シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

  • 2487人登録
  • 4.00評価
    • (439)
    • (325)
    • (414)
    • (12)
    • (1)
  • 346レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1983年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
井上 雄彦
有効な右矢印 無効な右矢印

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))の感想・レビュー・書評

  • ジブリ好きは読んだ方がいいと思う。

  • 宮さんの作品はいつもどこかにきちんと影がある。幸せだけの幻想ではない。

    それにしてもこの絵はどこから生まれてくるんだろう。映画作品を観ていても、いつも不思議。
    すごい人の頭の中はどうなってるんだろう。

    作品のあちこちにジブリの映画たちが感じられる。

  • これはうまく読み解けなかった。社会の成り立ち?どういうことを伝えたものなんだろう。

  • 行き倒れの旅人から
    「人々の飢えを除く黄金の穀物が実る
    豊饒の地が西の果てにある。」
    と、耳寄りな話を聞いた
    貧しい国の王子『シュナ』は
    相棒『ヤックル』と共に
    旅へ出る決意をする。

    生きる為の糧を求め
    住み慣れた地を去る…
    と、言うのが
    もしかすると
    本来の正しい旅の目的なのかもしれない。

    過酷な『シュナ』の旅には
    観光も娯楽もなかったが(当然…)
    干からびた地にしがみつき
    死を待つだけの日々を無為に過ごす事を快しとしなかった若者に
    天は一体何を与えたか。

    「この民話のアニメーション化が僕の夢だった。」
    と、語るアニメーション作家宮崎駿。
    元になっているチベットの民話は優しい童話だが、
    彼は、物語の根っこに絡んでいた「大人にこそ向き合って欲しい金ピカの種子」をみつけていたんだな、と感じた。

  • ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫の元となる作品なのでしょう。
    シュナはナウシカのようであり、アシタカのようでもあり、緑の巨人はロボット兵みたい。

    土に根を下ろし、風とともに生きよう。
    種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。

  • ナウシカの前身みたいな話。
    めちゃ感動!

  • 「風の谷のナウシカ」を思わせるような登場人物、世界観。
    短編であり、気分転換として読みましたが、読み終わった後はハッピーな気分になりました。
    宮崎駿さんのファンタジーっていいですね。

  • 発想が普通の人とどこかちょっと違うのかな、という感じで面白い。

  • 自然の脅威や壮大さを教えられたような漫画でした 内容は色々なジブリ作品を混ぜたような話で、初めて読むのに見たことのあるような部分もありました また、シュナの気高さ
    、辛抱強さに惹かれました フルカラーで読みやすかったです

  • ナウシカよりも気軽に読める、宮崎駿の短編漫画

  • 宮崎駿がチベット民話を元に描いた絵物語。

    宮崎吾朗監督のアニメ映画『ゲド戦記』の原案……ってどういう事?
    ってか『ゲド戦記』、原作があって更に原案って何なの?

    と常々思っていたので読んでみました。さほど疑問は解けませんでした。

    そんな事より『シュナの旅』。
    勇敢な男の子。誇り高い女の子。貧しさの中で粛々と生きる人々。そして変な生き物。自分が大好きなジブリ要素が全部詰まってました。ああ、ずっと見ていたい。

    これこそ動いている所を見たい作品ですが、それが望めないならせめてフルカラー大判(&見やすい文字色)で出してもらえないでしょうか。
    とにかく絵の細部をじっくり見たいんですが、本を広げすぎると全ページバラバラになりそうで。それとも2冊目買うか……?

  • 通常、マンガと絵本は読書メーターには登録していないのだが、この本くらいはいいだろう。生徒に貸すためにその前に一読。1983年の初版が家にある。ナウシカは連載していたが、まだ映画化されていないころのアニメージュ文庫。ヤックルとシュナのコンビは、のちの「もののけ姫」のアシタカを思わせる。この三人の物語は、宮崎さんの描いた話のうちでわたしのベスト3に入る。

  • 『シュナの旅』(『シュナの旅』は、スタジオジブリのアニメ映画「ゲド戦記」の原案になった事でも有名です。)は15歳の時に読んで以来、私の最も大切な作品になっています。今までに私の作品制作にも大きな影響を与えて来ました。宮崎 駿氏のスケールの大きな空想力が遺憾なく発揮されています。
    『シュナの旅』の原話は、「犬になった王子」(君島久子 文、岩波書店 民話集「白いりゅう黒いりゅう」所収)ですが、2013年11月15日に絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が出版されました。文は君島久子先生で、絵は私が日本画で丹念に描きました。『シュナの旅』と『犬になった王子 チベットの民話』を見比べると、その共通点と相違点が面白いでしょう。 
     日本画家・絵本画家 後藤 仁

    ●それぞれの関係を図解するとこうなります。

    「犬になった王子」(民話集『白いりゅう 黒いりゅう』〔訳:君島久子〕所収 岩波書店 1964年) →(影響)→ 「シュナの旅」(作:宮崎 駿 徳間書店 1983年) →(影響)→ 「アニメ映画 ゲド戦記」(スタジオジブリ 2006年)

    「犬になった王子」(民話集『白いりゅう 黒いりゅう』〔訳:君島久子〕所収 岩波書店 1964年) →(絵本化)→ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』(文:君島久子、絵:後藤 仁 岩波書店 2013年11月15日)

  • 各ジブリ作品(もののけ姫・ゲド戦記・特にナウシカ)の原点とも言えるべき漫画絵本。この本の元となった物語がチベット民話なので寓話的・おとぎ話の世界が強い。残念だなぁ…映像アニメにならないなんて…劇場公開なしでもいいから、OVA等,何かしら映像としてアニメを残して欲しい、大変勿体ない。原作ナウシカと共通点が多過ぎて(笑)。。確かにエンターテイメント性には欠けて、地味なんですが…。私はこのお話もとても興味深くて好きです(^^)♪♪(※ナレーション文字の色→水色・濃ピンクは背景に隠れ,読めない汗。)

  • 宮崎駿の素敵な世界観、メッセージ。

    世界食料不足が来て、シュナのような過酷な旅をしないですむように食べ物を大切にしよう!極端か(笑)

  • チベット民話「犬になった王子」を原作とした、宮崎駿監督によるオールカラーコミック。登場する人物や動物、世界観などがその後の様々なジブリ映画に点在しているため、ジブリ映画の原点とも称されています。
    谷の底の小さな王国の王子・シュナが、伝説の”金の麦”を求めて長い長い旅に出る。ゴールの見えない旅、自然の猛威、命の尊さ、人を救うことの難しさと自身の無力さ。決して長くはないこの1冊に、命のテーマがぎゅっと詰まっています。
    丁寧に何度も読み返したくなる、大切な本。

  • 宮崎駿がチベット民話「犬になった王子」をもとにオールカラーで描いた絵物語。
    ジブリの映画を見ている感覚。良い話でした。
    色んな宮崎作品が詰まってて、見応えあります。絵もきれい。
    ジブリファンには是非とも読んでほしい。ヤックルはいつもカッコいいね!

    印象的なのは、神人の地の所。人がパラパラと落っこちてくるところなんて、ゾッとする。美しく輝いて見えた土地が一変にして、ゾロゾロと暗く低く唸ってるようで恐ろしくなる。
    シュナとテアらが一生懸命畑を耕してるのを見てると、生きるってこういうことだなと思う。
    欲に埋もれ、何かと貧しい今でこそ、こういうものを読むといい。
    気付いた後、どうするかは人夫々だけど。
    私は静かにしまっときます…。
    主張しませんが、失いもしません。

  • チベット民謡の「犬になった王子」をモチーフにつくられた作品。

    宮崎駿さんの想い出ずるところの物語。
    ナウシカに特に色濃く反映されている部分を感じるが、
    宮崎さんが手がけたジブリ作品すべてのルーツ、オリジンだと思った。

  • 3.13読了。宮崎ワールド全開。チベット民話が、換骨奪胎されて、ナウシカの世界になってる。
    人間を飲み込み緑の神人を生産する巨大な消化器官はゾッとした。その緑のひとの口から、大麦が吐き出される。
    いのちの循環をこんなにえぐく描けるなんてすごい。

  • ナウシカやラピュタ等、宮崎アニメの数々の名作の萌芽になるような要素がつまっていて、それでいて独立した別の物語になっている。短いけれど、密度の濃い、豊かな内容だった。イラストもとてもきれいだし、動物や衣装、遺跡もとても想像力を刺激するものだった。
    読んで良かった。

  • 面白かった。いままで知らなかったのが悔やまれる。こういう本やアニメがもっと増えるといな

  • 十数年ぶりに再読。ページ数はそれほど多くないのだが、内容の深さを再発見。前回読んだときはナウシカに近いなと思っていたが、他の宮崎アニメにも出てくる要素があちこちに盛り込められていて、テーマの一貫性を感じられた。それにしても、ヤックルが可愛いぞ。

ツイートする