天使のたまご (アニメージュ文庫 (B‐008))

  • 45人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 徳間書店 (1985年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695493

天使のたまご (アニメージュ文庫 (B‐008))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 独特な画風が印象的なイラストレーター、天野喜孝と、日本を代表する映画監督の押井守がコラボレーションしたビデオアニメ、『天使のたまご』のノベライズ。
    文庫だけれど、全編カラーというやたら豪華なつくりになっている。
    聖書を下地にしているらしい「世界のおわり」を詩的に綴った内容になっていて、天野喜孝や押井守が好きな人にはたまらないんだろうなぁ、と思う。残念ながら両者のファン、というわけではない自分には、ちょっとケレンが強すぎるなぁ、という印象だった。
    1999年の、ノストラダムスの予言を迎える前に読んだら、また別の気持ちになったかも。もはや世紀末も過ぎ去って久しく、リアルな不況や環境破壊は身近にあっても、観念的な「滅び」というものがどこか遠くになってしまった今の世界では、この物語の抽象性は時代にそぐわない気がする。

  • 同名のアニメ『天使のたまご』の文庫版。押井守氏による聖書解釈ともとれます。断片になってしまった聖書の件は予言のように作品の中に響いている。天野喜孝氏のイラストも美麗です。黙示録的世界観を堪能します。

  • S.60.11.24 読了。
    天野さんのイラストが綺麗。
    内容に関しては、アニメも見てみたが、イマイチ分からず。
    絵の割合が多いので、会えて絵本の枠に入れてみた。

全3件中 1 - 3件を表示

押井守の作品

天使のたまご (アニメージュ文庫 (B‐008))はこんな本です

天使のたまご (アニメージュ文庫 (B‐008))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天使のたまご (アニメージュ文庫 (B‐008))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする