シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2487人登録
  • 4.00評価
    • (439)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 346レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 13歳の誕生日に買ってもらった。
    今読んでもいい作品。というか、理解が追いついた感じ。

  • チベット民話「犬になった王子」を原作とした、宮崎駿監督によるオールカラーコミック。登場する人物や動物、世界観などがその後の様々なジブリ映画に点在しているため、ジブリ映画の原点とも称されています。
    谷の底の小さな王国の王子・シュナが、伝説の”金の麦”を求めて長い長い旅に出る。ゴールの見えない旅、自然の猛威、命の尊さ、人を救うことの難しさと自身の無力さ。決して長くはないこの1冊に、命のテーマがぎゅっと詰まっています。
    丁寧に何度も読み返したくなる、大切な本。

  • チベット民謡の「犬になった王子」をモチーフにつくられた作品。

    宮崎駿さんの想い出ずるところの物語。
    ナウシカに特に色濃く反映されている部分を感じるが、
    宮崎さんが手がけたジブリ作品すべてのルーツ、オリジンだと思った。

  • 3.13読了。宮崎ワールド全開。チベット民話が、換骨奪胎されて、ナウシカの世界になってる。
    人間を飲み込み緑の神人を生産する巨大な消化器官はゾッとした。その緑のひとの口から、大麦が吐き出される。
    いのちの循環をこんなにえぐく描けるなんてすごい。

  • ナウシカやラピュタ等、宮崎アニメの数々の名作の萌芽になるような要素がつまっていて、それでいて独立した別の物語になっている。短いけれど、密度の濃い、豊かな内容だった。イラストもとてもきれいだし、動物や衣装、遺跡もとても想像力を刺激するものだった。
    読んで良かった。

  • 今の宮崎作品はほとんど興味がないが、この頃はナウシカなど好きだった。とはいえこの作品がこんなに自分に響くのは、やはりモンゴル旅の影響が大だろう。そしてそれをきっかけに中央アジアへの興味ががぜん湧いてきたわけだが、その要因のひとつとしてこの作品やナウシカで描かれている山岳民族の姿があることは間違いない。ストーリー自体はよくできた神話的ファンタジーだが、絵の達者さに加え、衣装や小道具、建物、室内装飾、乗り物、そして空や雲、草原などはモンゴルのそれと相まって、とてもリアルに響いてきて良い。

  • 最近またジブリにはまりだした。
    高校時代に読んだ本をアマゾンで買った。
    麦のお話。
    青春時代を少し思い出す。
    とにかく絵がきれい。

  • 薄い本の中に、これだけの世界観が伝わってくるのかと、感動。
    もっと、チベットの歴史的背景だとか日本の背景だとか知ったら、もっと理解出来るんだろうなぁ。

  • 宮崎駿さんの作品ということで読んでみた
    漫画のような感じの本でした
    文字も少なくページ数も少ないためすぐに読めてしまいます

    ナウシカとリンクする部分が多くあるように感じて
    時間がたったらどっちがどっちだったか忘れてしまう部分が出てきそうな気がする

    この作品はナウシカのようにずっしり量がないにもかかわらず
    宮崎駿さんが伝えたいと思っていそうなことが
    含まれていることを感じる良書だと思い

    宮崎駿さんの過去のコメントなどを調べながら読み返したりしていたので
    また私の中でジブリブームが巻き起こってしまいました

  • 読んでいる間も読み終わってからも暫く、ドキドキしていました…

    色んな思いや意味を込めて描かれたであろう作品なので、今の自分にはその全てを理解することは出来ませんでした;

    台詞やナレーションは簡素なのですが、それでも描き込まれた絵が多くのことを語りかけてくれるように感じました。

    また時間を置いて何度も読みたくなる1冊です☆

    そしてヤックルが可愛い…^^
    (中央図書館)

  • ナウシカ、ラピュタ、もののけ、ゲド
    多くの作品に繋がるこの作品は、宮崎駿の原点と称される。

    漫画として読むと物足りなさが残るが、1つの作品として読むと素直に読める。

  • 面白かった。いままで知らなかったのが悔やまれる。こういう本やアニメがもっと増えるといな

  • もののけ姫や、ナウシカの原点と言えるような作品です。
    厚さ1cm程の本ですが、1本の映画のようなスケールの大きさ。
    さすがです。

    ヤックルが出てきます。かわいい!

  • 「行くか行かぬか、それはそなたが決めることだ」

    宮崎駿の文庫版絵物語。ナウシカを想起させるタッチ、丁寧に紡がれた世界観。一切の比喩や婉曲を放棄して、真っ直ぐに訴えたいこと、描きたいことに向かって疾走していた時期なんだろう。ビレッジバンガードでふと目に止まったのも何かの縁。何度も、ゆっくりと読み返したい物語。

  • 久しぶりに読みました。ナウシカやもののけ姫の世界がちらちらと過るのは、やっぱり宮崎さんの世界の中だからでしょうか。
    確かに地味だけど短くても映像でも見てみたいかもしれない。文字として読んでもみたいお話。

  • この世界観すき

    これぞ宮崎駿ってかんじ

  • 映像化しないんでしょうか。宮崎さんが思いのまま描いたもので、本当はこういう作品作りたいのかなと・・映像化しないんでしょうか。

  • 十数年ぶりに再読。ページ数はそれほど多くないのだが、内容の深さを再発見。前回読んだときはナウシカに近いなと思っていたが、他の宮崎アニメにも出てくる要素があちこちに盛り込められていて、テーマの一貫性を感じられた。それにしても、ヤックルが可愛いぞ。

  • 宮崎駿作品の原点とも言うべき作品です!
    一部では「ゲド戦記」の原案になったとも言われている本作ですが、漫画というよりは絵本と言った方が近いかもしれません。
    わずか150ページの中で展開されるこの作品の中に秘められたメッセージはとても力強く、そして身体に染み渡る水のようにやさしく語りかけてきます。
    この地球という惑星に【人間】として生まれてきた意味と意義。それらをこの物語は教えてくれようとしているのかもしれません。
    全体的な雰囲気が「風の谷のナウシカ」に似ているので、「風の谷のナウシカ」と併せて読むと更に楽しめるかと思います。

  • ヤックルかわいい。登場人物のあれこれが、ジブリ作品のあれこれかなって想像しながら読むのも楽しい。

  • ナウシカも もののけ姫も 原型はここにあった?!
    初版は1983年に出ている カラーの漫画。
    原作のチベット民話「犬になった王子」の話は、
    火を人間界にもたらしたギリシャ神話に通じるものがある氣がする。
    一粒万倍、産めよ増やせよ地に満ちよ、
    貧富の差を生みだすもとになった穀物栽培、農耕の歴史について
    豊かさについて、旅と出会いについて、・・・
    考える種はたくさんある。

  • 宮崎駿がチベットの民話「犬になった王子」に絵をつけたオールカラーの絵物語。

    主人公のシュナがヤックルに乗って旅に出るのはもののけ姫のようだし、風の谷や腐海や巨神兵やロボット兵を連想させるものがたくさん登場して、ジブリ好きの心はくすぐられた。

    稲が作られるシステムについてはどんな意味が隠されているのか、うまく理解できなかったけれど、自分の土地で供給できないと争いの種になってしまう…というようなことが感じられて、いろいろと考えさせられた。

  • もののけ姫やナウシカの原点のような作品です。
    絵がすごく綺麗で、何度読んでも飽きません。

全346件中 51 - 75件を表示
ツイートする