シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2481人登録
  • 4.00評価
    • (437)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 345レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 宮崎駿監督がチベットの民話をもとにして書いた物語です。

  • 強烈な世界観を見せつけられた。

    人間は神の地から麦を盗んだという物語である。しかしながら人類史が教えるのは麦のつぶは人が長い歴史の中で人為的な選別過程を繰り返し、長い時間と膨大な労力を重ねてようやく生み出したということである。
    無粋な意見であるが、その点は否定してほしくないよね。人間はちっぽけだけど長い時間をかけて神にも匹敵することをしでかす。すごいよね。

  • すごい話だった。まさかシュナがあんなことになろうとは。
    絵がすごくきれい。みとれる。
    いろんなジブリの話の元になってる箇所がたくさんあって楽しかった。

  • 宮崎駿の“核”が、ぎゅっと凝縮されて詰まっている。

    たくさんの冒険に溢れているのに、静かで、重く、そしてやさしく染み渡る。
    名作。

  • アニメ映画『ゲド戦記』の原型。

    チベット民話「犬になった王子」が元になっているというけれど、ビジュアルイメージは宮崎駿独自のファンタジーになっている。チベット民話だと王子は大麦を竜王から奪った罪で犬に姿を変えられてしまうらしい。でも、今作では後半の展開はかなり現代的なアレンジ(クトゥルフ神話的なあれ)だと思う。

    穀物を手に入れるまでは、本当に「観たことがない世界」での出来事が展開されていて、これを当時読んだときは相当衝撃を受けたものだった。でも一転して、物語が少女のほうに視点が移ってしまうと、ストーリーが散漫になってしまったと思う。後半は起伏という起伏がないのは、そういう話ではないと分かっていても、やっぱり不満として残る。

    文明批判とか、食べ物がどこから来るのか分からない日本人に向けた警句とか、色々と読み取れるものはあるだろうけれど、もうちょっと視野を広げて「文化的なるもの」に対する宮崎駿の強い興味が読み取れるような気がする。宮崎駿=エコ、という図式は一面的なもので、彼は作品の中で常に文化を描いていたと思うのだ。

    宮崎駿の文化に対する視線を語る上では、『風の谷のナウシカ』と並んで最重要の作品であることに違いはない。

  • チベットの民話がもとになっているそうです。消費浪費搾取三昧で、目の前の食べ物が どこからどのように来ているのか、何かトラブルが起きないと無関心な 現代人に 一石を投じるような作品です。

  • 宮崎アニメの原点。
    人間の土地のギヨメをどこか連想させる。

  • ジブリなど小さい頃から見ていて知っているのにもかかわらず、大人になっても楽しめる・・・・。宮崎駿さんは本当にすばらしい人だなと思います。

  • 表紙の印象からシュナは女だと思っていた。
    宮崎映画の映像をところどころ彷彿とさせるコマがある。
    切ない。でもハッピーエンドで良かった。

  • 素晴らしかったです。宮崎駿のイメージがぎゅっとつまった一冊でした。
    30分程度で読めるので手元に置いてたまに読み直したいと思います。
    地味な話だからアニメ化は無理とあとがきにありましたがそれは当時の話で、今ならヒットすると思います。

  • ジブリの原点. 小品. 佳作. 絵が大半で, 言葉少なに語られる, 谷を出た王子と, 奴隷に身をやつした王女の再生の物語.

  • 30分くらいで読める短編ハヤオ絵本。しかしそこは80年代のハヤオさんなので完成度はいわずもがな。語りは淡々としてるけどコマとコマの間を感じさせるものだし、水彩で描かれた世界はコマの中の世界を広げている。表紙でビビっと来た人は買うべき。

  • 文量としては薄いのが難点かな。映像化して欲しいですねー

  • 傑作
    まさに天才

    ゲド戦記これが元だと信じたくない
    宮崎駿でもう一度シュナの旅を映画化して欲しい

  • 宮崎駿らしさがでてる。
    古代生物もでるし、ヤックルもいる、ナウシカとかでみたことありそうな民族や動物もでてる。冒険の中でいろんな民族と厳しい目を逸らしたくなる現実を知り、でも素直な誠実さを保ち、仲間と結束を固める。絵のタッチや色が好き、すべてカラーページなのが素敵。

  • チベットの民話を元にした、絵本調の作品。
    本作の要素のいくつかは「もののけ姫」にも引き継がれているようだ。
    無駄のないストーリー。傑作。

  • 不思議な世界観だな~と思ったら、チベットの民話が元になっているのですね。
    ちょっと怖いような話です。

  • とっても好きなお話。これを読んで、犬になった王子も読んでみたが、漫画とはえらく変わっていたので、やはり宮崎駿のワールド感と、なんともいえないあの絵が好きなんだと思う。
    ただ麦の種を取りに行くだけなら、地味な物語なんだろうけど、月が人間を食べ、巨人が麦の種を吐き出し育成していたり、地味な物語に「え?」って驚くようなファンタジーを取り入れるところが、奇想天外。それが奇抜なのではなく、自然や摂理に寄り添った、なんだか納得できるね、という部分を体現しているところが好感。いや、嫌いになりにくいと言ったほうがいいのかどうか。

  • ジブリの原点のようで、出発地点のようで。
    強くて優しい気持ちになりたいのにナウシカが読めないときには、この本を読むよ。

  • 『シュナの旅』は、ある旧い谷の王国の王子シュナが貧しい祖国の民のために黄金の穀物の種を求めて西の彼方へ苦難の旅をする物語だ。
    この物語は、チベットの民話「犬になった王子」が元になっている。穀物を持たない貧しい国民の生活を愁えたある国の王子が、苦難の旅の末、竜王から麦の粒を盗み出し、そのために魔法で犬の姿に変えられてしまうが、ひとりの娘の愛によって救われ、祖国に麦をもたらすという民話である。
    当時、この作品は企画が地味だからという理由でアニメ化されなかったらしいのだが、宮崎駿の、ジブリアニメの原点とも言える深い思想と世界観を併せ持つ素晴らしい作品だった。
    シュナが辿り着いた時間や既成概念を超越した神人の土地はまるで『風の谷のナウシカ』の腐海みたいだし、神人の土地に生息するみどり色の巨人はあたかも『天空の城ラピュタ』の巨神兵か『もののけ姫』のデイダラボッチのようだし、シュナの相棒である家畜のヤックルは『もののけ姫』に登場しているアシタカの相棒のヤックルそのものだし、人買いの車を襲撃して輸送途中の奴隷たちの中からテアという少女とその妹を救い出す場面は『ゲド戦記』で人買いに捕まったアレンをゲドが救い出す場面を彷彿とさせるし、神人の土地から黄金の種を盗んだためにシュナが記憶や感情や言葉を全て失うという「呪い」は、お婆さんになってしまう「呪い」にかけられた『ハウルの動く城』のソフィーのようでもあった。また、『天空の城ラピュタ』のパズーとシータ、『魔女の宅急便』のとんぼとキキ、『もののけ姫』のアシタカとサン、『ハウルの動く城』のハウルとソフィー、『千と千尋の神隠し』のハクと千尋などのように、『シュナの旅』ではシュナとテアとのロマンスの要素までもちゃんと存在するのだ。

    神人の土地と人間世界の対比が明確に描かれていて、人間の傲慢さや悪辣さに対する批判や、神や自然に対する畏敬の念、深い感謝と愛情のようなものも感じられ、宮崎駿の思想や世界観はこの作品からすでに出来上がっていたのだと、驚きとともに受け止めた。
    神人の土地の描写はなんとも言えずすごい。前半は「なんて豊かで平和な世界なのだろう」とシュナが感じているくらい生命の気配に満ち満ちていて、人の足で荒らされたことのない深い森でおおわれ、穏やかでやすらかで、まるで天国のような感じなのだが、後半に進むにつれて建造物のような生き物が出てきたり、宇宙船みたいな青白い月が口のあたりから人間を吐き出してその生き物に注ぎこんだり、そこから出てきた水の中からみどり色の巨人が生まれたり、巨人が口から金色の種をまきはじめたり、たった半日で銃が赤錆になったり、不気味なおどろおどろしさすら感じられる異様な世界が描かれていくのだ。私は宮崎駿の想像力の逞しさに、兎に角、圧倒されてしまった。

    個人的には、シュナが神人の土地を探索し自然の豊かさに感服する辺りと、嵐から麦の畑をまもり通したシュナが言葉を取り戻し、黄金の麦が無事収穫された辺りが特に良かったと思う。
    『ほたるの墓』以外のジブリアニメで泣くことは滅多にないけれども、この話は珍しく泣ける作品だった、と付け加えておく。

  • ナウシカの世界観。
    内容は何か民謡が元となっているようです。

全345件中 76 - 100件を表示
ツイートする