シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2498人登録
  • 4.00評価
    • (442)
    • (328)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 348レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 大好きな漫画!も~たまらんです。
    もしかしたら、宮崎駿作品の中で1番好きかもしれない。。?

  • 宮崎駿が描き下ろしたオールカラーの絵物語。1982年「アニメージュ」にて『風の谷のナウシカ』の連載を開始したのとほぼ同時期に描かれた作品である。水彩の淡い色をいくつも重ねて着色した絵が美しい。
    作物の育たない貧しい国の王子シュナは、大地に豊饒をもたらすという「金色の種」を求め、西へと旅に出る。つらい旅の途中、人間を売り買いする町で商品として売られている姉妹と出会う。彼女らを助けた後、ひとりでたどり着いた「神人の土地」で、金色の種を見つけるが…。どんな状況にあっても、生きようとする人間のたくましさ。強い心だけが生みだすことのできる、やさしさ。そして、弱さと無力さ。宮崎は、短い物語のなかに、そんなものを、ただそのまま描き出してみせる。

    世界観の作りこみとそれを表現する絵の力は圧巻。特に「神人の土地」にあふれる虫、植物、巨人、月の造形には、一切の迷いが見らない。彼の頭のなかに広がる原風景を見せられているようで、生々しいほどの迫力に満ちている。死と生、喜びと恐怖の一体となったこの世界観は、以降の宮崎作品にも幾度となく登場する。

    チベットの民話に感銘を受けた宮崎が「地味な企画」ということでアニメ化を断念し「自分なりの映像化」を行ったものが、本作である。だがアニメという万人に向けた形をとっていれば、また違うものになっていたはずだ。淡々と、厳かに物語が進行する本書の独特の雰囲気は、絵物語という形態であればこその魅力といえるだろう。(門倉紫麻)

  • とても好きな一冊です。
    小説のような漫画のような絵本のような・・・それでいて宮崎ワールド全開のお話゚.+:。(・ω・)b゚
    映像化してほしいなぁとひしひし思う今日この頃。

  • 噂のシュナをやっと読みました。
    ナウシカ(はちょっと違うか?)やもののけの源流をみることができて満足。

  • 本屋でたまたま見つけて手に取った本でした。読んでみると、今のジブリ映画に登場する多くの生物たちや人物像に近いものがあり、懐かしさのようなものを感じながら読み進めました。宮崎さんのイラストを見ながら読めるのが嬉しいところ。絵本のようでもあり、小説のようでもあり。

  • 以前からずっと読みたかったもの。旅の最中に何度も読んだ。

  • ジブリ、好きなんです。
    というか。
    宮崎駿のナウシカ、好きなんです。
    そういう人にはたまんないと思う。

    困難や逆境の中に置かれても、自分自身を失わない、芯の強い男の子と女の子。
    自分の意志で、自分の足で、自分の力で。
    前へと歩みを進めていく。
    これです。
    たとえ、ハッピーなエンドがちらついていても。
    頑張れと思わずにはいられない。
    ああ、でもエンドではないんだった。
    旅はまだ終わらない。

    小学生のときに買ってから、何度も読み返す物語。
    きっとこれからも、何度も読み返す物語。

  • 貧しい小国の王子シュナは、国民の生活を憂いて遥か西方にあるという豊饒の地を目指す。そこにある黄金の穀物があれば、国民は飢えず平和に暮らせるというが…。宮崎駿がチベットの民話をもとに描いたオールカラー絵物語。

  • で、これが宮崎吾郎監督作品「ゲド戦記」の「原案」作品の「シュナの旅」である。
    回りくどいことしないでこれを映像化すりゃ良かったのに。
    この「原案」のほうはエスニックな異世界の説話、といった佳品で、ナウシカ映画化前(マンガ版ナウシカを描いてた頃でアニメ失業中)に宮崎駿が描いたもの。
    宮崎ファンとしては新作アニメーションを心待ちにしていた頃で即買い。
    描写の濃密さに圧倒されました。たしか原画展も見に行ったような…

  • チベットの民話がもとになって描かれた物語。私的に押さえておかないと...な一冊。

  • チベットの民話をもとに宮崎駿が描いた、過去とも未来ともとれる優れた物語。 絵物語という形で淡々とした語り口ながらも、オールカラーで躍動感溢れる描写のせいか、独特の読後感だった。 日々、自分は生かされているんだということを改めて思い起こさせてくれた。 『ゲド戦記』のストーリー原案となったらしい。

  • 初めて読んだときは小学生で何がなにやらわからなかったけれど、もう1度読みたいとずっと探していた本だった。
    漫画でも、小説でも、絵本でも、詩でもないのに短い言葉と絵でこんなに深い思いを残せる本はそうないと思う。

  • 読み終えた瞬間、ああ宮崎さんの世界だと思いました
    チベットなどの伝説をモチーフに使って、宮崎さんが考えた話らしいです
    素敵な絵と、壮大なストーリー
    しかも全ページオールカラーです
    何度でも読めてしまいます

  • たまたま見かけて読んだ、宮崎監督の絵本。
    世界観としてはもののけ姫とかゲド戦記に近いんじゃないかな?元々オリジナルの伝説があるらしいんだけど、なかなか感動的な良い物語だと思う。

  • スタジオジブリで数々の名作を生み出している宮崎監督の物語。
    チベットの民話が元になっているそうです。

    もののけ姫の原点というべき作品でしょう。
    読んでいてもののけ姫のワンシーンを彷彿させる場面がいくつも出てくる。
    でもラピュタやナウシカの雰囲気も個人的には感じる。

    物語全体が淡々としている印象を受ける。

    この物語の主人公シュナは黄金の種を求めて旅に出る。

    彼の旅は誰に頼まれたわけでもない、孤独の旅だ。

    旅のなかで自分の無力さを思い知ることもある。
    大きな力の前でなす術がない時もある。

    そういった時でも誰かに導かれるのではなく運命を切り開いていくのは自分自身。

    「曇りなき眼で見定め、決める」

    アシタカが語るセリフだが、シュナにもきっとこの瞳があったはず。

    その瞳が、自分が何をすべきかを見定め、自分の進むべき道を決めたのだ。

    映画化というよりショートムービーになって欲しい。
    シュナの声はアシタカと同じく松田洋二さんで。

  • なんとあの『ゲド戦記』(ジブリの映画版です)の原作にクレジットされていてびっくりしました。確かに言われてみればそういう描写も出てきたかもです,が,コレはゲド戦記のことを忘れて楽しんで戴きたいです!!
    漫画ってよりは絵本ですね。一言で言い表すと,情熱と愛の物語です。若いって良いですね!!僕は,宮崎作品の真骨頂をこの小冊子に見ました。

  • 宮崎駿がチベットの民話を元に描いたと知り、日本で買ってチベットで読んだ。
    チベットが云々とかの次元でなく、宮崎ワールドにやはり圧倒。
    この旅行、中国雲南〜チベット〜ネパールはジブリの世界が広がってたなぁ。

  • 薦められて?.?で買った本☆
    宮崎作品をほとんど知らない初心者がここから宮崎さんを知っていくのは
    非常にマニアックな入り方だと思う☆
    結構薄い本ですが、カラーページで
    物語もしっかりしていて読みごたえがある☆
    物悲しいかんじもするけど、
    綺麗なお話☆
    宮崎作品を好きな方はきっと気に入ってもらえるはずです★

  • (あの!)宮崎駿が、チベットの民話をもとに描いた物語です。
    貧しい小さな国を後継者のシュナが、“はるか西方にある黄金の穀物が実る地”をめざす話です。
    痩せた土地で細々と暮らしている人々に少しでも豊かな暮らしができるようになれば…と旅立ったシュナとヤックルだったけれど、村の外の世界は、そして都会は、西方への旅は、予想をはるかに超える過酷なものでした。
    独特な動物や植物や巨人などが出て来て宮崎ワールド全開です。シュナをささえる少女テアも登場して、ちょっぴりホッと出来るのですが、それでも過酷な旅は変わらないっ。
    ふたりで支えあって生きていく純粋な心が素敵です。うらやましいな。

  • チベットの民話を元に書かれ、「ゲド戦記」の原案にもなっているそうです。いかにも民話らしい雰囲気が、読み手に語りかけてくるように感じます。一見地味でよくありそうな話だけど、何度も何度も読んでかみしめたくなるような…。大事に読みたい一冊です。

  • ジブリ映画のルーツ。チベットの伝説を元に絵本形式。

  • 今回のジブリ映画「ゲド戦記」の下地となった面も大きいのではないかと思われる1冊。ナウシカの頃に書かれた物らしいが、ナウシカの価値観に通じる物がある。また、ゲド戦記の設定とだいぶ近いが、こちらのほうが完成度は高い。駿監督でもう一度作って欲しい・・・。ストーリーは⇒谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、旅人からもらった実りの種をたずさえ、はるか西方にあるという豊饒の地を目指す……。宮崎駿がチベットの民話を題材に描く絵物語。オールカラー147ページ。 

全348件中 76 - 100件を表示
ツイートする