シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2486人登録
  • 4.00評価
    • (439)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 346レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • 宮崎駿がチベット民話をベースに描いた絵物語。

    シュナという少年が主人公。
    ナウシカのような雰囲気もあるが、もののけ姫の元となったとされる。

    ヤックルは名前もそのままで出てくる。
    テアとシュナの間にヤックルが顔を出している場面の絵が一番好きだ。

  • 漫画と絵本と絵コンテの間の子みたいなスタイル。
    全ページカラー。

    宮崎駿の核みたいなものを感じた。
    ナウシカといい…華々しい話ではないが、本当に描きたいものがぎゅっと詰まっている気がする。
    何年もたっているのに色あせないのは凄い。
    是非映像化してほしい。
    …まあでも大衆受けはしないだろうなぁ。

  • 宮崎駿の世界だなあ。

  • 宮崎駿のイラストに魅かれて購入。前ページカラーの漫画。シンプルな物語で、チベットの民話をもとにしているそう。宮崎駿のこういう世界観好きだなあ……

  • 泣きたい時によむ
    アシタカよりもかっこよく
    ナウシカよりもかっこよく
    かつ普通でよい

  • ゲド戦記が劇場公開というので、新聞に紹介されてました。
    ナウシカや、もののけ姫とは違う、そういうような話し。

  • 本屋でたまたま見つけて手に取った本でした。読んでみると、今のジブリ映画に登場する多くの生物たちや人物像に近いものがあり、懐かしさのようなものを感じながら読み進めました。宮崎さんのイラストを見ながら読めるのが嬉しいところ。絵本のようでもあり、小説のようでもあり。

  • 懐かしさのあまり購入してしまいました。

    今更な感じですが映像化されないかなぁと切に思います。

  • 宮崎駿のフルカラー漫画的絵物語。<br />世界観がすごく好き。<br />もののけ姫に登場したヤックルや、ゲド戦記の冒頭に登場した砂上の巨大船など、以降のジブリ作品の元ネタ的なものがたくさんはいっており、ジブリファンには垂涎。<br />ストーリーは貧しい村の少年シュナがが黄金の種を求めて旅をするうちに、神人の住む土地にたどり着くSF要素もあるファンタジー。神人の農業風景は実にマッドで神話的でさえある。<br />話だけでも十分に魅力的だと思うのだが、今ほどの知名度のなかった宮崎駿は当初TVアニメ企画であったこの作品を没にされ、仕方なくこういう絵物語形式にしたらしい。

  • ゲド戦記よりこちらのほうがよかった。

  • そう言えば持ってましたこんなのも。

    ジブリ、と言うよりは宮崎駿超原初期の作品の一つ。時は実に1983年、ナウシカ劇場公開より前でございます。
    チベットだかの民族神話が元になっているそうで、ナウシカ・ラピュタ・もののけ辺りに繋がるエッセンスが既に見て取れます。
    ジブリ補正で満点ですが何か。

    ”On Your Mark”みたいに、何分かの音楽に合わせて映像化しないかなーなんて考えているんですけれども。
    もちろん作曲は久石さんでお願いしたい所ですけれども、宮崎監督の最近の芸風とは違うし無理かな・・・

  • 以前からずっと読みたかったもの。旅の最中に何度も読んだ。

  • ジブリ好きな人にオススメの本。

    もののけ姫にでてくるヤックルが出てきており、ところどころで宮崎アニメに関連させるような内容になっている。
    宮崎駿の卸書きになっている。

  • ナウシカの素なのかな?立ち読みした。
    1冊完結だけど、中身がつまってて深い。
    読み返したい1冊

  • ジブリ、好きなんです。
    というか。
    宮崎駿のナウシカ、好きなんです。
    そういう人にはたまんないと思う。

    困難や逆境の中に置かれても、自分自身を失わない、芯の強い男の子と女の子。
    自分の意志で、自分の足で、自分の力で。
    前へと歩みを進めていく。
    これです。
    たとえ、ハッピーなエンドがちらついていても。
    頑張れと思わずにはいられない。
    ああ、でもエンドではないんだった。
    旅はまだ終わらない。

    小学生のときに買ってから、何度も読み返す物語。
    きっとこれからも、何度も読み返す物語。

  • ナウシカの元となった作品。漫画です。
    とてもきれいな、淡いパステルで描かれており美しい。物語も、美しい。とりあえず、読んでみてほしい。

  • いかにも宮崎監督らしい一作。シータが映画の中で言っていたラピュタの言い伝え、ナウシカやもののけ姫でも掲げられていたテーマを改めてぐっと感じさせられる一冊です。

  • 終盤に出てくる異世界の描写がエグくてカッコイイ(エグカッコイイ)ぜ!

  • 人として大切なものは何かを考えさせてくれます。

    イラストも素敵です。

  • 1983年初刷だけど、ナウシカやもののけなど、人間と環境、命を扱った宮崎作品の骨組みはすでに出来ていたのだなと感じる一冊

  • 貴重なフルカラー漫画。ヤックルも出てます。

  • こういうお話大好きです。なんで映画にしなかったの…!すっごい見てみたいのに!あとゲド戦記とシンクロするところが度々。

全346件中 201 - 225件を表示
ツイートする