シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2520人登録
  • 4.00評価
    • (443)
    • (332)
    • (415)
    • (12)
    • (1)
  • 352レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいる間も読み終わってからも暫く、ドキドキしていました…

    色んな思いや意味を込めて描かれたであろう作品なので、今の自分にはその全てを理解することは出来ませんでした;

    台詞やナレーションは簡素なのですが、それでも描き込まれた絵が多くのことを語りかけてくれるように感じました。

    また時間を置いて何度も読みたくなる1冊です☆

    そしてヤックルが可愛い…^^
    (中央図書館)

  • 映画「ゲド戦記」の元になった本です。
    宮崎さんの原点が、この本にあると思います。
    オールカラーできれいです。
    「風の谷のナウシカ」にもストーリーが似てるような気がします。

  • 読了。面白かった。ナウシカの前の話かと思ったが、違った。絵本を読んでいるような感じであった。

  • チベット民話『犬になった王子』を下敷きにし、宮﨑駿が絵と文を書いた作品。話自体は自身でも地味と書いているが、チベットにある貧しい谷間の小国の王子が、大麦の籾を探し求め放浪する淡々とした話。同時期に描かれたナウシカと共通するモチーフが見られ、また、ゲド戦記、もののけ姫の原案の一つでもある。宮﨑駿の原点を知りたい人にはお薦め。

  • 谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、実りの種を携えて、はるか西方にあるという豊穣の地をめざす。その地には、人々の飢えを除く黄金の穀物が美しく輝いているというのだ。「この民話のアニメーション化がひとつの夢だった」アニメーション演出家・宮崎駿のもうひとつの世界。

  • 薄い本の中に、これだけの世界観が伝わってくるのかと、感動。
    もっと、チベットの歴史的背景だとか日本の背景だとか知ったら、もっと理解出来るんだろうなぁ。

  • ナウシカ、ラピュタ、もののけ、ゲド
    多くの作品に繋がるこの作品は、宮崎駿の原点と称される。

    漫画として読むと物足りなさが残るが、1つの作品として読むと素直に読める。

  • この世界観すき

    これぞ宮崎駿ってかんじ

  • 宮崎駿によるチベットの民話をもとにした絵物語。アニメ化はされていないのかなぁ。

  • ジブリ映画のルーツ。チベットの伝説を元に絵本形式。

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
井上 雄彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする