風の谷のナウシカ 7

  • 1861人登録
  • 4.10評価
    • (419)
    • (101)
    • (320)
    • (4)
    • (1)
  • 156レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1994年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784197700257

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の谷のナウシカ 7の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごい。
    頭が飽和状態。
    ちゃんと理解出来たのかどうか…。

    とある人がナウシカを「破壊と慈悲の混沌」と称する。
    それは人そのもののことかもしれない。
    この物語はナウシカをそういう存在として描いたのがすごいんじゃないかな。

  • 図書館で1-7巻を全貸りした。

    旧人は私達の未来かなぁ…それを滅して嘘を突き通した(?)ナウシカさんは非道で賢く優しいなぁ…とか、色々考えさせられた。

    クシャナさんと蟲使いの人達が可愛いすぎて幸せになって欲しいなぁ。

    この物語の主人公はクロトワさんにするといいかも…


    恐ろしい事に小1の息子がガン読みしてる笑

  • [図書館]ゆっくり再読…してもどうも話の本筋は理解できてないようだ。難しい><!感想…うまく説明できない。1度読了後も…?で一旦離れた。複雑に絡み合い…哲学的な話でもあるようで…。最後の墓所の主は…皮肉というかなんというか。結末もはっきりとはさせてない、宮崎さんの想いの全てを終盤に詰め込んだような。あぁ…ユパ様(号泣)にテト…なぜに。巨神兵:オーマもちゃんとした感情があり、完全なる邪悪でなかっただけに哀しくなってしまったorz。沢山の人々に愛され、守られ、ナウシカはそれでも「生きていく」のですね…

  • うちのめされる。
    映画は映画で好きだけど、深さでいうと、やはり漫画版。
    そしてヴ王の意外なかっこよさ。。

  • ラストのナウシカの選択。 二通りの解釈ができるとおもう。
    ひとつは、地球の主役は人間であることを、人間自身の手で終わらせるということ。
    何となく釈然としない読後感が残るのは、エコロジーが人間に勝つことへの違和感そのものだと思う。
    地球のためにナウシカは人間を裏切り、それが結局人間のためになるというパラドクス。
    発展のはてに幸福などないという宮崎駿のスタンスが伝わってくる。

    だからナウシカの選択には勇気と、無邪気なほど人間の発展を信じてこられた人間には虚無とも弱さとも受け取られかねない危うさがある。
    ナウシカの最後の清々とした、ちょっと寂しそうな笑顔が印象的。

    もう一つは生の価値は誰かによって決められるのではないという、ニーチェのような決意。たとえ誰かによって設計された道だとしても、生きることそのものに価値がある。だから、「すでに勝利した者のごとく進め」。

  • 完全なるものが、一番いいものではなく、不完全を前提として、そこにどれだけ合わせていくか。

    綺麗過ぎる水には魚が棲めないように、人が生きていく上で影や闇が必要であること、不浄さも必要であることを認めざるをえない。
    それを受けいれてこそ、成長があるし、前に進んでいけるのだなぁ。

    今の社会や文明や文化は人間が創ってきたものだけど、そこに合わせて人間も変化してきている。
    そんな中で、これからの変化に合わせて、受け入れた上で、それでも前に進んでいく人になろうと思いましたヽ(^。^)ノ

  • 物語のレビューは嫌いである。どうやってネタバレを避ければよいのだ。

    この物語は、自分が生きるということは誰にも支配されてはいけないこと、すべてのものに許しを与えること、すべてのものとともに生きること、やってくる死を受け入れることを教えてくれる。

  • おわりの7巻

    露になる真実

    あらゆるメッセージが詰まりまくった
    物語でした。ほんと。

    宮崎監督の視点の多さに驚きますね。

    それにしても
    ユパ様とテトが死ぬなんて
    衝撃的過ぎましたけど、
    やっぱり死に際の
    「すすめ いとしい風よ」
    という言葉が良過ぎて感動。

    「争い」と「自然破壊」
    「永延の命」という大きなテーマは
    後により洗練された「もののけ姫」
    という形で身を結ぶわけですが、
    最終的に「生きろ」という
    芯のメッセージがまったくブレてなくて
    さすがだとおもいました。

    映画は映画で見事なまとめ方でしたが
    原作コミックは尺の長さに合った
    見事な完結ぶりだったと思います。

    何よりもナウシカの強さが
    心をゆさぶりますね。この物語は。

    今読めて良かったです。

    心から


    読むのにかかった時間:1時間

    こんな方にオススメ:ナウシカファン必読

  • 命は清濁併せ持つもの。その言葉の通り、清濁併せ持つラストだ。これは命についての物語でもあるから。

  • 私の永遠の姫姉さま!
    そしてなぜか家で必ずなくなる巻・・・・・・。

全156件中 1 - 10件を表示

風の谷のナウシカ 7に関連する談話室の質問

風の谷のナウシカ 7を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の谷のナウシカ 7を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする