シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2480人登録
  • 4.00評価
    • (437)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 345レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • チベット民話『犬になった王子』を下敷きにし、宮﨑駿が絵と文を書いた作品。話自体は自身でも地味と書いているが、チベットにある貧しい谷間の小国の王子が、大麦の籾を探し求め放浪する淡々とした話。同時期に描かれたナウシカと共通するモチーフが見られ、また、ゲド戦記、もののけ姫の原案の一つでもある。宮﨑駿の原点を知りたい人にはお薦め。

  • 宮﨑駿の絵が好きなら持っていても。メカは出ない。映画化はまだか。

  • 1983年の本。
    ナウシカ、ラピュタ、トトロ、もののけ姫、この物語の中に全てのモチーフがあるような印象でした。

  • 宮さんの作品はいつもどこかにきちんと影がある。幸せだけの幻想ではない。

    それにしてもこの絵はどこから生まれてくるんだろう。映画作品を観ていても、いつも不思議。
    すごい人の頭の中はどうなってるんだろう。

    作品のあちこちにジブリの映画たちが感じられる。

  • これはうまく読み解けなかった。社会の成り立ち?どういうことを伝えたものなんだろう。

  • この話がアニメにできなかったのか。今なら、できそうなのに。

  • 行き倒れの旅人から
    「人々の飢えを除く黄金の穀物が実る
    豊饒の地が西の果てにある。」
    と、耳寄りな話を聞いた
    貧しい国の王子『シュナ』は
    相棒『ヤックル』と共に
    旅へ出る決意をする。

    生きる為の糧を求め
    住み慣れた地を去る…
    と、言うのが
    もしかすると
    本来の正しい旅の目的なのかもしれない。

    過酷な『シュナ』の旅には
    観光も娯楽もなかったが(当然…)
    干からびた地にしがみつき
    死を待つだけの日々を無為に過ごす事を快しとしなかった若者に
    天は一体何を与えたか。

    「この民話のアニメーション化が僕の夢だった。」
    と、語るアニメーション作家宮崎駿。
    元になっているチベットの民話は優しい童話だが、
    彼は、物語の根っこに絡んでいた「大人にこそ向き合って欲しい金ピカの種子」をみつけていたんだな、と感じた。

  • 読了。
    シュナの旅
    宮崎駿

    後輩からゲド戦記の元になっている本ということでオススメされて読んでみた。全体的に漫画を見ているような、絵がたくさん色彩豊かでさすが視覚を大事にする人の本だなあと思った。
    ストーリーはチベットの昔話を引用しているようだが、自然の厳しさ、美しさ、グロテスクなところ、を捉えているのはさすが宮崎駿。シュナ自身の物語に惹かれる一方で、些細なことに感謝できる、そんな物語になっている。
    すごく簡単に読めるし、ジブリが好き!という人は是非一度読んでみてください。

  • 短編だけどぎゅぎゅっと詰まっている。
    ひとつの民話からこういう風にぱぁっと世界観の広がる画を創り出せるのは本当にすごいよなぁ。
    …こういう風に絵を描きたい(こんな天才的なの絶対無理だけど 笑)。
    元の民話の方を読んでみたくなった。

  • ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫の元となる作品なのでしょう。
    シュナはナウシカのようであり、アシタカのようでもあり、緑の巨人はロボット兵みたい。

    土に根を下ろし、風とともに生きよう。
    種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。

  • チベット民話「犬になった王子」をもとに創作

  • 実家にあったので最初に読んだのは子どもの頃。ビジュアルがやはり素晴らしいし、ストーリー展開もなんかバランスというかおさまりが良い。宮崎さんの、シンプルな美少年・美少女顔も好き。

  • 2015年5冊目。

    チベットの民話が元になっている物語で、宮崎駿がアニメーション化することを夢見ていたという作品。
    絵は「風の谷のナウシカ」にそっくり。
    「もののけ姫」で大好きなヤックルがこの作品に出ていたと知り驚き。
    飢えに苦しむ王国を救うべく「金色の種」を求めて西へと旅立つシュナ。
    旅の道程で人食いや人の売り買いという負の世界を知る。
    「金色の種」が実る地に辿り着き、その種がどのようにできるかという現実を知りつつも手にしたシュナの心境はどんなものだっただろうか。
    短いながらも「食べる・生きる」というテーマに迫る良い作品だった。

  • ナウシカの前身みたいな話。
    めちゃ感動!

  • 私という人間は、宮崎駿という人間が生み出した物語によって人格形成がなされたと言っても過言ではありません。その原点が、この物語にはありました。

  • 「風の谷のナウシカ」を思わせるような登場人物、世界観。
    短編であり、気分転換として読みましたが、読み終わった後はハッピーな気分になりました。
    宮崎駿さんのファンタジーっていいですね。

  • 2014/9/1読了。
    古書店で懐かしい書名を見つけて購入、再読。
    たしか『風の谷のナウシカ』の頃に出た本で、当時中学生だった僕は本書を読んでも「ナウシカに似てるけど地味な話」としか思わず、たいして印象にも残らなかった。中学生なんてそんなものだ。頭の中の引き出しが大ざっぱにしか仕切られておらず、この本をどこに入れたらいいのか分からなかったのだろう。「ナウシカに似ている話」という仕切りを作ってそこに放り込むことしかできなかったわけだ。いま読み返してみると、こんなに豊かな本を扱いかねたなんて、当時の僕の愚かさ底の浅さが知れる。
    後に「宮崎駿の思想」的に語られる要素もプリミティブな寓意の形で表れていて分かりやすい。この歳になってから読むと、それなりに寓意解釈もできるものだ。この日本で彼のアニメが国民的なヒットを飛ばし続けたのは解せないが、僕とは違う別の人生を歩んできた人には別の読み方ができるのだろう。
    この本を入れる場所はいくらでも何通りでも存在する。ただし、自分の周囲の世界を疑わず、せいぜい「風の谷のナウシカというアニメを見たことがある」という程度のことしか本書の繋げ先としての人生経験を持たない中学生には、それなりの読み方しかできなかった、ということだ。懐かしい本を読み返してみるというのも良いものだ。

  • 穀物。何よりも重要。生の象徴というよりは、生そのもの。私たちの中核であり、構成するすべて。そして現代人はそれを知らない。宮崎さんはまだその少し前の人類の心を知る人なのか、知ろうと努めたのか、それとも戦争と貧困の体験に、穀物の伝説との親和性があるのか。いや、自分の親世代には実感をもって伝わるレベルの伝説なのか。
    石原慎太郎が言っていたが、今の若者は不幸だ。貧困を知らない。
    こう一概に暴力的に定義づけられると腹が立つが、この作品を読むとこの作品の美しさをきっと心から理解できないのは寂しい。
    穀物の伝播の伝説は良いですよね。日本や沖縄では米の伝説がマレビトから。やっぱり島国では海の向こうからやってきたり。このチベット系でも断絶した崖の先の海の先に神の国があるんですね。農民の純粋な感謝と憧憬がどうにも愛おしい。

  • ジブリ映画「ゲド戦記」と「もののけ姫」を併せたように思える。逆か。シュナの旅から「ゲド戦記」と「もののけ姫」が派生している。ゲド戦記は原作(翻訳)も読んでいるが,ジブリの「ゲド戦記」も嫌いではない。生きることを正面から取り上げる作品をもっと鑑賞したいぞ。

  • 服部さんの新しい東京日記

全345件中 1 - 25件を表示

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))に関連する談話室の質問

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))に関連するまとめ

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする