シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2522人登録
  • 4.00評価
    • (443)
    • (332)
    • (415)
    • (12)
    • (1)
  • 352レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとあの『ゲド戦記』(ジブリの映画版です)の原作にクレジットされていてびっくりしました。確かに言われてみればそういう描写も出てきたかもです,が,コレはゲド戦記のことを忘れて楽しんで戴きたいです!!
    漫画ってよりは絵本ですね。一言で言い表すと,情熱と愛の物語です。若いって良いですね!!僕は,宮崎作品の真骨頂をこの小冊子に見ました。

  • 宮崎駿がチベットの民話を元に描いたと知り、日本で買ってチベットで読んだ。
    チベットが云々とかの次元でなく、宮崎ワールドにやはり圧倒。
    この旅行、中国雲南〜チベット〜ネパールはジブリの世界が広がってたなぁ。

  • 薦められて?.?で買った本☆
    宮崎作品をほとんど知らない初心者がここから宮崎さんを知っていくのは
    非常にマニアックな入り方だと思う☆
    結構薄い本ですが、カラーページで
    物語もしっかりしていて読みごたえがある☆
    物悲しいかんじもするけど、
    綺麗なお話☆
    宮崎作品を好きな方はきっと気に入ってもらえるはずです★

  • (あの!)宮崎駿が、チベットの民話をもとに描いた物語です。
    貧しい小さな国を後継者のシュナが、“はるか西方にある黄金の穀物が実る地”をめざす話です。
    痩せた土地で細々と暮らしている人々に少しでも豊かな暮らしができるようになれば…と旅立ったシュナとヤックルだったけれど、村の外の世界は、そして都会は、西方への旅は、予想をはるかに超える過酷なものでした。
    独特な動物や植物や巨人などが出て来て宮崎ワールド全開です。シュナをささえる少女テアも登場して、ちょっぴりホッと出来るのですが、それでも過酷な旅は変わらないっ。
    ふたりで支えあって生きていく純粋な心が素敵です。うらやましいな。

  • チベットの民話を元に書かれ、「ゲド戦記」の原案にもなっているそうです。いかにも民話らしい雰囲気が、読み手に語りかけてくるように感じます。一見地味でよくありそうな話だけど、何度も何度も読んでかみしめたくなるような…。大事に読みたい一冊です。

  • ジブリ映画のルーツ。チベットの伝説を元に絵本形式。

  • 今回のジブリ映画「ゲド戦記」の下地となった面も大きいのではないかと思われる1冊。ナウシカの頃に書かれた物らしいが、ナウシカの価値観に通じる物がある。また、ゲド戦記の設定とだいぶ近いが、こちらのほうが完成度は高い。駿監督でもう一度作って欲しい・・・。ストーリーは⇒谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、旅人からもらった実りの種をたずさえ、はるか西方にあるという豊饒の地を目指す……。宮崎駿がチベットの民話を題材に描く絵物語。オールカラー147ページ。 

  • 今回のジブリ映画「ゲド戦記」の下地となった面も大きいのではないかと思われる1冊。
    ナウシカの頃に書かれた物らしいが、ナウシカの価値観に通じる物がある。
    また、ゲド戦記の設定とだいぶ似通った点が見られる。
    こじんまりながらもこちらの方がストーリー性もあり、1つの作品として楽しめる。
    完成度が高いのではないかと思う。

    私個人としては、ゲド戦記ではなく、宮崎駿さんの手がけた「シュナの旅」を映画で見たかった。

  • ゲド戦記の原案参考にされているようです。ということはこれを映画化することはないのかな・・・
    宮崎駿監督に映画化してもらいたかった。
    絵はもちろん私の好きなジブリタッチ。物語というか民話をもとにしているらしいのでそれっぽい雰囲気ですね。文章もどこか伝承的。

  • 映画『ゲド戦記』原案。チベットの食物来訪民話がベースとなった宮崎駿の原点ともいえる1冊。私の原点でもあります。

全352件中 91 - 100件を表示

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 雄彦
あさの あつこ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする