シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2516人登録
  • 4.00評価
    • (443)
    • (331)
    • (415)
    • (12)
    • (1)
  • 352レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 穀物。何よりも重要。生の象徴というよりは、生そのもの。私たちの中核であり、構成するすべて。そして現代人はそれを知らない。宮崎さんはまだその少し前の人類の心を知る人なのか、知ろうと努めたのか、それとも戦争と貧困の体験に、穀物の伝説との親和性があるのか。いや、自分の親世代には実感をもって伝わるレベルの伝説なのか。
    石原慎太郎が言っていたが、今の若者は不幸だ。貧困を知らない。
    こう一概に暴力的に定義づけられると腹が立つが、この作品を読むとこの作品の美しさをきっと心から理解できないのは寂しい。
    穀物の伝播の伝説は良いですよね。日本や沖縄では米の伝説がマレビトから。やっぱり島国では海の向こうからやってきたり。このチベット系でも断絶した崖の先の海の先に神の国があるんですね。農民の純粋な感謝と憧憬がどうにも愛おしい。

  • ジブリ映画「ゲド戦記」と「もののけ姫」を併せたように思える。逆か。シュナの旅から「ゲド戦記」と「もののけ姫」が派生している。ゲド戦記は原作(翻訳)も読んでいるが,ジブリの「ゲド戦記」も嫌いではない。生きることを正面から取り上げる作品をもっと鑑賞したいぞ。

  • 服部さんの新しい東京日記

  • 13歳の誕生日に買ってもらった。
    今読んでもいい作品。というか、理解が追いついた感じ。

  • 谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、実りの種を携えて、はるか西方にあるという豊穣の地をめざす。その地には、人々の飢えを除く黄金の穀物が美しく輝いているというのだ。「この民話のアニメーション化がひとつの夢だった」アニメーション演出家・宮崎駿のもうひとつの世界。

  • ナウシカよりも気軽に読める、宮崎駿の短編漫画

  • なかなかいい話だった。「もののけ姫」の原案となった話だそうだ。
    現在の日本の状況では、話が地味過ぎてウケない、ということで、映像化されなかったが、これはこれで素朴な感じで良いと思う。
    ただ、この文庫本の”あとがき”が書かれた1983年頃だったら、確かに、少し地味すぎるかもしれない。
    その点、「もののけ姫」は、話の設定も面白く、やはり洗練されている。
    「未来少年コナン」とも、ちょっと通じるところがある。コナンの方が先みたいだけど。

  • 宮崎駿がチベット民話を元に描いた絵物語。

    宮崎吾朗監督のアニメ映画『ゲド戦記』の原案……ってどういう事?
    ってか『ゲド戦記』、原作があって更に原案って何なの?

    と常々思っていたので読んでみました。さほど疑問は解けませんでした。

    そんな事より『シュナの旅』。
    勇敢な男の子。誇り高い女の子。貧しさの中で粛々と生きる人々。そして変な生き物。自分が大好きなジブリ要素が全部詰まってました。ああ、ずっと見ていたい。

    これこそ動いている所を見たい作品ですが、それが望めないならせめてフルカラー大判(&見やすい文字色)で出してもらえないでしょうか。
    とにかく絵の細部をじっくり見たいんですが、本を広げすぎると全ページバラバラになりそうで。それとも2冊目買うか……?

  • 通常、マンガと絵本は読書メーターには登録していないのだが、この本くらいはいいだろう。生徒に貸すためにその前に一読。1983年の初版が家にある。ナウシカは連載していたが、まだ映画化されていないころのアニメージュ文庫。ヤックルとシュナのコンビは、のちの「もののけ姫」のアシタカを思わせる。この三人の物語は、宮崎さんの描いた話のうちでわたしのベスト3に入る。

  • 各ジブリ作品(もののけ姫・ゲド戦記・特にナウシカ)の原点とも言えるべき漫画絵本。この本の元となった物語がチベット民話なので寓話的・おとぎ話の世界が強い。残念だなぁ…映像アニメにならないなんて…劇場公開なしでもいいから、OVA等,何かしら映像としてアニメを残して欲しい、大変勿体ない。原作ナウシカと共通点が多過ぎて(笑)。。確かにエンターテイメント性には欠けて、地味なんですが…。私はこのお話もとても興味深くて好きです(^^)♪♪(※ナレーション文字の色→水色・濃ピンクは背景に隠れ,読めない汗。)

  • チベット民話「犬になった王子」を原作とした、宮崎駿監督によるオールカラーコミック。登場する人物や動物、世界観などがその後の様々なジブリ映画に点在しているため、ジブリ映画の原点とも称されています。
    谷の底の小さな王国の王子・シュナが、伝説の”金の麦”を求めて長い長い旅に出る。ゴールの見えない旅、自然の猛威、命の尊さ、人を救うことの難しさと自身の無力さ。決して長くはないこの1冊に、命のテーマがぎゅっと詰まっています。
    丁寧に何度も読み返したくなる、大切な本。

  • 宮崎作品に出てくる場面が、ところどころでてくるお話。宮崎作品好きなら、「あっ、この場面見たことある!」的なことがよくあると思う。

  • シュナはなんとなく女子にみえる。ゲームの「ワンダと巨像」と似ている。旅立ちと喪失と再起動の物語。大男の緑色が怖い。

  • チベット民謡の「犬になった王子」をモチーフにつくられた作品。

    宮崎駿さんの想い出ずるところの物語。
    ナウシカに特に色濃く反映されている部分を感じるが、
    宮崎さんが手がけたジブリ作品すべてのルーツ、オリジンだと思った。

  • 今の宮崎作品はほとんど興味がないが、この頃はナウシカなど好きだった。とはいえこの作品がこんなに自分に響くのは、やはりモンゴル旅の影響が大だろう。そしてそれをきっかけに中央アジアへの興味ががぜん湧いてきたわけだが、その要因のひとつとしてこの作品やナウシカで描かれている山岳民族の姿があることは間違いない。ストーリー自体はよくできた神話的ファンタジーだが、絵の達者さに加え、衣装や小道具、建物、室内装飾、乗り物、そして空や雲、草原などはモンゴルのそれと相まって、とてもリアルに響いてきて良い。

  • 最近またジブリにはまりだした。
    高校時代に読んだ本をアマゾンで買った。
    麦のお話。
    青春時代を少し思い出す。
    とにかく絵がきれい。

  • 薄い本の中に、これだけの世界観が伝わってくるのかと、感動。
    もっと、チベットの歴史的背景だとか日本の背景だとか知ったら、もっと理解出来るんだろうなぁ。

  • 宮崎駿さんの作品ということで読んでみた
    漫画のような感じの本でした
    文字も少なくページ数も少ないためすぐに読めてしまいます

    ナウシカとリンクする部分が多くあるように感じて
    時間がたったらどっちがどっちだったか忘れてしまう部分が出てきそうな気がする

    この作品はナウシカのようにずっしり量がないにもかかわらず
    宮崎駿さんが伝えたいと思っていそうなことが
    含まれていることを感じる良書だと思い

    宮崎駿さんの過去のコメントなどを調べながら読み返したりしていたので
    また私の中でジブリブームが巻き起こってしまいました

  • ナウシカ、ラピュタ、もののけ、ゲド
    多くの作品に繋がるこの作品は、宮崎駿の原点と称される。

    漫画として読むと物足りなさが残るが、1つの作品として読むと素直に読める。

  • 面白かった。いままで知らなかったのが悔やまれる。こういう本やアニメがもっと増えるといな

  • 久しぶりに読みました。ナウシカやもののけ姫の世界がちらちらと過るのは、やっぱり宮崎さんの世界の中だからでしょうか。
    確かに地味だけど短くても映像でも見てみたいかもしれない。文字として読んでもみたいお話。

  • この世界観すき

    これぞ宮崎駿ってかんじ

  • 映像化しないんでしょうか。宮崎さんが思いのまま描いたもので、本当はこういう作品作りたいのかなと・・映像化しないんでしょうか。

  • 宮崎駿作品の原点とも言うべき作品です!
    一部では「ゲド戦記」の原案になったとも言われている本作ですが、漫画というよりは絵本と言った方が近いかもしれません。
    わずか150ページの中で展開されるこの作品の中に秘められたメッセージはとても力強く、そして身体に染み渡る水のようにやさしく語りかけてきます。
    この地球という惑星に【人間】として生まれてきた意味と意義。それらをこの物語は教えてくれようとしているのかもしれません。
    全体的な雰囲気が「風の谷のナウシカ」に似ているので、「風の谷のナウシカ」と併せて読むと更に楽しめるかと思います。

  • ヤックルかわいい。登場人物のあれこれが、ジブリ作品のあれこれかなって想像しながら読むのも楽しい。

全352件中 26 - 50件を表示
ツイートする