世界の真ん中の木 (アニメージュ文庫)

  • 126人登録
  • 3.79評価
    • (14)
    • (10)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 二木真希子
  • 徳間書店 (1989年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196696223

世界の真ん中の木 (アニメージュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジブリ関連の本。古本で買った。
    今度ジブリ好きの知り合いにプレゼントしようと思う。

  • なんだかすごい怖かった。
    終わりのぎりぎりのぎりぎりまで
    絶望が続いてる気がして…ガクリ

    ジブリの近くにあったんだけど
    ジブリとはすこし違った。
    てか宮崎駿じゃないな。
    ジブリに参加してる方が書いてるみたいなんだけど
    もうすこし希望要素を入れてほしかったなぁ。


    でも最後は良かった。
    きれいだったし。
    そういう点では満足です。

  • 巨大な木を登ったり、根元から地下に降りたりする話。
    人語を操る巨鳥を退治したり、懐の豆が発芽して木の根になったりする。

    広大な世界を旅する話も好きだけど、こういったダンジョン的な限定された空間を冒険する話も大好きだ。

    ちなみに、木の麓にはヒロインの家が一軒建っているだけで、途中で木が枯れるけど特に周辺諸国に影響が出ている様子も描かれていないため、本当に世界の真ん中に生えているのかは不明。

  • 2012.12.02 読了

    ジブリの絵本。
    ヴィレヴァンのPOPにやられて購入。
    ストーリー的に、ん?、となるところはあったけども総じてジブリ感満載で良かった。

  • 中学の頃、本屋さんで立ち読みして
    さわりのほうだけ読んだんだけど
    その後、ずっと探し続けて
    4年前の春に、とあるショッピングモールの本屋さんで
    偶然見つけて速攻で買ってました

    絵本風の小説です
    作者の方はジブリのアニメーターの方で
    すごく画力のある方です
    素敵な水彩の絵に引き込まれます

    お話はファンタジーなのですが
    殺伐としていなくて
    自然の魅力に引き込まれる
    そんなお話です
    主人公の少女がひたすら大きな木に登っていくのですが
    描かれるのは大自然
    そして素朴な感じのお話です
    癒されます、本当に。

  • 修さん選

  • ジブリのアニメーターだった作者のジブリ的な物語。ラピュタなんかに通じるような気がします。

  • まさかまさかの展開です!すごい!
    世界、ですね。

  • 木はこうして生きている、ということに気づかされる本です。

  • ばあさんはどうなったんや・・・
    という感じです

    すごいなー
    表現力がはんぱなくて
    こういう人、本当尊敬します

    (artifataで)

全17件中 1 - 10件を表示

二木真希子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
米澤 穂信
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界の真ん中の木 (アニメージュ文庫)に関連するまとめ

世界の真ん中の木 (アニメージュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界の真ん中の木 (アニメージュ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする