シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2483人登録
  • 4.00評価
    • (437)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 345レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 発想が普通の人とどこかちょっと違うのかな、という感じで面白い。

  • ナウシカの世界観。
    グロテスクな画風も、水彩のタッチも、どうしてもナウシカと重ねてしまう。
    人間ってちっぽけだなぁ、なのに傲慢だなぁ、人間ってなんなんだろうなぁ、と、いろんなことを感じさせられる。
    食べ物としての麦を「死んでいる」と表現していることが深いと思った。

  • うーん、まあ、普通にいいお話ですが、みなさんや宮崎駿が絶賛する理由がわからないのが正直なところ。

  • 谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、実りの種を携えて、はるか西方にあるという豊穣の地をめざす。その地には、人々の飢えを除く黄金の穀物が美しく輝いているというのだ。「この民話のアニメーション化がひとつの夢だった」アニメーション演出家・宮崎駿のもうひとつの世界。

  • コミック類はこの本棚には入れないことにしているが、前述した【犬になった王子】が元になった話ということで特別扱いにする。
    カテゴリーは(少々無理だが)児童書。読まれた方はどうぞご容赦を。

    宮崎駿さんによる後書きを読むと『十数年前、はじめて読んで以来、この民話のアニメーション化がひとつの夢だったのですが、現在の日本の状況では、こんな地味な企画は通るはずもありません・・』
    とあって、軽い衝撃を受けた。
    私自身は、なんとドラマティックなお話だろうと感動しつつ読んだからだ。
    それとも、もしかしたら私たちは、殺戮の場面や暴力的なシーンがないともう物足りないまでに鈍化しているのだろうか。
    素朴で、土のにおいのする力強い話にはもう魅力を感じないのだろうか。
    この【シュナの旅】の後半は、元になったと言うチベット民話とは大きく異なる。
    「神人」という存在が登場し、人買いから集めた人間たちを麦に変えてしまうのだ。
    かなりぞっとする設定で、旅の途中で人買いから救った少女・テアとの関わりがわずかな希望である。
    それも、互いにギリギリの命の選択であり、チベット民話に描かれたような、純愛を貫くというものでもない。
    読みすすめていると、身体が痛くなってくるような感覚がある。
    何もここまで登場人物を痛めつけなくてもとさえ思う。

    【シュナの旅】を先に読んだ場合は、こんな感想ではなかったかもしれない。
    絵は相変わらず美しく、ナレーションのように文字が入り、文を絵が補い、絵を文章が補うという、とても良い配分。
    吾郎監督の【ゲド戦記】の原案になったと言うのも頷ける。
    色々な場面が「ナウシカ」のようでもあり、「ラピュタ」のようでもあり、「もののけ姫」の「シシ神様」を彷彿とさせるような【ヤックル】という家畜も登場する。
    もっとも、こちらはもっとずっと身近にいて、人間を助けてくれる存在だが。

    背景色とのミスマッチで、ところどころ文字が見にくいのが惜しい。
    宮崎アニメファンの方は、ぜひ元になったと言う民話もおすすめです。

  • 自然の脅威や壮大さを教えられたような漫画でした 内容は色々なジブリ作品を混ぜたような話で、初めて読むのに見たことのあるような部分もありました また、シュナの気高さ
    、辛抱強さに惹かれました フルカラーで読みやすかったです

  • ナウシカよりも気軽に読める、宮崎駿の短編漫画

  • なかなかいい話だった。「もののけ姫」の原案となった話だそうだ。
    現在の日本の状況では、話が地味過ぎてウケない、ということで、映像化されなかったが、これはこれで素朴な感じで良いと思う。
    ただ、この文庫本の”あとがき”が書かれた1983年頃だったら、確かに、少し地味すぎるかもしれない。
    その点、「もののけ姫」は、話の設定も面白く、やはり洗練されている。
    「未来少年コナン」とも、ちょっと通じるところがある。コナンの方が先みたいだけど。

  • 貧しい国の皇子が、黄金の穂を求めて神人の地に向かう話。
    シュナ視点の前半と、テア視点の後半が良いコントラストになっている。

    宮崎駿物語で最も好きなお話。
    最初は友人に漫画版ナウシカやアニメブックのラピュタのついでに借りただけだったのだけど、どっぷりとハマってしまった。
    『ゲド戦記』みたいに中途半端に取り入れて汚すんじゃなく、最初からコレを映画化すれば良かったんだよ!

    なぜかこの本は4冊くらい持っていたりする。
    だって背表紙の色とか違うバージョンがあるんだもん!

  • 宮崎駿がチベット民話を元に描いた絵物語。

    宮崎吾朗監督のアニメ映画『ゲド戦記』の原案……ってどういう事?
    ってか『ゲド戦記』、原作があって更に原案って何なの?

    と常々思っていたので読んでみました。さほど疑問は解けませんでした。

    そんな事より『シュナの旅』。
    勇敢な男の子。誇り高い女の子。貧しさの中で粛々と生きる人々。そして変な生き物。自分が大好きなジブリ要素が全部詰まってました。ああ、ずっと見ていたい。

    これこそ動いている所を見たい作品ですが、それが望めないならせめてフルカラー大判(&見やすい文字色)で出してもらえないでしょうか。
    とにかく絵の細部をじっくり見たいんですが、本を広げすぎると全ページバラバラになりそうで。それとも2冊目買うか……?

  • 通常、マンガと絵本は読書メーターには登録していないのだが、この本くらいはいいだろう。生徒に貸すためにその前に一読。1983年の初版が家にある。ナウシカは連載していたが、まだ映画化されていないころのアニメージュ文庫。ヤックルとシュナのコンビは、のちの「もののけ姫」のアシタカを思わせる。この三人の物語は、宮崎さんの描いた話のうちでわたしのベスト3に入る。

  • 『シュナの旅』(『シュナの旅』は、スタジオジブリのアニメ映画「ゲド戦記」の原案になった事でも有名です。)は15歳の時に読んで以来、私の最も大切な作品になっています。今までに私の作品制作にも大きな影響を与えて来ました。宮崎 駿氏のスケールの大きな空想力が遺憾なく発揮されています。
    『シュナの旅』の原話は、「犬になった王子」(君島久子 文、岩波書店 民話集「白いりゅう黒いりゅう」所収)ですが、2013年11月15日に絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が出版されました。文は君島久子先生で、絵は私が日本画で丹念に描きました。『シュナの旅』と『犬になった王子 チベットの民話』を見比べると、その共通点と相違点が面白いでしょう。 
     日本画家・絵本画家 後藤 仁

    ●それぞれの関係を図解するとこうなります。

    「犬になった王子」(民話集『白いりゅう 黒いりゅう』〔訳:君島久子〕所収 岩波書店 1964年) →(影響)→ 「シュナの旅」(作:宮崎 駿 徳間書店 1983年) →(影響)→ 「アニメ映画 ゲド戦記」(スタジオジブリ 2006年)

    「犬になった王子」(民話集『白いりゅう 黒いりゅう』〔訳:君島久子〕所収 岩波書店 1964年) →(絵本化)→ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』(文:君島久子、絵:後藤 仁 岩波書店 2013年11月15日)

  • 各ジブリ作品(もののけ姫・ゲド戦記・特にナウシカ)の原点とも言えるべき漫画絵本。この本の元となった物語がチベット民話なので寓話的・おとぎ話の世界が強い。残念だなぁ…映像アニメにならないなんて…劇場公開なしでもいいから、OVA等,何かしら映像としてアニメを残して欲しい、大変勿体ない。原作ナウシカと共通点が多過ぎて(笑)。。確かにエンターテイメント性には欠けて、地味なんですが…。私はこのお話もとても興味深くて好きです(^^)♪♪(※ナレーション文字の色→水色・濃ピンクは背景に隠れ,読めない汗。)

  • 十数年ぶりに再読。

    チベット民話をモチーフに描かれたもので、アニメーション化したかったものの内容が地味という理由から断念したものが書籍となったそう。

    でも淡々としたなかに、ナウシカの要素あり、もののけ姫の要素あり、ゲド戦記の要素あり、ジブリ好きとしては何度見ても楽しいです。

    民話…文章からこれだけの空想を広げてそれを表現できるなんて…羨ましいなんて簡単に言ってしまうのはおこがましいことこの上ないけど、でもやっぱり羨ましい!

  • 宮崎駿の素敵な世界観、メッセージ。

    世界食料不足が来て、シュナのような過酷な旅をしないですむように食べ物を大切にしよう!極端か(笑)

  • TSUTAYAで見かけたので購入。
    チベットの民話を元に書かれた(描かれた)ようです。
    その不思議な世界観は、大きな起伏があるわけではありませんが面白い作品でした。
    「もののけ姫」にも登場したヤックルも出てきます。
    しかし、世界観的には「風の谷のナウシカ」に近いです。
    この世界にかつて何があったのか!?と物語として描かれていないところが気になってしまいます。
    是非アニメーション化したものをみたいなと思いました。

  • 何だかもっておきたくなる本。とりあえず手元に一冊。

  • 宮崎作品に出てくる場面が、ところどころでてくるお話。宮崎作品好きなら、「あっ、この場面見たことある!」的なことがよくあると思う。

  • シュナはなんとなく女子にみえる。ゲームの「ワンダと巨像」と似ている。旅立ちと喪失と再起動の物語。大男の緑色が怖い。

  • 世界観や綺麗な絵など楽しめたんだけど、神人の島での話は⁇だった。捕食者がいないのに生態系が完結していて楽園の様だが、実は外部から人間を供給しなければならないこととか、シュナが穂に触れて記憶喪失になったのは、何かを意味してると思うんだけどなぁ。
    何度か読んでみたい。

  • 宮崎駿がチベット民話「犬になった王子」をもとにオールカラーで描いた絵物語。
    ジブリの映画を見ている感覚。良い話でした。
    色んな宮崎作品が詰まってて、見応えあります。絵もきれい。
    ジブリファンには是非とも読んでほしい。ヤックルはいつもカッコいいね!

    印象的なのは、神人の地の所。人がパラパラと落っこちてくるところなんて、ゾッとする。美しく輝いて見えた土地が一変にして、ゾロゾロと暗く低く唸ってるようで恐ろしくなる。
    シュナとテアらが一生懸命畑を耕してるのを見てると、生きるってこういうことだなと思う。
    欲に埋もれ、何かと貧しい今でこそ、こういうものを読むといい。
    気付いた後、どうするかは人夫々だけど。
    私は静かにしまっときます…。
    主張しませんが、失いもしません。

  • チベット民謡の「犬になった王子」をモチーフにつくられた作品。

    宮崎駿さんの想い出ずるところの物語。
    ナウシカに特に色濃く反映されている部分を感じるが、
    宮崎さんが手がけたジブリ作品すべてのルーツ、オリジンだと思った。

全345件中 26 - 50件を表示
ツイートする