シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2512人登録
  • 4.00評価
    • (443)
    • (329)
    • (415)
    • (12)
    • (1)
  • 351レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 形式としては、絵本に近いマンガ。<br>
    黄金の麦の種を求めて旅する少年の物語で、チベット民話を元にしているそうです。<br>
    厳しい自然の中で、生きることを諦めない強さが描かれています。<br>
    宮崎駿の原点がそこかしこに感じられ、いつかアニメーション映画で観てみたいなと思う作品です。

  • 宮崎駿作品。ナウシカ連載と同時期に書かれたものであり、チベット民話が元になった作品。地味な作品であるためアニメとして光を浴びる事が無かったが、後のもののけ姫と似た筋を持っているのが興味深い。ナウシカともののけ姫は対であり、また一つの作品であるように思える自分にとって、この「シュナの旅」はそれらの間を埋める作品に見える。大衆向けのアニメではやらないだろう描写が返って面白い。

  • 宮崎駿というと ナウシカ トトロや 千と千尋 ハウル なんかが表に出てきて
    イイだのヨクナイだのいろんな批評があるでしょうが
    このシュナの旅は すべての話しに共通した所をもっています
    前にでてきたお話のように派手さは全然ありません。
    人間の根本ってなにか?幸せってなにか?を鋭く突き刺さってくる話しになっています。
    全編 宮崎駿の書き下ろし 水彩着色カラー本ですが 絵も暗く少し恐いの。
    子供には分からないかもしれません。
    ナウシカは ナウシカでお話が深くて好きだけど(アニメはとって付けたような終わり方ですきじゃないけど)
    このシュナの旅を非常においらは好き。
    お話の基礎はチベットの民話、「犬になった王子」だそうです
    ショートストーリ−なので 夜に枕元においといてそっと読んでいます。
    おいらとしては是非この話を アニメ化してほしい。
    ストーリー良し バランス良し ビジュアル良しなので 爆発的にヒットすると思う。
    こういう漫画を宮崎さんにはずっと書いていってもらいたいと願う

  • チベットの民話を基にした作品だそうです。ナウシカともののけ姫が合わさったような作品で、短いながらも宮崎駿の世界観を堪能できます。

  • 「ナウシカ」や「宮崎駿が描く自然の驚異」のベースになったとも言われている作品。漫画と言うよりも絵本に近いでしょうか。大好きすぎて実家と現在の家、1冊ずつ所有しています。
    明るい描写は殆どなく、今の宮崎作品と比べるとかなり異質なものですが、これくらい厳しい話の宮崎アニメも一度見てみたいな。

  • ここにはナウシカ、トトロ、もののけ姫などの原点が詰まっている。初刷は1983年。映画ナウシカの公開前年か~。元となった民話「犬になった王子」にも興味がそそられる。

  • 『不滅のあなたへ』などの作品がここから生まれている…

  • 2016の年間ベストレベル
    Tさんに薦めてもらった1冊。

  • ジブリ好きは読んだ方がいいと思う。

  • 宮﨑駿の絵が好きなら持っていても。メカは出ない。映画化はまだか。

  • 1983年の本。
    ナウシカ、ラピュタ、トトロ、もののけ姫、この物語の中に全てのモチーフがあるような印象でした。

  • 宮さんの作品はいつもどこかにきちんと影がある。幸せだけの幻想ではない。

    それにしてもこの絵はどこから生まれてくるんだろう。映画作品を観ていても、いつも不思議。
    すごい人の頭の中はどうなってるんだろう。

    作品のあちこちにジブリの映画たちが感じられる。

  • これはうまく読み解けなかった。社会の成り立ち?どういうことを伝えたものなんだろう。

  • ジブリと絵本とくれば「シュナの旅」ですね。私らの世代では懐かしい感もある本ですが、いつ読んでも切なさと懐かしさを感じる話です。文庫版で入手もお手頃、読んだことない方はぜひ!!

  • この話がアニメにできなかったのか。今なら、できそうなのに。

  • 読了。
    シュナの旅
    宮崎駿

    後輩からゲド戦記の元になっている本ということでオススメされて読んでみた。全体的に漫画を見ているような、絵がたくさん色彩豊かでさすが視覚を大事にする人の本だなあと思った。
    ストーリーはチベットの昔話を引用しているようだが、自然の厳しさ、美しさ、グロテスクなところ、を捉えているのはさすが宮崎駿。シュナ自身の物語に惹かれる一方で、些細なことに感謝できる、そんな物語になっている。
    すごく簡単に読めるし、ジブリが好き!という人は是非一度読んでみてください。

  • 短編だけどぎゅぎゅっと詰まっている。
    ひとつの民話からこういう風にぱぁっと世界観の広がる画を創り出せるのは本当にすごいよなぁ。
    …こういう風に絵を描きたい(こんな天才的なの絶対無理だけど 笑)。
    元の民話の方を読んでみたくなった。

  • ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫の元となる作品なのでしょう。
    シュナはナウシカのようであり、アシタカのようでもあり、緑の巨人はロボット兵みたい。

    土に根を下ろし、風とともに生きよう。
    種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。

  • 実家にあったので最初に読んだのは子どもの頃。ビジュアルがやはり素晴らしいし、ストーリー展開もなんかバランスというかおさまりが良い。宮崎さんの、シンプルな美少年・美少女顔も好き。

  • 2015年5冊目。

    チベットの民話が元になっている物語で、宮崎駿がアニメーション化することを夢見ていたという作品。
    絵は「風の谷のナウシカ」にそっくり。
    「もののけ姫」で大好きなヤックルがこの作品に出ていたと知り驚き。
    飢えに苦しむ王国を救うべく「金色の種」を求めて西へと旅立つシュナ。
    旅の道程で人食いや人の売り買いという負の世界を知る。
    「金色の種」が実る地に辿り着き、その種がどのようにできるかという現実を知りつつも手にしたシュナの心境はどんなものだっただろうか。
    短いながらも「食べる・生きる」というテーマに迫る良い作品だった。

  • 愛は求めるものじゃなく、与えるものなのかもしれない。

全351件中 101 - 125件を表示
ツイートする