シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2512人登録
  • 4.00評価
    • (443)
    • (330)
    • (415)
    • (12)
    • (1)
  • 351レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 私という人間は、宮崎駿という人間が生み出した物語によって人格形成がなされたと言っても過言ではありません。その原点が、この物語にはありました。

  • 「風の谷のナウシカ」を思わせるような登場人物、世界観。
    短編であり、気分転換として読みましたが、読み終わった後はハッピーな気分になりました。
    宮崎駿さんのファンタジーっていいですね。

  • 2014/9/1読了。
    古書店で懐かしい書名を見つけて購入、再読。
    たしか『風の谷のナウシカ』の頃に出た本で、当時中学生だった僕は本書を読んでも「ナウシカに似てるけど地味な話」としか思わず、たいして印象にも残らなかった。中学生なんてそんなものだ。頭の中の引き出しが大ざっぱにしか仕切られておらず、この本をどこに入れたらいいのか分からなかったのだろう。「ナウシカに似ている話」という仕切りを作ってそこに放り込むことしかできなかったわけだ。いま読み返してみると、こんなに豊かな本を扱いかねたなんて、当時の僕の愚かさ底の浅さが知れる。
    後に「宮崎駿の思想」的に語られる要素もプリミティブな寓意の形で表れていて分かりやすい。この歳になってから読むと、それなりに寓意解釈もできるものだ。この日本で彼のアニメが国民的なヒットを飛ばし続けたのは解せないが、僕とは違う別の人生を歩んできた人には別の読み方ができるのだろう。
    この本を入れる場所はいくらでも何通りでも存在する。ただし、自分の周囲の世界を疑わず、せいぜい「風の谷のナウシカというアニメを見たことがある」という程度のことしか本書の繋げ先としての人生経験を持たない中学生には、それなりの読み方しかできなかった、ということだ。懐かしい本を読み返してみるというのも良いものだ。

  • 発想が普通の人とどこかちょっと違うのかな、という感じで面白い。

  • ナウシカの世界観。
    グロテスクな画風も、水彩のタッチも、どうしてもナウシカと重ねてしまう。
    人間ってちっぽけだなぁ、なのに傲慢だなぁ、人間ってなんなんだろうなぁ、と、いろんなことを感じさせられる。
    食べ物としての麦を「死んでいる」と表現していることが深いと思った。

  • うーん、まあ、普通にいいお話ですが、みなさんや宮崎駿が絶賛する理由がわからないのが正直なところ。

  • 自然の脅威や壮大さを教えられたような漫画でした 内容は色々なジブリ作品を混ぜたような話で、初めて読むのに見たことのあるような部分もありました また、シュナの気高さ
    、辛抱強さに惹かれました フルカラーで読みやすかったです

  • 宮崎駿の素敵な世界観、メッセージ。

    世界食料不足が来て、シュナのような過酷な旅をしないですむように食べ物を大切にしよう!極端か(笑)

  • 宮崎駿監督がチベットの民話をもとにして書いた物語です。

  • 宮崎駿がチベット民話をベースに描いた絵物語。

    シュナという少年が主人公。
    ナウシカのような雰囲気もあるが、もののけ姫の元となったとされる。

    ヤックルは名前もそのままで出てくる。
    テアとシュナの間にヤックルが顔を出している場面の絵が一番好きだ。

  • 何だかもっておきたくなる本。とりあえず手元に一冊。

  • 世界観や綺麗な絵など楽しめたんだけど、神人の島での話は⁇だった。捕食者がいないのに生態系が完結していて楽園の様だが、実は外部から人間を供給しなければならないこととか、シュナが穂に触れて記憶喪失になったのは、何かを意味してると思うんだけどなぁ。
    何度か読んでみたい。

  • 強烈な世界観を見せつけられた。

    人間は神の地から麦を盗んだという物語である。しかしながら人類史が教えるのは麦のつぶは人が長い歴史の中で人為的な選別過程を繰り返し、長い時間と膨大な労力を重ねてようやく生み出したということである。
    無粋な意見であるが、その点は否定してほしくないよね。人間はちっぽけだけど長い時間をかけて神にも匹敵することをしでかす。すごいよね。

  • 宮崎駿がチベットの民話「犬になった王子」に絵をつけたオールカラーの絵物語。

    主人公のシュナがヤックルに乗って旅に出るのはもののけ姫のようだし、風の谷や腐海や巨神兵やロボット兵を連想させるものがたくさん登場して、ジブリ好きの心はくすぐられた。

    稲が作られるシステムについてはどんな意味が隠されているのか、うまく理解できなかったけれど、自分の土地で供給できないと争いの種になってしまう…というようなことが感じられて、いろいろと考えさせられた。

  • もののけ姫やナウシカの原点のような作品です。
    絵がすごく綺麗で、何度読んでも飽きません。

  • 衣食住が足りている今の環境に感謝。

  • 宮崎作品のいろんな場面が次々と出てくるので、やっぱりこれが素なんだろうなと実感できる。外国の昔話を書き直したもの。短いけどたくさんの事が詰まっている本。

  • すごい話だった。まさかシュナがあんなことになろうとは。
    絵がすごくきれい。みとれる。
    いろんなジブリの話の元になってる箇所がたくさんあって楽しかった。

  • 宮崎駿の“核”が、ぎゅっと凝縮されて詰まっている。

    たくさんの冒険に溢れているのに、静かで、重く、そしてやさしく染み渡る。
    名作。

  • チベットの民話がもとになっているそうです。消費浪費搾取三昧で、目の前の食べ物が どこからどのように来ているのか、何かトラブルが起きないと無関心な 現代人に 一石を投じるような作品です。

  • ジブリなど小さい頃から見ていて知っているのにもかかわらず、大人になっても楽しめる・・・・。宮崎駿さんは本当にすばらしい人だなと思います。

  • 表紙の印象からシュナは女だと思っていた。
    宮崎映画の映像をところどころ彷彿とさせるコマがある。
    切ない。でもハッピーエンドで良かった。

  • ジブリの原点. 小品. 佳作. 絵が大半で, 言葉少なに語られる, 谷を出た王子と, 奴隷に身をやつした王女の再生の物語.

全351件中 126 - 150件を表示
ツイートする