日本ふるさと沈没―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (ANIMAGE COMICS SPECIAL)

  • 119人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (9)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鶴田謙二他
  • 徳間書店 (2006年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784197701322

日本ふるさと沈没―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (ANIMAGE COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完。

  • 『日本沈没』のリバイバル映画化に合わせたアンソロジー集。
    この作品は、実にいろいろなパロディのネタになっているんですね。
    小松左京氏も公認とのことで、表紙に書かれた彼の「しかし、こんな風には沈まんっ!!!」との一文が笑えます。
    オリジナルをいじられるのは、原作者冥利に尽きることなのかもしれませんが、筒井氏のパロディ短編も容認している人なので、そもそも本人が大らかで遊び心があるのでしょう。

    たくさんの漫画家が、地方別の話を書いています。
    紙面の関係でどれも数ページのみなので、明らかに話の途中で尻切れになっているものも。
    描き足りないものは、各自コミックや別誌で出しているとのことです。

    冒頭は吾妻ひでお。久しぶりに見てみると、この人の描く女性って、やっぱりかわいいですね。

    所沢担当の伊藤伸平氏による、田所博士と小野寺が女性バージョンのものがおもしろかったです。
    D計画とはダイエットのことだった!?
    ほかに、米村孝一郎の、泉鏡花のくくり姫をベースにしたものも、雰囲気たっぷりでした。

    岡山を舞台にした、鬼まで沈んでしまった後の桃太郎の乾いた憂鬱は、ワイルドの『幸福な王子』の世界のようでした。
    つまりツバメがキジっていうことですね。

    大勢の漫画家が、腕によりをかけて調理したものを見てわかったことは、(やっぱりオリジナルって偉大なんだなあ)ということと、(鶴田謙二氏って人気があるんだなあ)ということでした。

  • 日本沈没パロディアンソロジー

  • 鶴田謙二が描いてるなら、文句なしに買う!

全4件中 1 - 4件を表示

日本ふるさと沈没―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (ANIMAGE COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本ふるさと沈没―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (ANIMAGE COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本ふるさと沈没―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (ANIMAGE COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする