体の筆者なのか・・・

  • ・・・小学生の頃頑張って司馬遼太郎を読んだときのような読みづらさだった(いや、今は楽々に面白く読めますよ)。
    時代なのかそういう文体の筆者なのか・・・

  • たぶん、忘れられた作家になっている人だろうけど、中高生の頃にはじめてこの人の時代小説を読んだ時は、ちょっとびっくりした。時代小説に官能小説の要素付けて書くという技法(そこそこ名の売れた本格派として知られる作家も一つや二つはこの手の小説を書いている。たぶん大人の事情だろう。)は、当時もそれほど珍しいものではなかったのかもしれないけど、これだけ連作した作家は珍しいと思う。伝奇的な要素は、ほとんどなく、それでいて過剰に官能小説表現に寄っていないという意味で結構好きなんだよな。この作品とは、直接関係ないけど、何かの文庫のあとがきの解説で峰氏の小説を家を訪ねてきた女子高生に見せるという、えらいチャレンジャーなことをしていると書いていた評論家がいたけど、あれにも驚いた。

全3件中 1 - 3件を表示

峰隆一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

柳生十兵衛 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする